FC2ブログ
■2015年09月

■GODZILLA

金曜ロードショーでゴジラ2014を視聴。ブルーレイをレンタルしようとした矢先の放送だったのでなんかお得感。古代の恐竜が尻尾を引きずって歩いてたのではなくて前傾姿勢で、尻尾をその姿勢を保つバランス的役割というのが今の定説。昔の恐竜をモチーフにゴジラを初めとする恐竜型の怪獣は今となっては茶番なスタイルでリアルではない。かつての大不評だったUSゴジラはイグアナが変異した姿でリアルって言えばリアル。今回のゴジラはオリジナルの人が入っちゃってる体型をリスペクトしたデザイン。でも人が入ってるのでは無くCGでの表現。リアル志向なアタシですけどかっこいいと思いました。得に吠え方。溜めて首を引いて傾かせて吠える動物的な吠え方。
時間を計ってたら、登場はほぼ後半となかなかゴジラは登場しませんでした。登場シーンはあまり驚愕的ではありませんでした。駄作と言われるUSゴジラ(どちらもUSですけど)の初めなんだか解らない巨大な生物という入りのほうが引き付け感は上だと思いました。
あとは、なんでしょう?ゴジラって日本もUSも人類の行いの間違い、水爆実験による産物というもので、反核のメッセージが込められたものでしたが、それの真逆でそれを肯定しちゃってるというのがなんとも。


こっちにも期待。
http://shin-godzilla.jp/

スポンサーサイト



■投稿サイトMGで週刊1位をいただきました!!



投稿サイトモデラーズギャラリーで初めて1位を獲りました!!繰り上がりで!(藁)

もう、何作投稿したでしょうか。

もう、何年目でしょうか。

良作がグングンと追い上げてきますし、先週の日曜に投稿したのですから、まもなく沈むと思います。
いや、コレを読まれる時、書き終るときに追い抜かれてるかもしれません。

一瞬の夢でございます。

押してくれた方、コメントくれた方本当にありがとうございました。



■日常

■クリエイターワークスシリーズ 1/35 メカトロ ウィーゴ No.04 “ウォーム&クール"【東雲研究所ver.】
プラモデルでメカトロウィーゴが3つもされ、驚いたのがパッケージ絵が’日常のあらゐけいいち先生’ものという。

そして、第4弾は東雲研究所verと、なんと日常そのもの。フィギュアも付いてくるとかで期待感満載。で、東雲研究所ってなんですか?ってとこなんですけど......、
nichijyou1121114.jpg
ここです。群馬県伊勢崎市の駅近く。建物無いですが跡地って訳でもなく場所的にここです。あの下見板の建物はモデルの家があったそうですが、この辺再開発真っ最中で取り壊されてしまったらしい。ですから、中途半端なガードレールというか仮説の柵みたいなの作中にも出てきますね。いずれここにも何か建ってしまうのでしょう。日常好きならばここに家建てたいものです。(藁)
追)跡地っていうか駐輪場っていうか駐車場っていうかがありますね。随分前にいったので忘れてました。(藁)

■日常(10)特装版

そして、そして特装版の10巻の書店予約が本日締切だったそうです。コミックスの載ってない雑誌に載ってた話がまとめられた本がプラスされるらしいです。だからと言ってバカ高くない良心的なお値段になってます。個人的には来年も日めくり出してほしいです。

■サボイア屋外撮影画像

savoia6150913.jpg

サボイアの屋外撮影画像を多少ですが、追記で載せました。


アドリアの海

こちらの’続きを読む’からどうぞ。

■MG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78 ガンダム(仮)


ガンプラは本編に合わせてリリースされます。アニメ化されたジ・オリジンガンダム、シャア・セイラ編。これにはガンダムは出てきません。なのにガンプラ出ちゃいます。なんか知らないグフとかまで出ちゃいます。漫画であの話に突入し、長期に渡りガンダムどころかMSは出てきませんでした。なのに毎月ガンダムエースの発売が待ち遠しかったです。その時、’機動戦士ガンダム’って人メインでMSは脇役も良い所、定食の漬物ぐらいでしかないのだなと思いました。もちろん重要な要素なんですけど。個人的にはMSのスペックメインのお話は好きでありません。
戻ってこの新ガンダムのプラモデル。アニメ化のためにリ・デザインされたガンダム。元々、安彦ガンダムを立体化するのは難しいようで。可動範囲も求められるガンプラですからさらに大変です。.....みたいな経緯でこうなったらしいですが、これはこれでカッコいいと思います。正直、欲しい。久しぶりにガンプラが買いたい。こんな気持ちになったのは未だ箱すら開けてないガンタンク以来です。
ここの所ガンプラ離れしてしまっている。ガンプラが嫌いになった訳ではないのですが、しんどいです。なんか色々弄らなければ評価の対象にならない...、そんな感じしませんかね?アタシのガンプラは頑張って弄ってるうちに再起不能になり葬る、そんな暗黒時代になってしまってます。ガンプラ王どころではないです。(藁)
首のポリのプラ化や足裏などの肉抜きなどの基本作業がけっこう多いHGよりも、ランナーから切り出して組むだけでほとんど完成っていうMGの方が楽そうだ。最近、こんな事思ってます。

■メカトロウィーゴ


■製作のいきさつ
八月大戦向けにサニトラをやってたのですが、どうにも間に合いそうにない。間に合わせるなら雑になるのは必須。それではこれまでと変わりなく意味がない。う~~と部屋を見回すと以前、イエサブ本店で買ったばら売りウィーゴがあるではないですか。パーツ少ないしこれなら1週間あればできると計算。作る事となりました。(締切1日前に余裕で終わった)
mw2150902.jpgmw1150902.jpgmw3150902.jpgmw4150902.jpg
■工作
このキット、小さい割には精巧なフィギュアが付属、ハッチが開き内部もあったりとよく出来てます。しかし、内部を工作するにはピン跡処理を始め性格からして追加ディティールとキリが無くなる事間違いありません。絶対終わらないです。(藁)なので思い切って内部は省略なにもやってません。フィギュアもなしです。
ウィーゴはガンダムみたいな兵器ではなくどちらかと言うと車に近いもの外装も蹴飛ばせば凹むし、錆びれば穴の開くものと解釈。
まずは腹や背の部分を既存のスジ彫りをガイドに面に垂直になるよう彫り直し。各所の縁を薄くし、薄くといっても折り返しの長さになる程度です。あとは凹みです。ダメージ的に凹んだもの、不完全な曲面のベコボコ感。これはキットを彫刻刀などで削りパテでならして工作してます。また、情景師アラーキー氏のダイレクトカット法、これをベースにサフハガシ法を。全体的ではないけどハガしそうな部分を意識してサフを厚めに吹いてそれを彫刻等で剥がします。無論ダイレクトにキットをカットしてる部分もあります。実はこの辺の工作は現在制作中のサニトラで先に実践しております。さらにもうひとつ方法的になっています。お楽しみに~♪
mw5150902.jpgmw7150902.jpgmw8150902.jpgmw9150902.jpg
■塗装
発売日から日数経ちますし、千値錬版の豊富なカラーリング、人気もあり続々製作されネットにあがる様々なカラーのウィーゴ。だんだんネタがなくなっていきます!他の物をやっている最中不安いっぱいでした!(藁)汚し系は決まってましたけど前からやりたかったホワイト系でいく事に。街角なのでガードレールとか錆びてるでしょう?あれって錆が映えません?一般人に言わせれば汚いものですが、この道に生きる者としてはねぇ。(藁)
白だけでは面白くないので赤を入れました。パターンはマスキングとかで複雑なものは時間的に大変なのでパーツ割りの沿って簡単に。マスキング胸のスジ彫りに沿ってですね。
塗料的には下地にベースグレーをシャドーその上に色の素シアンマゼンタを下地。ホワイトはクレオスの316番、赤はガイアの西武レッドをシリコンバリアによるハガシ。これ錆止めの赤としてもいいですね。あと丸い所はガイアのスターブライトジュラルミン。メカ部はスターライトジェラルミン下地タミヤアクリルジャーマングレーをシリコンバリアハガシ。アームの先っぽはゴムと解釈してアクリルの艶消しブラック+ジャーマングレーです。
■汚し
全体的にMrウエザリングのマルチブラックでトーンを落とします。ホルべインのバーントシェンナで錆ダレ。濃い部分はローアンバーを足します。全体的にAKのピグメントで誇りをまぶします。頭部や肩、腿カバー上など積もりそうな所を意識します。製作記の方で書き忘れてますけど錆の部分(垂れの部分ではなく)はAKの錆のピグメントでリタッチ。ピグメントは立体感がありますので。
■ベース
予定はありませんでしたが店頭展示の為、転倒防止の為に簡単製作。両面テープで足裏を止めています。ネームプレートは毎度ですがゴールドの台紙にフォトショップでレイアウトデザインし印刷しプラ板に貼ったもの。白い部分が台紙のゴールドになるので反転させて黒下地に。しかし、インク面多いと乾きづらい。ちょっと傷が付いたのでどうせならとカッターで縁をカンナしたり面をチクチクしたりダメージ入れてしまいました。
■詳細画像
mw10150902.jpgmw11150902.jpgmw12150902.jpg
mw13150902.jpgmw14150902.jpg
■あとがきみたいな事
先行画像をツイッターであげたところ予想外のリツイート、お気に入りを頂きました。ありがとうございます。外国からコメントあったりすると嬉しいですね。まさに世界をつなぐインターネットだなぁと思います。あと1/35に見えないというのも嬉しいです。(しかも生みの親であるモデリズムの小林さんにまで!フォローまでも!)なるべく本物っぽく作るのが目標であり、努力してるんですけど、手元のキットをでっかく見せるのも目標であったりします。うまく塗れたと思ってデジカメで拡大撮影してるとそうでもなかったり。実物を見る分には十分かとは思うんですけどね。がっかりします。しかしですねぇ、老眼で目が追い付きません。ルーペを使ってるのでなんで?(藁)ついに顕微鏡導入の必要があるのでしょうか?

■ドラえもんの話

今日はドラえもんの誕生日です。先日放送された「STAND BY ME ドラえもん」を観ました。ドラ泣きって事で出会いから始まり感動のエピソードを集結させた作品となっておりました。原作を何度も読んだ人なので泣くほどではありませんでしたけどよい話だと思いました。


そこで別角度で注目したいのが、ひみつ道具のリデザインです。性能的には100年後、1000年後的にも無理なものかもしれませんが、どれもそう遠くはないような現実的な未来感のあるかっこいいものでした。
また、のび太たちが青年になった未来の街並み。原作の誕生からするとザックリ計算すれば今現在はもう、のび太の孫がいてもおかしくない時代になってしまいました。しかし、当時よりは高層ビルが乱立し車のデザインも変わりましたがあれほどではありません。でもやはり、あの未来感は夢があり希望が詰まっております。大宮、川口という標識はなんか嬉しかったです。(藁)
そして、のび太達の暮す現代ですが、今に合わせて2000年代ではなく1970年代となっているという事らしい。勉強部屋にあったフチに白い線の入った水色のカラーボックス、うちにもありましたねぇ。そんな未来と過去のディティールの拘りをみると面白いです。

さて、そんなドラえもんですがアタシの出会いは小学校2年生でした。それ以前は車で出かけなければ本屋が無いという、ど田舎に住んでまして小さな商店でめばえとか小学1年生とかてれびくんとかの雑誌が売っている程度。信じられないと思われますが本屋という認識がなかったんですね。はじめて宮原の本屋に自転車で母と行きました。木造の2階建てのギッチリと本が詰まったインクの匂い漂う本屋でした。「何か買ってもいいよ」って事でギシギシ木の階段を上がって棚から選んだのがドラえもんの単行本の2巻でした。

以来、おこづかいで買ったり誕生日に買ってもらったり単行本はズラリ揃いましたね。漫画を読んだり描いたりする絵が好きになるきっかけとなりました。未来の世界はあってタイムマシンは実在しドラえもんは来てくれる。そう信じて学習机の引き出しに乗っかり壊した前科がありんす。(藁)そして、アニメがテレ朝の7時前10分間と、日曜の再放送30分という枠で放送開始欠かさず観ましたし、映画も観ました。のび太の恐竜はですね、原作がコロコロコミックでですね!ってこれ以上語ると延々続いてしまいます。
そんなこんなですが、6年生、ましては中1にもなってドラえもん観たり話をしたりするとと子供じゃないんだからと笑われるんですよ。したがって24巻までで買うのは打ち切りになりました。けど、書店では目に入ると立ち読みしておりました。映画はテレビで放送されると必ず観てましたね。

ドラえもんにはいろいろ教わった気がします。自分にとって親であり兄であり友達であり。他に好きになったキャラクターとは別の感覚がします。まだずっと先ですけど、お誕生日おめでとうございます。

そして、藤本先生、たったの62歳でお亡くなりになってしまいました。知ったあの日はショックでした。まだおられればいろんな作品発表してたでしょう。エスパー摩美とか短編集が凄く好きで特にT.Pぼんが好きなんですが、あれ未完なんだそうです。いろんな作品楽しませていただきました。今思えばドラえもん→のび太、藤本先生→アタシ、いや子供達という関係だったのではなかったのかと。先生、今までありがとうございます。そしてこれからも。




■メカトロウィーゴ制作記3

■八月大戦
もし、イエローサブマリン本店の作品名プレート読んで来てくださった方いらっしゃったらこんばんは。アタシがチアキ・バチスタ!!です。そして宜しくお願いします。

■塗装編
発売されてだいぶ経ちますし売れに売れ、作られに作られてますのでいろんなウィーゴがネット上に溢れております。正直ネタがどんどん減っていくので焦っておりました。いつものミディアムブルーってのもねぇ。マシーネンのサフスで白をやりたかったんですね。それをウィーゴでやってみようと思いました。塗装編は今回1ッ回でだだっ!っと行きます。

ベースグレーにてシャドー吹き。
mw21150901.jpg
マイブームの色の素シアンとマゼンタで下地を吹きます。
mw22150901.jpg
温かみのある白、クレオスの316ホワイトをチョイスしました。
mw23150901.jpg
シリコンバリアを下地に赤を入れました。ガイアの鉄道模型用の西武レッドです。なんか、古代進みたいな感じになってしまいました。
mw24150901.jpg
デザインナイフの背などで赤を剥がします。
mw25150901.jpg
Mr.ウエザリングカラーのマルチブラックでトーンを落とします。肩のアーマーの負荷がかかってるっとこ割れました。ターペンタインも使いましたけどこの時点では使ってないのでMrの方の溶剤でだと思います。
mw26150901.jpg
油彩のバーントシェンナで錆を入れます。濃い部分はローアンバーを足します。目など各クリアパーツも入れました。
mw27150901.jpg
AKのピグメントで全体に埃を入れます。だいぶ古びた落ち着いた感じになりました。
mw28150901.jpg
足元にはパステルより自作した泥色をアクリル溶剤で溶いて歯ブラシにてスプラッシュしています。

他を言えばアクセント的に関節の丸い所はガイアのスターライトシルバー。内部色はスターライトシルバー下地のジャーマングレー+黒、それのハガシです。

大体このような感じで塗装は終了です。

■ベースなどを少々
展示用なので転倒防止ように台座を作ります。それに小さいモデルなので大きく見せる効果もあります。本体作りながらの合間の作業的に超簡単にいきます。
mw36150901.jpg
写真1)
プラ板を2枚貼り合わせて目地を作ります。アスファルトとかコンクリみたいな。そして割れて泥が露出している部分や全体のテキスチャ的にタミヤパテを塗りたくります。
写真2)
サフります。
写真3)
シャドーを吹きます。
写真4)
アクリルのジャーマングレー+ラッカー溶剤で溶いて吹き、油彩のローアンバーやアイボリーで明暗を着けます。
写真5)
AKのピグメントで誇りを足します。
写真6)
泥を塗りたくります。当然、本体の脚にスプラッシュしたものと同じパステルです。そして本体の足裏に塗って歩いたようにスタンプして足跡を付けました。
mw35150901.jpg
ホムセンで買ってきた5㎝角の木材にオイルステインを塗って作ったベースを貼り付けます。この上に本体の足裏の両面テープを貼って固定します。ネームプレートは予定無かったのですが時間に余裕があったので急遽、製作しました。あった方が全体的に締まります。その辺は完成画像で。

以上で制作記は終わりです。完成画像はまた後日。



プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する