FC2ブログ
■2013年02月

■台座の制作

去年の秋、’別腹天国’の方で’農業祭’の模様をリアルタイムでケータイより更新しておりました。毎年楽しみなんですね。各地、地元からいろいろ農産物などの出店があって食べ歩いたりと。その中で食べ物ではないけれど地元企業の出店がありました。神棚とかその類の木工品を制作している会社です。一日目に見て、二日目も見て。
多分、社長と思われる方に「昨日も来てたよね?興味あるの?」「えぇ...。」と会話してパンフもらって....。
続きを読む >>
スポンサーサイト



■Robi (ロビ) 2013年 3/12号 [分冊百科]

Robi (ロビ) 2013年 3/12号 [分冊百科]Robi (ロビ) 2013年 3/12号 [分冊百科]
(2013/02/19)
不明

商品詳細を見る

子供の頃、’キテレツ’が’コロ助’を作ったのをみて自分で作ろうとか思った事があります。もちろん、絵の段階で挫折しました。(藁)あれから何年経った事でしょう?ついに書店でロボットを手にする事ができるようになりました。
でも実際にその’コロ助’とか’ドラえもん’とかハリウッドのSF映画に出てくるようどこにでもいたり、一緒に生活していたりなどとは、まだまだ遠いお話。ロボットそのものが人間そのもののように意思を持つなんてそれこそ無理なんじゃないかなぁと。ちまたに出回っている小型ロボット、個人的印象としてはオモチャです。動いても喋っても結局は人間の仕込んだ仕組みという訳ですから。それに愛情を注ぐという。なんでも例の掃除機ロボットも可愛いらしいですね。(藁)
しかし、かつてホンダの’アシモ’の前身の’Pシリーズ’が世に出たときの二足歩行には誰もが衝撃的だった。正式公開前はモザイクかかってましたし。あれを思うと技術としては物凄いと言うしかないでしょう。単に見慣れてしまったというだけなのかもしれません。
このシリーズ、初回は安くても毎回買って完成時にはけっこうな金額になるんだけども、それなりのものになると思います。組立は順々にやれば簡単なのでお金があれば欲しいものです。子供の頃の夢でしたから。

■マジックスカルプ

マジックスカルプ エポキシクレイパテマジックスカルプ エポキシクレイパテ
()
大阪プラスチックモデル

商品詳細を見る

先日、秋葉原に出かけた際気が向いて買ってみた。マジックスカルプの存在は知っていたいたけど使ってみたのは初めて。その感想です。とりあえず練ってみたが固い。ジャッキーチェンがクルミを割るかの如くの指の力が必要です。(藁)しかし、これは量を少なく取れば問題なし。多く欲しければ練ったものどうしをまた練り合わせればよい訳だから。
で、今制作中のガンプラに使用。それ単体のパーツとして制作したのでプラへの食いつきはどうか実感してないけれど食いつきはよいらしい。またプラへ剥離剤を塗布してからの剥がれも問題ない。硬化は20度で6時間と長いので(今は気温が低いのでさらにかかる)加工は翌日となってしまう。硬化後固いという話だけどもデザインナイフペーパーでの加工はそれほどつらいものでもなかった。また、ペーパー処理後のきめの細かさはこれまで使ったエポキシ系の中では随一かもしれない。そのまま塗装に入ってもよいのではないか?と思った程。また、ポリパテや木部エポキシではスジ彫りやディティールの穴あけでは崩れてしまったりするけど、スカルプは硬化後表面が非常に固い為、それを回避できるのではないかなぁと。しかし、’ゴチ!’という感じで重い。普段ガンプラでのエポキシはセメダインの木部エポキシを使用していたのでなお更それを感じた。アタシは模型は軽く作るを心がけてる。また先の硬化時間が長い事も制作時間に影響する。この二つの理由から基本的にはガンプラにはほとんど使わないと思います。(使いますけど)

で、逆の話をすれば硬化時間が6時間もあり加工後のきめの細かさを考えるとやはりこの材料はどちらかというとフィギュアの最適。それは速乾と言えども硬化時間が結構長い田宮エポキシにも言える事でこれは以前作ったダンボーの中身の’みうら’を作っていた時に感じた事。パテを貼り付けてから結構な時間スパチュラで弄る事ができる。

このマジックスカルプを使用して今現在フィギュアを一体制作中なんだけど、やはり、それを実感している。細い薄いパーツも他材料と比べて強度がある。しかし、折れる時には折れる訳で(藁)そんな時は瞬着で修復可能。また、整形後「盛り足したい」と思ったら少し荒らしてから盛り足せばスカルプどうしの食いつきが良い為、剥がれる事なく作業できる。しかし、剥離材を塗布して後で剥がす作業をよくするんだけれど食いついて表面に跡が残ってしまうという事が多々あり。これは後程解決していきたいと思います。

そんな訳でフィギュアを買い集めるどころか制作の方も面白くなってきました。今後、’萌え系’のものは’別腹天国’の方そうでないものは’魂平堂-konpeido-’で展開していこうと思います。



マジックスカルプはG PARTSさんでも取り扱ってます。


追)アタシはアーモンドの匂いが好きです。(藁)

追)’マジックスカルプ’で検索される事が多かったので訂正というか後日の感想を。容器から取り出す際や混ぜ合わせる際、硬いと記述しましたが当時は冬。春か夏にちょっとだけ使用したけど柔らかかった。気温にかなり影響されるようです。冬に使用する際は作業前にホットカーペットの上に置いておくなどすればよいかもしれません。本人、まだ試してませんけどね。

■リボルテックダンボー・ミニ 企業コラボプロジェクト (1BOX)

リボルテックダンボー・ミニ 企業コラボプロジェクト (1BOX)リボルテックダンボー・ミニ 企業コラボプロジェクト (1BOX)
(2013/02/15)
海洋堂

商品詳細を見る

再販されるとスグ売り切れてしまうアマゾンダンボーミニ。ミニは手頃な大きさで卓上に置いてあります。(ひめくりの文鎮がわりに)そのミニが企業コラボで登場。ありそうな予感はしていたけど先月、秋葉原の壽屋ではじめて実物をみたけど楽しすぎる。でも、価格を5で割っての数字をみるとアマゾンダンボーミニより割高。割引も少ない。しかしダンボーコレクターとしてはぜひ欲しいものである。
参考価格: ¥ 14,402
価格: ¥ 13,300通常配送無料
OFF: ¥ 1,102 (8%)

ん?今調べたら....。
ノーマルバージョン×4、タミヤバージョン×2、JA愛媛みかん箱バージョン×2、
 カルビーかっぱえびせんバージョン×2、ペプシバージョン×2
でセット価格という事らしい。12個。という事は単価は1000円ぐらいですか。

■UCガンダム制作記1

突如として、なつかしのUCガンダム制作記です。思えば「UCシリーズを制覇しよう!」なんて言ってたっけ。あれからMGもHGUCもじゃんじゃんリリースされている。っというよりAGEシリーズ制覇も難しくなってきていたり。(藁)で、この制作記書くにあたっていつ書いたっけな?と先日カテゴリをクリックして調べてみた。注目は日付。2011年3月10日....。震災の前の日でした。この数時間後あんなになってしまうのかと。何が起こるかわからないものです。
なんで?制作がストップしているのか?座礁してしまったのか?いえ、塗装サフ前までいっております。(どこにしまってあるか忘れちゃっていますけど)まずの原因は震災の影響。まったく模型なんてやってませんでした。次に土壇場でこのキットのガンダムデカールがあると知った事。MGカトキ風でかっこいい。イエサブやタムタム大宮で探してみたが売っておらず。もしやと思い小さいお店やモールに入ってるおもちゃ屋など探しました。当時のガソリン事情もありチャリです。もちろん商品は見つからずです。ネットではプレミアついちゃってたし。いつか他県までいっちゃおうかなとか思いました。なんか冷めませんですかね?そういうときって(藁)じゃあ、後で他市販デカールを使って作りましょうって事になってコンペだコンテストだとなんだかんだで2年が経とうとしております。早いものです。いつの間にか制作記もキットの事も忘れてしまいました。
先日、他用でタムタム大宮に出かけたんですけど店内をぶらりとしていたら、なんと!再販されていた!もちろん買いました。で、制作記に書こうと思った訳です。’制作’記ではないですけど。
得にあれこれ弄った作り方ではなく素組ですけど、中途半端なので手が空いたら、温かくなったら完成させようと思います。制覇は無理そうだけど。ちゅか、UCは未だに1話しかみてないんです。(藁)

ガンダムデカール HGUC ユニコーンガンダム (76)ガンダムデカール HGUC ユニコーンガンダム (76)
()
バンダイ

商品詳細を見る

■特撮リボルテック SERIES No.043 BATMOBILE TUMBLER

特撮リボルテック SERIES No.043 BATMOBILE TUMBLER特撮リボルテック SERIES No.043 BATMOBILE TUMBLER
(2013/04/01)
海洋堂

商品詳細を見る

数多くあるバットモービルのデザインで一番好きなのがコレ。それが、まさかのリボルテックで登場するという。もちろんリボルだから動く訳でハッチが開いたり前輪が稼働したりする。さらに稲妻迷彩もリリース。かつて、バンダイでEXモデルで発売したけど、いずれ買えるだろうと欲しいとは思ったけどスルーした。その後映画とともに再販されたけどメタリックで残念でした。また、ホットトイズのセレブな値段のものがちょっと前に再販された。迫力のビックスケールとディティールのよさ、わかるけど買える訳がない。やはりこのリボルが手頃で確実かも。っで?お値段はお幾らなのでしょう?

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する