FC2ブログ
■2015年11月

■R5D4

r5d439151127.jpg
■R5D4の行方
エピソード4でオーウェンがR5をジャワから買い上げる際にR2の使命の事から自ら起動装置を吹き飛ばす。そしてジャワの元に残る事になり、その後、主を居場所を転々とする......。その後また、意外な展開な設定があったりします。今回はそんなR5を劇中との姿とは異なり時を経過させ、苦労に苦労を重ねたボロボロの姿にしてみました。

r5d42151127.jpgr5d43151127.jpgr5d44151127.jpgr5d41151127.jpg
■工作
工作は基本的にそのままです。まぁ、やった事はR2と同じです。ですから今回は制作記は無しです。ちょっと微妙だったのが頭部でして台形を二つ貼り合わせるのですが金型の関係か下端合わせ目のラインが山になってしまうのが気のせいか?その辺をペーパーで合わせたりしてます。また首回りの窓の部分。頭部パーツに一体になるようパテで合わせ目ラインを消したりしてます。銀色の窓パーツの合いが今一つだったのでダボを全部取り払い接着してしまいました。マスキング塗装になってしまいますがね。あとはウィーゴでやったサフハガシで塗装の剥がれた部分を再現です。

r5d45151127.jpgr5d46151127.jpgr5d47151127.jpgr5d48151127.jpg

■塗装
サフ後、タミヤアクリルのフラットブラック、フラットブラウン、ハルレッド、フラットレッドでラッカーシンナーで下地吹き。シリコンバリアー塗布。そしてクレオスのホワイトです。そしてブルーはR2と同じくガイアのジェラルミン下地のクレオスの色の素シアン+クリアーブルーです。赤はマスキング塗装によるモンザレッド+オレンジ入れたかな?という感じです。そしてカッターの背などで下地を吐出させたり、赤い部分を剥げさせたりします。ほか金属系はクレオスのアルミです。
■フィルタリング
Mr ウエザリングのマルチブラックによるトーン落とし。レインストリークはホルべインのセピア+ローアンバー。錆は今回はAKのものを使いました。浮き錆は同じくAKのピグメントをアクリル溶剤で溶いて筆塗り。乾くと立体的な錆になります。油系はAKの油彩。そして埃もAKのピグメントです。今回、いったん完成したのですが頭部てっ辺などをさらに剥がしてリテイクしでます。あと、最新のMr.ウエザリングのオレンジのやつを多少使っています。買ったばかりで試したくなりましたのでね。よいものでした。
r5d434151127.jpgr5d435151127.jpgr5d436151127.jpg
■詳細画像
r5d437151127.jpgr5d438151127.jpg

■失敗などなどの話
R2とコンビのこのキットですが、R2製作の際塗装を失敗しR5のパーツをコンバートさせてしまい。しばらく作る事ができませんでした。さらに3POの紛失部品とともにバンダイまで請求をしたのですが、あろうことか!互い違いの用紙に番号を書いて送ってしまったらしく、全然いらない部品が届いてしまいました。(苦藁)そして再度請求やっと製作に至った訳でございます。
また、撮影の事なんですけど、ちょいと苦労しました。白、赤、青、錆のオレンジ色鮮やかです。なのでと言いますか、手持ちのデジカメで撮影したらどうやっても、色鮮やか過ぎるギクシャクした絵面にしかなりませんでした。実物と全然違う。困ったものだ。(藁)
なのでフォトショップで若干、彩度を落としています。ズルというより実物に一番近い画像になっておりますので。


スポンサーサイト



■飛行艇時代ミニチュアワークスが発売されます!!



大日本絵画さんから12月18日「飛行艇時代ミニチュアワークス」が発売されます。「紅の豚」「飛行艇時代」に登場する飛行機の模型を集めた書籍です。ファインモールド製のサボイアs21、カーチスR3C-0、そしてあの松本さんのダボハゼなどのフルスクラッチ作品多数。荒川さんのジオラマ、そしてアタシ、チアキ・バチスタ!!のジオラマも掲載されます。
savoia6150913.jpg
あれから、もうすぐ1年経つんですねぇ.....。製作してからは1年以上経ってしまってます。ガンプラとかダンボールのとか作っていていきなり飛行機模型専門誌であるスケールアヴィエーションさんからデビューというのも、なんか奇妙なものですよねぇ。(藁)しかし、たったの一度しか掲載されておりません。なにやっとんでしょう?アタシは。飛行機はバルキリーとかアニメものはずっと過去にやってました。今ですが、お見せするような段階のものではないのですが、いろいろやってるんですよ。実は。SWとかウィーゴとかやりつつも、アタシらしいものが、飛行機模型が作れるようにと結構研究したりしております。実機というのは字のごとく実際にある機体です。アニメものはなんとか融通効く部分はありますが、実機はなるべくウソはつきたくありません。いろいろ調べる→覚える。これが結構楽しいです。

そして、現在ですが、カーチスR3C-0をやってます。あぁ、作例じゃないですよ。個人的にです。ほら、イエサブにサボイア買に行ってなかったから買ったやつです。でですね。これ、サボイアと違って実機であるR3C-2にかなり近い形をしています。のちに別にアップしていく予定ですが製作途中画像を少々。
curtiss115125.jpg
フロート部。めんどくさい事やってますねぇ。(藁)なんかジュラルミンをぐるぐる巻きにした葉巻みたいな形をしてます。リベットを何本打ったやら。写真だと今一つでしたが、表面凸凹になって光にギラギラと反射してくれてます。

curtiss215125.jpg
エンジンです。これもやっちゃってますねぇ。キットではハッチを開けるとほんの少ししか見る事できないのですが、せっかくメーカーがいい形にしてくれてるので、勿体無いのでやってみる事にしました。特徴あるボディのラインを消すか、エンジンを消すか相当迷いましたが。

仕上がりとしてはアニメ的ではなく実機に近い感じでのアプローチといった具合です。

そんな感じですが宜しくお願いします。





■1/24 BOND CAR Submarine


フジミ模型からあのロータスエスプリが発売されます。映画「007 私を愛したスパイ」(1977年公開)のボンドカーです。さすがに車←→サブマリンとは変形はしないもよう。(藁)でもかっこよいです。劇中はもちろん陸上、潜水艦と変形時撮影用の数タイプあると思いますが潜水タイプはシャーシがボディと一体になって白く平になっていた覚え、画像的に確認できないけどそうなっているのでしょうか?エスプリ自体かっこよい車なので同じ1/24スケールを並べてみたいものです。

映画公開時、日本はスーパーカーブーム到来したか真っ最中の時でした。劇場には行けませんでしたがテレビ放送で見た記憶。とは言ってもまだ子供ですからストーリーはまったくと言ってよいほど解らず。エスプリが海中にサブマリンに変形するシーンのみよく覚えてます。(正直007シリーズは現在もそれほど好きな作品ではないのです(藁)


そして現在(というかとっくに公開されてますが)水陸両用の車は開発済みです。しかし、ボンドカーのエスプリのようタイヤが収納されたりせずそのまんま水中に潜るという。潜水艦に変形というより水中も移動できる車。操縦席はオープンで酸素ボンベ着用、スーツはずぶ濡れ(なんか水からあがったときマヌケな感じも(藁)やはり、ガラス越しに水の中の世界を眺めてみたいような気もしますが、これは故障などによる行動不能に陥った時に脱出できなくては危険だからなんだそうです。それに空気がボディの大半を占めていては沈まなそうな感じも...。


そして映画公開当時、これを買ってもらった記憶は鮮明に残ってます。懐かしいです。タイヤはフタはされないにしても折りたたみ式でフィンが引き出せるという優れもの。ミサイルが出たり潜望鏡があったり後部のメカがかっこよかった。エスプリとしての車のラインもとてもかっこよかったです。なので随分と長い事、家にありましたが今はもうないです。

■モデリズム 小林和史さんのサイン会に行ってきました!!

■初めてのサイン会
先月10/31日秋葉原イエローサブマリン ミントホビーフロアにてメカトロウィーゴの小林和史さんのサイン会がありました。サイン会というものは行った事ないのですが、今回初めて行ってきました。
なるべく早めにと思い、時間前に駅に到着しましたが、様子をちょっと見てみようとお店のあるフロアに上がったら準備が始まっておりました。案内も始まっていたので書籍を買い5~6番目に並ぶ事が出来ました。その後ずらずらと階段の方まで人が並んでいくという。けっこう待ちましたが隣のショーケースにはプロの方々の良作が並んでいたので飽きる事もありませんでした。

そして10分前倒しで始まったサイン会。サイン会というものはテーブルの前に並ぶのかと思いましたら......。「次の方どーぞー♪」ってスタッフの方が。並んでいる陰から小林さんのとこまで呼び出されるのですよ。なんか、面接か、予防注射か........。けっこう緊張してしまい、帰ろうかと思いました。(藁)
まぁ、そんな筈もなく、「こんにちは、チアキです。」と言いますと笑顔で書籍にサインをしてくださいました。「台座の方にも~。」と引っ張り出すと、女性の方が「うまーい!」と、小林さんも「うまいんですよ~」と。

mw2151031.jpg mw4151031.jpg
書籍、台座両方にサインを無事頂きました!!
mw3151031.jpg
我がウィーゴも喜んで雄叫びを上げてます!けして、並び疲れてあくびをしてるのではありませんっ!
今まではプレートを前に飾ってましたけど、今はサインを前に飾ってあります。本当にありがとうございました!



■情景師アラーキー氏との遭遇
wego6151105.jpg
並んで→サインしてもらって→ジオラマ眺めるっという流になっている今回の催し物。会場入りした時、横眼でなんとなく目撃してしまったのですが、なんと、今、世間で有名になっている情景師アラーキー氏がいらっしゃるという.....。ジオラマ展示は知ってましたし、お店に来られるというのは知ってました。でも搬入ぐらいの事だと思ってました。なのにいらっしゃるという.......。
はて。これはどうしたものか。あちらはアタシを知っている。もちろんアタシも知っている。アタシは人見知りだ。しかし、ジオラマは見たい。そこは人見知りという壁をよじ登りですね。

チ「アラーキーさん、チアキです。はじめまして。」
ア「おお。生チアキさん!」

chiaki1120101.jpg
なまチアキさん。

なまむぎなまごめなまチアキさん。

という入りでジオラマについてお話が始まりました。ジオラマの素材の事や作り方、などなどいろいろ聞けてとても参考になりました。どんな方かと思ってましたけど、知名度や技術、経験など雲泥の差があるんですけど、同い年。なんか友人と話してるような感覚でした。それどころか、来る人来る人にいろいろ説明。それに手持ちのウィーゴを惜しみなくジオラマに載せて撮影OKとか、撮影の仕方まで.....。とても丁寧親切でした。こよなくジオラマを模型を愛してるのが伝わってきました。
隣につっ立って延々眺めてると「ずっとみてる!(笑)」と笑われましたが。(藁)えぇ、他の人への解説も残さず耳に入れてたんですよ。わはは。ジオラマは皆無に近いほど初心ですが、いろいろ盗んで?(藁)これからやっていこうと思っております。あと、サボイア相当気に入って下さったようでありがとうございます!
wego7151105.jpgwego8151105.jpg
wego22151105.jpgwego23151105.jpgwego24151105.jpg
あと....、持ってきてる人は「凄い!ジオラマ」持って来ていてアラーキー氏にもサイン貰ってました。
チ「来てるのわかってたら本持って来ればよかったですよ!では、これ(ウィーゴの台座)に.....、(サインを)」 
ア「どうして、それにすんの!(笑)」
チ「............。(ごもっともです)」


■1/12ウィーゴ
wego1151105.jpgwego2151105.jpg
戻って小林さん製作の1/12のウィーゴです。やっぱりいいですよ。大きいモデルは!写真では見たことあるけど実物は迫力、ボリューム満点です。
wego3151105.jpg
後部ハッチのディティール感。肩付け根には何か書いてありますねぇ。(CHUBU MECHATORONICS)でしょうか?大きいモデルだとこういう部分が引き立つんですよね。
wego4151105.jpgwego5151105.jpg
あと、脚と肩の付けには後付フェンダーが装着されてます。反動の軸にはボルト。それにネジまで切ってあります。大きいモデルならではですね。塗装も色、パターンもカッコいです。今度、同じのやってみたくなりました。
書籍のP30に乗っておりますが千値錬さんの1/12ウィーゴが来年、発売予定。解説読んでみるとハッチギミックや内部。それにヘッドランプ&テールランプが発光する。USBケーブルで充電?なんかワクワク感ですねぇ。ハセガワさんもでっかいの是非行ってほしいなー♪

■ウィーゴとジオラマ撮影
不思議なもので、ウィーゴに限らずですけど共通する接点がありますと、何故か初対面の人といつのまにか話をしているという...。カッコいいので撮影させていただきました。
mw4151101.jpg
小林商会にお届け物をする赤いウィーゴはチュガッチワークスさんの作品です。チュガッチワークスさんはツイッターではスデに相互フォロー済みだったという!!(藁)帽子はマグネットで脱着可能です。皆さん、よく考えるものです。10人いれば10種類のウィーゴがいると言いますか....。
mw1151101.jpg
R2のお隣のウィーゴはYZR-XIII Specineff13さんの作品です。ハセガワ製のプラモデルです。ダイレクトカットによるダメージがかっこよかったので撮影させてもらいました。ツイッターでフォローくださいました。ありがとうございます!
mw3151101.jpg
そして、アタシのは台座に固定されてる為、ジオラマに載せる事も出来ず、撮った写真はブレブレという!(藁)さらにこの3枚をツイッターに上げた所、リツイート、フォローが最下位という始末!!(大藁)

■そんな感じで♪
そんな感じで、なんだかんだと最初から最後までいましたねぇ。「サイン会終了しましたー!」パチパチパチパチ~!!と拍手までしてましたから。(藁)そして、小林さん、アラーキーさんに御挨拶して久しぶりの秋葉原の街に消えましたわ(藁)

そして、クタクタの帰り道、高崎線宮原駅で下車。イエローサブマリン本店にて地産地消ってとこで(地産ではないな)コレを買いました。いずれ作るであろうジオラマ用です。今現在は単体2個めが誠意制作中でございます。
mw5151031.jpg

クタクタに疲れましたが、有意義なとても楽しい一日でした。どうもありがとうございました。

chiaki1120101.jpg

以上、生チアキがお送りいたしました。




プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する