■2012年08月

■HGUC 1/144 RX-160S バイアラン・カスタム

HGUC 1/144 RX-160S バイアラン・カスタム (機動戦士ガンダムUC)HGUC 1/144 RX-160S バイアラン・カスタム (機動戦士ガンダムUC)
(2012/11/30)
バンダイ

商品詳細を見る


ROBOT魂で先行して発売されていたバイアラン・カスタムがHGUCで発売される。この前やっとハンムラビがキット化されてツイッターなどで’ハンムラビ’の名をよく見たけど個人的にはこっちの方を期待している。なぜならば’Z'の中のMSで一番好きなMSだから。その’Z'本編はほぼうろ覚えなので間違っていたらごめんなさいだけどキリマンジャロで未完成のままのカラーリングで出撃した覚え。デザイン的言うと連邦側のMSなのに凶悪化してしまっているが、どことなくガンダムの面影があるようで’空飛ぶガンダム’みたいな印象で格好良かった。
しかし、当時はキット化されるという事ですっごく期待していたけど、いざお店でみてみるとごらんの通り....、

1/220 Zゼータガンダム バイアラン1/220 Zゼータガンダム バイアラン
()
バンダイ

商品詳細を見る

1/220とちっこい。そう、バイアランは大型MS。アッシマー、メッサーラとともにこの1/220という中途半端な画期的なスケールで発売されたのだ。がっかりだー♪がっかりだー♪これはがっかりだー♪雑誌作例では1/144でフルスクラッチされてた。しかし、当時(いまでも)そんな技術は自分には無く諦めてしまいには忘れてしまう事になる。
そんな思いですから今回の発売はとても楽しみなのです。おそらく作らずとも’積み’を覚悟で買ってしまうでしょう。(藁)
でもこれは’UC'での登場MSの’カスタム’ですから元ネタとはちょっと違う。マニュピレーターは旧のように小さいほうが好きです。多分、作るとしたら’新’’旧’と二種類やってみたいです。
スポンサーサイト

■氷菓

氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]
(2012/06/29)
中村悠一、佐藤聡美 他

商品詳細を見る

4月より2クールに渡って「氷菓」が放送中。予定では22話あるらしい。この「氷菓」、京都アニメーションだし、声が佐藤聡美なので「私、気になります!」だったのですが4月5月って、ほらガン王2012でしたからアニメどころではなかったんですよ。はい。ですからBRデッキorディスクにタメ撮りして8月になってようやく観はじめたんですね。それこそ「私、気になります!」状態で、瞬時にリアル放送日に追いついてしまいました。(藁)11.5話っていうのも「私、気になります!」なんですけどね。
ミステリーっていうと大抵「~~殺人事件」とかになりますけど、そうでないところが面白い。タイトルの「氷菓」とは古典部の編集する伝統的な文集「氷菓」の事なり。(ロゴデザインも同じ)これに関しての話もありますが、なんせミステリーなのでこれ以上の内容はふせておきましょう。
しかし、絵がとてもキレイですね。本作はどのカットを見ても一つのアニメイラストとして通用するくらい美しいです。
あとはBGMが素敵です。サウンドトラックってないのかな?と思って調べたんですけどないらしい。ゆういつの手がかりはBRに付属するサウンドトラックCDなのです。
「J.S.バッハのプレリュード」はエヴァとかでよく聴いたしソレのサントラに入ってたりしますけど、話は「シシリエンヌ」です。この曲、子供の頃から好きだったのですが、曲名が解らなかった。確か天気予報のバックで流れていたを聞いて引き込まれたのを覚えてるんです。以来、ウン十数年を経て’は’と思い調べてやっと知りました。
白鳥&ロマンス‾チェロ名曲集白鳥&ロマンス‾チェロ名曲集
(2007/11/07)
オムニバス(クラシック)

商品詳細を見る

結果、先日このCDを買いました。買ったと言えども、「氷菓」が放送されるけっこう前の事です。偶然にも「プレリュード」の方も収録されております。ですからよく聞いている曲が作中で使われているので逆に驚いております。ちなみにこの「シシリエンヌ」はフルートでスタートしたりチェロ、ピアノなどのバリエーションがありますが、このCDはチェロです。

さらにフィギュアの話。’千反田える’のフィギュアが京アニショップからでるらしいですが、「氷菓」ってフィギュアどころかグッズすら少ない気がします。’ねんどろいどぷち’でないですかね?(藁)キャラ数的にBOXだとむずかしそうなので「月刊アニメスタイル」さん、特集して’千反田える’付でどうでしょう?好企画だと思いますが。
月刊アニメスタイルさん、グッドスマイルカンパニーさん、よろしくお願いいたします。(最近こればっかりです)

■Mr.リニアコンプレッサープチコン PS351

■買った理由
今月、ついにコンプレッサーを買い替えた。これまではタミヤの旧式のモノを使用していた。これがとてつもなく五月蠅い。(TV画面にノイズが走る昔のものにくれべりゃマシですが)ですから、’塗装作業’の時間帯は限定されていた。日中が基本で夜は最高でも9時まで。先日のガン王2012のザクは時間がギリギリだったのはご存知のとおり。塗装もギリ。しかし、ミスが見つかって真夜中になるべく振動しないよう片手にブラシ、片手にコンプというなんだかよく解らない格好で塗装した。(藁)
で、正直、買えない金額でもないのだけど買わなかった理由。それは「いつかなんらかで賞を獲って’賞品’あるいは’賞金’で買おう!」などという目標があったからなんです。
そして買っちゃった理由。「暑い」から。家は基本網戸が塗装ブース。なので窓開けてエアコン無しで塗装しなければならない。それは夏冬同様です。とにかく、今年は(も)暑い!考えた結果。日中の作業時間はエアコンの中で、塗装は比較的涼しい夜にできないか?っという事です。
そんな事で清水の舞台からダイビングです。
■買った物
Mr.リニアコンプレッサープチコン PS351Mr.リニアコンプレッサープチコン PS351
()
ジーエスアイ クレオス

商品詳細を見る

勿論、本体です。前からこのメッキの穴の開いたボディに憧れてました。いざ、届いてみると凄く小さい。かわいらしい。(藁)アマゾンで購入理由を見てみると「補助的な意味で買った」という人がいたり、’プチ’でないモノに比べれば出力は劣るようです。ブラシの径が0.3のみとか書いてあったような。静音の方はトップクラスらしいです。実際、スイッチ入れてみると水槽のエアレーションより静か。本体設計上もしかり、下の4カ所のプルップルに柔らかいゴムが振動を吸収してくれるみたい。パワーも使用してみて全く問題無いです。
Mr.エアーレギュレーターMk I PS253Mr.エアーレギュレーターMk I PS253
(1998/05/01)
ジーエスアイ クレオス

商品詳細を見る

本体が思ったより安かったのでこれも購入。ホース内に水がたまり、キットにブシュ!っと水を吹くというのは過去によくあったのでソレを回避する為というのが主な理由だったが圧を変えられるのも便利。どうやって?と思っていたが構造は簡単なんだねぇ。バルブ開いてソコからエアーを抜いてやるみたいな。後はブラシをもう一本接続できるようになっている。アタクシは下地にベースグレーをよく吹くのですがリカバリー時にもう一本あれば楽。ブラシは2本あるんだけど壊れてるのでもう一つ欲しくなるシステムです。
Mr.エアーホース・PS (細) スパイラル PS245Mr.エアーホース・PS (細) スパイラル PS245
(1998/05/01)
ジーエスアイ クレオス

商品詳細を見る

ストレートとスパイラル2種類あったけど断然、スパイラルをチョイス。以前使っていたタミヤにつながっていたものはストレート。これたまにブラシを逆さにぶら下げてクルクルクル.....って面倒。エアが詰まるって訳じゃないんだけどホースが曲がると塗装時ブラシ持つ手に変な負荷がかかって邪魔でイライラでした。
ホース用Mr.ジョイント (3点セット) PS241ホース用Mr.ジョイント (3点セット) PS241
(1998/05/01)
ジーエスアイ クレオス

商品詳細を見る

上記、本体、レギュレーター、ホースの3点はアマゾンで買いましたが。これ買わなきゃならないものなのか?そうでないのか?今ひとつわからなかったので注文はしなかった。届いてみるとどうやっても手持ちのブラシに接続できず。(藁)手持ちのブラシはタミヤ製。そう、社外品の場合これが必要になります。あとで地元で買いました。

買った物は以上です。本体が1万円切っていたので13000円以内で収まったでしょうか?(詳しく計算してないけど)
正直、ちょっとプラキットを買うような金額でないので考えはしましたが買って正解でした。だって、製作時間が広がるし余裕ができる。今回のp-1の塗装だっていろいろスケジュールとかいちいち考える必要なかったですから。賞金、賞品でとヘンなコダワリを持っていた自分はバカでした。(藁)


■日常 ねんどろいど はかせ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

日常 ねんどろいど はかせ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)日常 ねんどろいど はかせ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
(2012/12/31)
グッドスマイルカンパニー

商品詳細を見る

わーい♪たまたまアマゾンを開いたら
「東雲なの」に続き「はかせ」もねんどろいどで登場。
「だにゃん」も再現可能。
しかも、阪本さんまでいます。

しかし、注文しようとしたらコンビニ支払いではまだダメみたい。
発売は大晦日らしいです。(藁)

グッドスマイルカンパニーさん、
この調子で’ねんどろいどぷち’の方も
よろしくお願いします。

トイズワークスコレクション にいてんご 日常 (再販) BOXトイズワークスコレクション にいてんご 日常 (再販) BOX
(2012/11/30)
キャラアニ

商品詳細を見る

追)
人気絶大で速、予約〆切だった`にいてんご’も追加アイテム付きで
再販だそうです。
前回、友人に譲ってしまったので当の然で予約します。


■小林誠ザク1/72製作記②

■組み上げ段階

写真1)
頭部は旧キット1/100をベースに。これは、かつてソレを作ろうと思って放置してあったものを拾って使った。胴体はプラバン箱組。前面のアールの部分はプラカスを詰め、木部エポキシで成形。重くなるのでポリパテはほとんど使わず。黄色に見えるポリパテは成形でちょっと使ったのみ。フンドシもプラの積層でなく箱組。積層は結構重くなる。そして木部エポキシ。なるべく軽く作るよう努めた。
赤い部分は1/60旧ジョニーライデン。中古品で箱は傷んでいたけど中身は問題なし。
腕部、脚部はほぼMGハイザックのまま。ただし、エッジはだるくしている。
写真2)
さすがに1/60となると背面のパックもデカイ。しかし、モナカなので内部は当然無く、カポカポ。面白いと思ったのが両サイドのディティールは後付でなく一体成形。下部のバーニア基部の異形の四角がかっこいい。1/100はこのカタチではなかった。

■詳細
zaku12120814.jpg
前回の小サイズは固定あるいはワイヤーでポーズ補正程度のものだった。今回はMGハイザックを使う事だし’可動’を目指した。
写真1・2)
頭部はプラパイプで首を作り2重関節にした。付け根はプラサポとポリキャップ。Bジョイント用ではなく同径の普通のヤツ。こうすれば引き出せるしヘタりにくい。
写真3)
パックはあいだに箱組をかませている。ランナー棒で軸を作ってコンパクトに収納出来るように取り外し可能にしている。(部屋の収納が少ない家ではコレ大事)写真2)にそのウケのポリが見える。
写真4)
胸部、と腹の接合はプラサポとランナー棒で前後左右、回転とフクザツに動くようにした。腹部はハイザックのインナー。コレで腰部は合計3重関節。しかし、後でこれが裏目にでる。
写真5)
腕部。2の腕は1/60の肘関節を丸い部分を加工。貼り付けた丸いディティールはキットの肘に貼り付けるパーツ。前回の小サイズのはプラバンで作ったが1/100シンマツにも付属していた。(藁)
写真6)
肩関節の仕組み。さんざん考えた上。単純にMGをインサート。しかし、これも後で裏目にでる結果に。関節はMGハイザックのものとプラサポを加工。
写真7)
シールド取り付け部。片側はキットのものを若干加工。シールド側はプラサポ。
写真8)
肩アーマーもプラサポ。ウェーブのBジョイントをダブルにして使用。シールド、肩アーマー共に頭部と同じく普通のポリキャップ。余り負荷がかからない所では全く問題無い。制作中、取り外しが多いのでこの方がヘタラ無くてよい。



■小林誠ザク1/72製作記①

■ぶっちゃけ、また小林ザクを作っています(藁)
先日、小林誠ザクがようやく完成。ようやくと言えども、さほどの苦労はなかったです。なんせ一度作った事ありますから。って.....。この前作った1/100のシンマツと1/144のハイザックのミキシングで作ったヤツ。それのデカイ版です。手に入りにくい1/60のジョニーライデンが中古品だけども運良く入手。MGハイザックがタムタム大宮の中古コーナーで1500円(だったかな?)で手に入ったのでこれも運が良かった。ツイッターで言っていた’p-1’の方っていうのはコレの事です。p-1っていうのはタムタム主催の毎年のコンテストです。たいてい年末に開催されるので今回の夏開催の告知には、大いなる番狂わせでした。秋頃手を付けようと思っていましたから。(藁)

■前回のアタクシの誤解
一応、組んだことあるモノであるので作業はスイスイ進みましたが組み上げて1/144と比較してみると写真のよう。高さ的には1.5倍くらいですが立体物であるがゆえXYZ軸に大きさが増すのでカナリのボリュームとなりました。
かつてのMG別冊に載っていた小林先生のオリジナルのものは今回と同じ組み合わせ。前回のちっこい方を組んだときのいきさつなんだけどMSVモナカ真っ最中の時に買ったシンマツと久しぶりに手に入ったオ小林先生のリジナルのザクの写真(ハイパーウェポン)を眺めていて「あれ?カタチが同じだねぇ」と思って作ろうと思った。そして「あれって1/100のシンマツと1/144ハイザックをベースにしたんだ」と思ってしまった。もちろん1/60は持っていなかったので気が付かなかった。若干は違うもののMSVの1/60と1/100は図面上は同じもの。だから1/100ベースでもあの雰囲気はだせた。しかし、あとで手前のフィギュアが1/72スケールなのでモデルのスケールも1/72と書いてあったのをなんとなく思い出した。どーりで1/100は肩のエッジが落ちていたりしたわけです。

1/60 MSVモビルスーツバリエーション Jライデンザク21/60 MSVモビルスーツバリエーション Jライデンザク2
()
バンダイ

商品詳細を見る


MSV 1/100 MS-06R ザクII シン・マツナガ大尉機 (機動戦士ガンダム)MSV 1/100 MS-06R ザクII シン・マツナガ大尉機 (機動戦士ガンダム)
()
バンダイ

商品詳細を見る

1/60、1/100のどちらを作るにしてもハイザックは新旧どちらでもよいとしてザクは旧キットを使わないとあの雰囲気は出ないと思います。しかし、手に入るは手に入るけどプレミアついて若干お高いんですよねぇ。アタクシはたまたま運良く2000円台の中古が手に入りましたけども。旧MSVは1/144、1/100はたまに再販されますので1/100のシンマツなどに期待をした方が良いかもしれません。

あぁ、一応前回のとごっちゃになっちゃうんで表記は1/72ザクという事にしておきます。

■SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2012年 09月号

今月のSAの発売当日の夜は雨が降っていたで買うのは翌日にした。その翌日、TSUTAYAと文教堂に行ったんだけども空振りを喰ってしまった。置いてなかったのだ。というより売れてしまったらしい。共にどっさり仕入れてあるお店ではないのだが無い時は無いと思いますけどね。
さて、今回は前回お伝えしたように’宮崎駿’特集です。表紙はサボイア、そして’宮崎駿’の三文字。多分表紙買いした人多いんじゃないかなぁ。その表紙のサボイアのジオラマは先日、秋葉原のコトブキヤで個展をひらいたWildRiver荒川直人さんの作例です。コルク樹皮がいいですねー。使ってみたいです。作例は巻末ですね。
’宮崎駿’と言えばもちろんスタジオジブリですが、この雑草ノートとなると、ほとんど趣味でやってる感ですね。(藁)イラストみてると好きで楽しく書いてる様子が目に浮かぶような気がします。そんなイラストも沢山の載っています。また、飛行機模型雑誌なのですからそれら航空機のモデルも山盛りです。

そして、アタクシの購読理由のメインである小林誠先生の「飛ぶ理由」は連載5回目。モデルはSPINNERです。今回もまたもや裏切られ(もちろん良い意味で)です。ブログ読んでいて、てっきりフジミのモノを使ってるものだと思って、自分も持っているので制作時には参考にしようなんて考えていたらフルスクラッチでした。(藁)
これが、かっこよいです。まず、スタイリング。生命体であるペガサスついているエンジン部分は前方、操縦席は最後方。まさに馬車馬がグイグイひっぱていくような力強さが感じられます。平面のキャノピーもなんかブルーサンダーっぽくって格好いい。でエンドには2枚の光学探査装置が上に向かって立っている。こういうアンバランスなんだけどバランスが取れてる、つい目で追ってしまうようなフォルムがいいから小林作品が好きなのです。ですからけして、ゴチャゴチャ~っとジャンク貼り付けて小林風っていうのはなんか違う気がします。セミグロスブラックの塗装もマーキングのPOLIZEIと漢字の組み合わせも格好いいです。
「飛ぶ理由」の作例は全て気に入ってますがこれが今のところ一番好きです。
SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2012年 09月号 [雑誌]SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/11)
不明

商品詳細を見る

■日常 ねんどろいど 東雲なの (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)

各局で2シーズンにわたり放送され、さらにEテレで全国放送され、またさらにファンの要望によりEテレで再放送された’日常’。MXでも昨年末、再放送されたけど半分で終了。今思うと、これ、お正月からのEテレの放送と関係あったのかな。残り半分やってください→MXさん。原作も続いてることだし2期とかもやってもらいたい。
その日常はハッキリとは作中で言ってはないけど群馬県は伊勢崎市が舞台となっているらしい。各キャラの名前が群馬県の地名になっているのも、観ているほとんどの人は知っている。その群馬県、以前に仕事でさんざん巡りに巡った。相生祐子の’相生町’はほぼ毎日。でも伊勢崎はあまり通らなかったんだけよねぇ。日常関連のものなんかあるのかな?ちょっと行ってみたくなるかも。
うってかわってフィギュアの方。先日、’にいてんご’を予約して買ったんだけども、やはり人気らしく後日予約しようととした友人は予約の時点でシャットアウトだったらしい。その友人にお世話になったので届いた’にいてんご’はそのままお譲りしました。もう、なかなか手に入らない品だけどいいんです。よろこんで頂けたならね。
で、アタクシの方には今月、’ねんどろいど’の’東雲なの’が届く事になっている。(藁)とにかく、フィギュア関係は「あ!」と思った時に予約してしまうのが正解。買い逃してしまうと、あっという間に値上がりしてしまう。いつぞや欲しかった’春ちゃん’やっと先日出向いた秋葉原で見つけたが確か6000円台...。そんな事もあり「あ!」と思ったので予約したんです。(藁)今なら3千円切るんですよ?アマゾンは出始めは安いんです。その後は無くなるか値上がりするかです。しかも送料タダだし。
日常 ねんどろいど 東雲なの (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)日常 ねんどろいど 東雲なの (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)
(2012/08/25)
グッドスマイルカンパニー

商品詳細を見る


到着を楽しみに待ってますが、アタクシはどちらかというと’ねんどろいどぷちコレクター’なのですね。日常の’ぷち’がでたらさぞかし楽しいでしょうねぇ。2BOXまでいって桜井先生や理科の中村とかも欲しいモノです。グッドスマイルカンパニー様、よろしくお願いします。

■コトブキヤダンボー製作記②


先日、秋葉原のコトブキヤに行って参りましたっ!
(ってまた製作記ではないです。)
もちろん、目当ては先日書いた’荒川さんの個展’です。
当然、まずはエスカレーターを上がり個展を拝見したのですが、
その後は階を順々に下りながら店舗巡りです。

danbo5120804.jpg
あっ!ダンボーじゃん。雑誌で見たヤツもあるー!
って、ご存知社内スタッフ製作のダンボーの群れ。
ケースのはじっこを見るとフツー「撮影禁止」って
お店には書いてあるものなんですが、
「撮影歓迎」みたいな事書いてありましたのでおおっぴらに撮影。
そしてブログ掲載。(藁)
danbo20120804.jpg
全部撮りたいトコですが、今回は’荒川さん’のほうがメイン
ですので枚数不足。ですので何点かだけです。
しかし、これだけ作られるとネタなくなりますな。(藁)
左上は1/1のダンボーです。

■そのコトブキヤで買ったもの
danbo2220804.jpg
写真1)
思えばコトブキヤ製品は山ほど買ってきましたけど
お店で買い物っていうのは初めてです。60周年だそうです。
写真2)
クリアファイルをいただきました。格好いいけどなんか藁えます。
写真3)
スプリングです。せっかくのコトブキヤさんですから。(藁)
写真4)
コトブキヤなのに。(藁)
写真5)
理科の中村愛用の大工マグ。買ったというより先日、友人に
日常にいてんごを譲ったお返し。
写真6)
日常のノート。これもお返しです。
写真7)
TENGO!
写真8)
タクシーじゃなくてタクスィ~~!です。







プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する