■2013年06月

■VF-1A制作記 4

コレが発売される前にウェーブ版のVF1-Aをさらりと作る筈がとんでもない事になってしまいました。そして、もう店頭にならんでおりますね。(藁)
1/72 VF-1A/S バルキリー 一条輝機 (超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~)1/72 VF-1A/S バルキリー 一条輝機 (超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~)
(2013/06/29)
バンダイ

商品詳細を見る

雑誌のレビューなどで変形の具合、システムを拝見するとかなりの苦労が見受けられます。開発中はCADとにらめっこだったと思います。理屈的に変形機構は解っていても弄ってスグ壊れるようでは困る訳でして商品としてはプラ厚などの強度、寸分くるわずの精密さが要求されると思います。そしてついに発売となりました。お見事です。

■胴体
さて、アタシの方なんですけどアタシはメーカーでは無いし変形はしないので好きほーだいにやっています。

胸部はキットの物を断面を薄く削り込みプラ板でプレームを。プラ板を加工してパーツを作り前後折りたためるようなシステムを作りました。コレもプラ棒の軸により可動しましたが瞬着で止めてあります。ちなみに現時点では後ろ側軸は外れるよう接着してません。従って軸の長さもまだ不揃い。センターにプラ棒が刺さってますがコレで機首と接合されてます。後ろ側もしかり。
vf1a230630.jpg
頭部はおろか胴体もスカスカです。でも今回のテーマにそっているでOKです。(藁)この胴体、さらにもうちょっと手を加えていきたいと思います。

気が付けばこの時点ではまだバトロイドのキットパーツは使ってませんねぇ。
スポンサーサイト

■ダークナイト・ライジング 1/25 バットモービル (タンブラー)

数年前、買い逃がしてしまったバンダイのEXモデルは再販されずプレミア付いてバカ高い。ではやはりと思い先日発売されたリボルテックをアマゾンで調べた所、おすすめにコレが出てきた。
ダークナイト・ライジング 1/25 バットモービル (タンブラー)ダークナイト・ライジング 1/25 バットモービル (タンブラー)
(2013/07/31)
メビウスモデル

商品詳細を見る

1/25スケールって事でけっこう大き目、というかカーモデルの標準的スケールである1/24よりはちょっと小さ目。だけど実物が大きい車体なのでけっこういい感じの大きさだと思います。メーカーはメビウスモデル。アタシも海外メーカーに関しては疎い方なんですけど、米国らしいです。日本のメーカーには見られない米国の古きよき車があったりでそれが好きなアタシはくぎ付けです。
メビウスモデル

で、この手の海外メーカーの出来具合はどうか?というのは気になる所。先に発売されているコレを見てみた。(劇中に登場する順番的には逆ですけどこっちが先)
1/25 ダークナイト バットポッド MOE9201/25 ダークナイト バットポッド MOE920
()
メビウスモデル

商品詳細を見る

アマゾンのユーザーの声をみると評価は上々。というかこっちも欲しくなってしまいました。


さらにこーゆーものを観てしまった。この音!これがダメ押しとなりクリックしてしまいました。もちろん両方ともですよ。えぇ。

■VF-1A制作記 3

■頭部の制作

めずらしくリアルタイムで制作記を更新してますねぇ。本来はこうあるべきかもしれません。(藁)さて、頭部の制作です。頭部はパーツ紛失(後頭部の)の為、ファイターのものを使用。先に書いたよう何故かファイター付属パーツの方がバトロイドっぽい。なので問題は無し。砲塔のみバトロイドを使用しています。
vf-1a2130622.jpg
もはや’俺的’に進めてるので設定は無視。テーマは’軽そうに見えるバルキリー'です。だって空飛ぶものですから。ですからパーツは薄々で頭頂部から下が見えてしまうスカスカ感です。
vf-1a3130622.jpg
首の工作は基本プラと市販パーツ。シリンダーはエバグリプラ棒と真鍮線。配線はエナメル線と0.5ミリφのスプリング。後部一本のシリンダーで上下に下部の丸いパーツの所で左右に。なんとなくどんな風に動くか解ると思います。ごく単純なロボット、というよりはセンサーカメラの可動みたいな。工作中は実際動きましたが固定モデルなので瞬着で動きは止めています。
vf-1a4130622.jpg
機首に受けを作って取り付けてみました。なんか萌えます。(藁)

■竹谷隆之の仕事展


続いて’竹谷隆之の仕事展’に回り込み。こちらは1200円と有料でしたが、余裕でそれ以上の価値、楽しみがございますのでご心配無く。受付を潜るとと「え、こんなにあるのっ?」と驚いてしまいました。なんせ、竹谷さんの方だけで写真330枚以上撮りましたし。(藁)さらに、作品すべてが凄いですので。
エイリアンから始まり、スターウォーズ、プレデター、特撮関連、リボルテックタケヤ、巨神兵、ダンバインなどなど、それはそれは圧巻でした。そして、’漁師の角度’は恐怖に近いくらいの異世界に引き込まれるようでした。ちなみに、’新田’が気に入ってしまいクリアファイルを買いましたよ。(藁)

副題が「実物の圧倒的迫力を体験せよ。」ですが、まさにその通りです。プロ作品や上級者作品をみると参考になるどころか凹んだりしてしまうものですが、何故かそれを通り越してなにか湧き上がるものを感じました。

チャンスがあれば、もう一度行ってみたいと思っています。開催は7月1日まで。


竹谷隆之 公式WEBサイト

■ヘヴィーメタル誌デビュー記念 横山宏 Exhibitions2013


まずは回った順から横山さんの方から。アタシは未だにMa.k.は3個しか作っていない。(在庫はたんまり)だけど好きです。なのでコトブキヤで告知を見たときは必ずや行こうと思いました。15日の土曜日はお誕生日だそうで、サイン会ありでしたが都合がつかず残念ならが翌日の日曜日。自分が作ったものにサインしてくれたりするんですよね。塗装手直ししてもらった人も見た事あります。
アタシ的に作例を直に見たのは初めてでなく、何か月か前に下の階でメタルギアソリッドの1/100のREXの作例を拝見した事あります。そんな最近の作例から過去作まで拝見する事ができました。
ボックスアートを始め今回のヘヴィーメタル誌表紙を含むイラストレーターでもあるのはご承知ですが、彼の制作物はそれそのものが立体化されているという印象。迷彩のぼかし加減とか本家本元です。あと思ったのが艶消しかと思ったらあるんですねぇ。艶が。
個人的にはクレーテが一番好きなんですが、ずらりと並んでるのを見て作りたくなってしまいました。でも一個しか手持ち無いのでもったいなくてね。(藁)

あぁ、あと写真は個人用に沢山撮ってきましたけどレポートはやりませんので。他で探して見てくださいね。

開催期間は明日までですっ!是非。


ヘヴィーメタル誌デビュー記念 横山宏 Exhibitions2013

■二つの展示会

今日は秋葉原に行って参りました。主な目的はいつもの買い物ではなく’展示会’です。ホントは感想などは明日書こうと思ったんですけど、良い情報はなるべく早くという事でお知らせ的は早めに。
回った順から、


まずはコトブキヤ秋葉原館での’横山宏’エキシビジョンズ2013(6/12~6/18)’です。

そしてアーツ千代田3331での’竹谷隆之の仕事展’(6/1~7/1)です。



従って6/18日までならば、同じ秋葉原という地で二つの展示会、両方とも見る事が出来ます。これはお得です。

展示会など億劫と思っていたアタシ。去年から出来るだけ見てみようという気持ちになりました。実物を見るというのホントに良いものです。

では、今回は情報的なものなので手短に。そして感想は後日。

KOW YOKOYAMA Exhibitions

竹谷隆之氏公式サイト

■模型とカメラ

ただ普通に模型やるならばカメラなんて関係ありません。しかし、せっかく作ったならば投稿サイトやブログなどにアップして人に見てもらいたい。また、最近では雑誌コンテストでは写真はネット、郵送でも必須になります。
どうせ撮るなら奇麗に撮りたい。実はよい作品なのにカメラが良くなくて写りが悪く損をしてしまったりしてもつまらない。ウン十万、十数万とかする高価なものでなくともコンテジでもぜんぜん大丈夫なのでその辺は押さえておきたいと思います。
さて、アタシは初めてデジカメを買ったのがソニーのサイバーショット。もう十年近く前になるので当然画素数も低いし、画面はツメぐらいの大きさで模型撮影には不向き。接写機能もなくボケボケです。この頃は模の’も’ぐらいはやってましたが撮影はしてませんでした。未塗装組立とか切り刻みウッチャリ模型ライフですから。もっぱら旅が好きでそんなカメラでも奇麗に写り、全く不満はありませんでした。
模型を本格的に始め、カメラも接写機能付きのサイバーショットに買い換え。接写1センチには家電屋で「お~!」とツイ声を出して感動したものです。展示品で3万円弱でしたか?
魂平堂-konpeido-というブログを始めてからはこのデジカメには大分お世話になりました。が、しかし、怪しい動きをするんですねぇ~。ピントを合わせようとするとブブブブっとまるでドラクエのモンスターに攻撃食らってるような画面になるんです。それでもなんとか使ってましたが、しびれを切らし新しく買い換える事にしました。
だって、締切前日の夜に故障なんていったら目も当てられませんもの。(藁)
家電屋に行くと買う訳でもなくデジカメコーナーを見たりするんですが最近、接写が5センチとかで1センチが少ないんですね。これって、今は画素数が高いから離れて撮ってPC上でトリミングしてくださいって事ですかね?それでも良いと言えばよいんですけどアタシの場合、制作記で沢山写真撮るのでトリミング作業が多くなってしまうので接写1センチは必要不可欠なんですよ。
Canon デジタルカメラ PowerShot G1X 1.5型高感度CMOSセンサー 3.0型バリアングル液晶 PSG1XCanon デジタルカメラ PowerShot G1X 1.5型高感度CMOSセンサー 3.0型バリアングル液晶 PSG1X
(2012/03/09)
キヤノン

商品詳細を見る

話飛び越して、気に入ったのがコレ。勿論人気商品です。ごつくてカッコいいしコンデジとは言い難い高機能。値段もけっこうします。手に取ったら重さもけっこうします。しかも、接写は無しなので残念だけど却下。

Canon デジタルカメラ PowerShot G15 約1210万画素 F1.8 光学5倍ズーム PSG15Canon デジタルカメラ PowerShot G15 約1210万画素 F1.8 光学5倍ズーム PSG15
(2012/10/12)
キヤノン

商品詳細を見る

次、店頭には無かったけどカタログみてたら接写1センチ!これだね。ってGX1の廉価版といいつつもアマゾンでは好評価だったりする。弟分ってカンジでかっこいい。でも店員さんに聞いたらそれほどガクンと値は下がらないらしい。
Canon デジタルカメラ PowerShot SX160IS 約1600万画素 光学16倍ズーム 単3形電池 PSSX160ISCanon デジタルカメラ PowerShot SX160IS 約1600万画素 光学16倍ズーム 単3形電池 PSSX160IS
(2012/09/27)
キヤノン

商品詳細を見る

そして、次はこれ。とか言って一番初めに手に取ったのこれなんですけどね。13800円でした。激安。新品ですよ。接写もOKです。実はこれをGXシリーズだと思って安いと喜んでました。実際比べてみるとやんわりデザインでなんかショック。(藁)でもこれ、GX1.5よりなぜか知らねど画素数高いんですよ。ハイビジョン動画は撮れるはジオラマ、トイ写真撮れるはで気に入ったのでこれに決めました。面白いのがバッテリーが単三電池。付属のものが一日使って終わりというほど切れるのが早いです。従って充電式を二つ買って出かけるときは予備として持ち歩くのがベスト。それでも無くった場合はコンビニなどでお手軽に単三電池を買えばよい。このあたりは便利です。
ソニー製品ばかり買っているアタシですが、今回は思い切って脱!ソニー!という事でCANONをチョイスしてみたんですが、さすがカメラの老舗。写りがとても良いと思います。
そんな事で最近はけっこう写真のほうも楽しくやっています。

チアキ・バチスタ!!の別腹天国!!

最近の細長い写真とかがCANONのSX160SXによるものです。


■VF-1A制作記 2

出だし悪く暗雲立ち込めるVF-1A制作記です。ファイター+バトロイド=バトロイドという数式という方向に決定。そしてこの際ですから固定モデル、そして俺的なバルキリーを目指す事にしました。
■機首の制作

とりあえず機首バルジ部分に股間軸を設けます。やってみると戦闘機というよりF1とかのノーズ部分みたいでスポンサーステッカー貼りたくなってしまうような。また色からしてドロイドに見えたりもします。
val2130610.jpg
丸ノズル部分は脚側のパーツで接続時にバルジがシャッター式に開いて間接軸(真鍮1.5)、シリンダー(エバグリ1.2㍉+真鍮0.7)、ケーブル(スプリング0.5、エナメル線)がせり出すという設定。なお、バルジの先は認識灯って事なんだけど今回はなんらかのセンサーって事にして透明化はせず。
val3130610.jpg
機首後ろ側はくり抜いて薄々に削り込み。ロボットらしい厚い装甲ではなく航空機らしい薄い素材で出来ているという事に。それはジェラルミンじゃなくてオーバーテクノロジーの異星人の技術での素材です。

あぁ、もう後戻りはできません。だいじょぶかな?これ。

■ガンプラ王2013の二次審査結果!!

日中は暑いと言いつつもそれほどでも無く、梅雨だというのにジメジメ感も雨もそれほどでも無くなんか快適な毎日です。模型作業もしやすいので、じゃんじゃん進んでると思いきや、なんかあんまり進まないんですよねぇ~。この記事書いたら’ながら制作’せずに1~2時間集中しようかなと思ってます。

さて、電撃ホビーマガジンのガンプラ王2013です。の結果です。その前に、再度、入賞までのプロセスをざっくりと説明しましょう。
まずは、製作してネットや郵送、お店などから作品を応募します。今回、何作品の応募があったか解りませんけど一次審査で400作品ほどが選ばれました。結果はウェブ上で発表になり後日雑誌にも載ります。
そして二次審査があります。これは一次審査通過者からさらに絞られ結果はメール、電話、書類の郵送などで各個人に送られます。通過しなかった場合は特に連絡も表示も無いです。
そして、作品を直に編集部に送って審査会場にて最終審査し、ガンプラ王、またそれぞれの賞が決定されます。結果は雑誌の方で解る事になります。
アタシは2011の’赤い彗星’から参加を始めました。メールで作品発送依頼が来て送ったんですが、それが二次通過。その時は「あぁ、こういうものなのか。」と良く解ってませんでした。
そして個人的大波乱の2012です。クラッシュザク。大変な思いで作ったんですけど口には出しませんでしたが自分でも納得いかずの物で結果は一次通過のみ。
そして、今回の2013は前回、前々回の反省や経験の蓄積で望んだのですがリタイア。そして、先日のザクを参加賞狙いの土壇場制作でした。

で、結果です。↓
続きを読む >>

■MS-06 PRODUCTION TYPE

■電撃ホビーマガジンガンプラ王2013出品作品
本命の制作を取りやめ、一旦参加を辞退し締切6日前からの土壇場での制作。徹夜数回。でも今回は誰も寄せ付けないスーパーサイヤ人5ぐらいの空気感は漂わせず(藁)あの穏やかなスーパーサイヤ人で制作してました。なんとか一次予選は通過し、欲しかったクリアーガンダムを手に入れられる事ができました。なんか妙に欲しくなってしまいましてね。なんだかんだと前日に完成し撮影して画像みるとMGの大きさに見えたりする。(藁)

■制作記
HGUC06Rが発売発表時にコレとノーマルの脛、ランドセル使えばノーマルのザクができるよね。っという事で余分に3つも買っていたんですけど、それを本命諦め後TV見ながらパチ組開始。でノーマルの脛を合わせてみたけど、そう簡単には合いません。内部ダボを粉砕したりスジ彫りを入れたりして一応合うように作ったんだけどなんか汚らしいので却下。まる一日分の制作時間を無駄にしてしまいました。どうしようと思っていた時に「F2を使ってみなさい」と’お告げ’がありまして宮原に急遽買に走りました。しかし、脛だけというとコレが合わないんですな。構成が上下逆といいますか。ならばそのまんまという事で合わせてみたら結構違和感なかったりする。足首は06Rです。
zaku15130512.jpg
■スピード工作
模型制作の順番としてパチ組して構想を練って各部を改修。全体が終わったらサフ、表面処理、サフ塗装...というのが普通ですね。とくにブログやってるならば改修した時点で撮影して「こう変えました!」という画像を載せたり、腕、脚など左右片側ずつ作って比較写真を撮ったりするのがセオリーです。実際アタシもそういう写真が大好物です。しかし、やってる人は解ると思うんですけど撮影の絡みで工作できない箇所があったりとけっこう面倒を感じる時があります。今回は特に時間がないのである個所は幅ましとかやっているのに他はディティールやってたり表面処理やってたりと手順バラバラ。(藁)
塗装は単色なのでマスキングも無し。塗装は持ち手などほとんど使わず人型に組んだままエアブラシ。その後バラして間接を塗装。一日かからず終了です。
zaku18130512.jpgzaku19130512.jpg
■詳細
・頭部 06Rを使用。モノアイはキットパーツに穴を開けて丸ノズルとレンズを埋め込み。額にはエッチングパーツ。後頭部パイプ受けにプラ板。
・胴部 胸部コクピットのT字の面積率をエポキシで変更。それにより今度は上が間延びするのでフックを追加。両サイドブロックは左右に0.5ミリ幅増し。ディティール。前後に開いてメンテできるようなヒンジを追加。褌は前に1ミリほど増し。スカートは基本そのまま。バズーカラッチ位置をスジ彫りにて下方に移動。ヒートホークラッチをエッチングで。
・腕部 06Rそのまま。手首はビルダーズをそのまま利用。
・脚部 足首は06R、他はF2ザクを使用。間接の丸マイナスは消し、はめこみ溝とかがカッコいいので膝カバーを使用せず内部構造を塗り分けにて意匠にしました。脛はノズル関係は穴あけ新規にと思っても裏構造と絡むのでいっその事と消してしまいました。
・武装縦は細いので幅増し。両サイドにディティール、表面にボルトを追加。スパイクも06Rのものをスジ彫り追加し使用。ライフル十分すぎるほどかっこいいのでそのまま使用。
・ランドセル HGUCザクの物に06Rのパック背部接合面を合わせパイプ受けや他ディティールをフィンなどはKATOの物、転倒時破損防止ショックはエポキシの削りだし。
・他ディティール 各所タガネにてスジ彫り、ねじ穴らしきものもスジ彫り、動力パイプは壽屋のスプリング。脚部はアドラーズ。壽屋さんもいいかげんやわらかいのを出してほしい。
zaku16130512.jpg
■塗装とデカールと汚し
全体=クレオスGXホワイトとガイアのミディアムブルーを半々ぐらい。関節部などはガイアのニュートラルグレー。デカールはNCデカール。4ケタの数字はタスカ製。エナメルの黒+ブラウンでチップ。AKで錆ダレ。
時間が無いからという事もあるけど全部単色をやってみた。靴も汚しで黒っぽくみえるけどブルーです。実際では戦車も戦闘機も例外を除いて単色じゃないですか。模型でどう見えるか?っていう試みです。 
■制作コンセプトというか設定というか
作り始めは考えになかったけど1/100という設定。(1/72って変わるかもしれない)従って10M程という設定なザクでディティールとかがそのくらいのスケールにしてみました。具体的な構想はしてないけど宇宙が始まりのガンダムの世界でなくて地上が始まりという設定。覚えてる人がおられるか解らないけど2階建ての一軒家ぐらいのガンダンクが登場したり、のちに宇宙用のザクが開発されたりします。

■余談
ちゅーこって。そーゆー事ですので制作記もなければ完成写真もこれだけです。近々赤いの作るときでも制作記やろうと思います。ちなみに今回、腰部のバズーカラックをネオジム磁石で差し替えって考えでしたけど時間切れで出来ませんでした。それも赤いの作るときにやろうと思います。

あぁ、二次予選通過、最終選考進出者への通達がそれぞれ届いているようですね。アタシの結果は後日。


追)よろしければ投票のほうをよろしくお願いします。
電撃ホビーマガジン ガンプラ王2013読者投票

■ガンプラ王2013一次予選結果

昨日、電撃ホビーマガジンガンプラ王の一次予選が発表されました。お伝えのよう今年はリタイアしてしまいました。そして再度制作し、投稿と。それまでのいきさつを少々。

■本命をあきらめたいきさつ
特別な部門を除いてガンプラ王、オラザクなどは他、~~コンペなどと違って固定されたレギュレーションが無い訳で、それが発表されてから制作する必要もないでしょうし、「何か月以内に制作せよ」という決まりもありません。従って今から2015とか2016を作り始めてしまってもよい訳ですね。そこまでは考えませんでしたが昨年、散々な目にあったので13は早めの制作始めましょうと心がけておりました。夏の3部作を終えたら始めようという勢いです。しかし、正月に入ってしまいました。
その後、制作も順調で間にフィギュアコンを入れても十分間に合うだろうと思われました。いえ、十分間に合いましたし、余裕でした。なのに、ちと余計な事を盛り込んじゃいまして。それは’可動’です。やった方が面白いかなぁと。(藁)模型的な事はそれが主な原因です。1週間前に塗装直前までこぎつけたんですけどその可動もディティールもなんか半端。自分で半端と思ってるんだから他人も見て半端と思うでしょう。ですから取りやめにしました。

■いつもこうだよ
他の事。まぁ、忙しいと毎度の事で必ず何かが起きます。まずその1、洗面所の照明が壊れました。制作中、洗面所は手を洗ったりキットを洗ったり、水砥ぎの水を汲みにと頻繁に行く所です。それが夜間真っ暗という。直すか買うか他の方法を取るかと考え、行動する間もなくそのまんま。
その2、アタシはベットじゃなくて布団を敷いて寝てるんですけど、それを押入れに挙げてふすまを閉める際に小指を挟みました。痛いのなんの。折れたかと思ったくらい。突き指ぐらいで済んだけども2週間以上痛かった。医者にはいかず自然に完治。ニッパーとかペーパーかける際、力入る所なのでけっこうつらかったです。
その3、父が腕時計が壊れた直してくれと五月蠅い。アタシは時計屋ではない。この方去年は表の水道をぶち壊しました。(藁)
その4、本命をあきらめたあとの物の制作中に猫2匹の為にトイレやえさを用意するため大騒動。
まぁ、いいんです。模型に限らず忙しいときは仕事でも家でも昔からこうですから。なれてます。(藁)

■血迷った残り一週間
諦めたのは締切一週間前の日曜だったと思います。いえ、落胆とか寝込んでしまうなんて事はないです。けっこうあっさりでした。部屋の片づけを始めてしまいました。これはもう作らないだろうとか、もう使わないだろうとか思われる放置モデルとかジャンクとかをガラガラと処分。けっこうスッキリ片付いた所で在庫も減らそうとNEWキットのHG06Rをテレビ見ながら組んでました。これにノーマルHGの脚とランドセルをつければ....。「なんかいけんじゃね?」と思って本格的に始めたのが火曜日の夜でしたか。あまり奇麗じゃなかったので結局は脚部をF2のものに交換したんですけど、それが無ければ5日。いや、締切前日、工作最終日の日曜はほとんど作業はしてなかったので4日かもしれません。
5日、4日って言っても’一日は三日ある’という事です。8時間×3=24時間という事。つまり寝てない日がある。(藁)模型はけしてスピードを競うものでもないと思いますしよっぽどの場合を除いてこんな事はしたくないです。

で、結果ですが.....、

続きを読む >>

■八月大戦2013

ここ数年、冬がピューっと寒くてそのあと一気にガー!!って暑くなりません?またそのあとピューって。’温かい’とか’涼しい’っていう春と秋の期間が昔より短い気がします。でも今年は寒い冬が終わって過ごしやすい日々が続いていてなんか幸せです。夜はちょっと寒いけど逆に心地いいような。
さて、本日、宮原のイエローサブマリン本店に行ってまいりました。特に目的はないし買う予定もなしで何も買ってないんですけど目の保養っていうか。模型店ってそんな楽しみ方もあると思います。先週、ねんどろいど新作を予約しましたけどね。で、これを貰ってきました。

八月大戦の申し込み用紙です。ガン王が終わり気が付けばそんな時期。締切は9月の1日。返却は10月の31日まで....って今年終わっちゃうじゃんかよー!(藁)どんどん時は過ぎていきます。はい。

去年のp-1、ダンボー、八大のかけもちはキツかったです。今年はコンテストなど締切付きの模型製作は減らす事と決めました。予定としてはこの八月大戦2013と同じくイエサブ本店の第2回フィギュアコンテスト。この二つはずれ込んでいるので大丈夫でしょう。おそらく同じ夏である。p-1はやめといたほうが無難ですかね。(苦藁)もちろん、オラザクなんてとても無理です。アタシはローカルに生きるとします。

遅れましたけど先日のフィギュアコンの結果が発表されておりますね。この数か月で経験積んで第2回をまたがんばろうと思います。
イエローサブマリン大宮本店第一回フィギュアコンテスト結果発表

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する