FC2ブログ
■2009年04月

■センチネルザク製作記⑥

こんばんは。チアキです。(^o^)/
先日は20000ヒット記念に多くのお言葉ありがとうございました。
人物画ってほとんど描いたことないので
もうちょっと上手く描けるよう、そちらもやってみたいですね。

さて、本題でございます。

■足首


そもそもセンチネルザクをやろうとしたときは、
けっこう前なんですがHGUCザクのみをもとにやろうと思ってました。
その後FZが発売され、「これはいけそうー。」と
作り始めたとゆー経緯なんですが、足首もそのままで....、
なんて思ってました。しかし..............!
設定画みるとデカイんですねぇ~、コレ。で、大型化です。

cz1090429.jpg

幅はとりあえずそのまま。前後は10㍉強増し。
甲のブロックはキットのパーツにプラバン貼って貼っての大型化。
前、後部のディティはもちろんつぶしです。
うっすらと鉛筆のラインがみえると思いますが、
これに沿ってスリッパ部分を1㍉弱の段違いで貼り込み予定。
多分、曲面だからプラバンじゃなくてエポキシになると思う。
その作業があるから甲部分はサフまでやって塗装前状態。
コレはスリッパ着けちゃうと整面しづらくなりそうだから。
キットのようじゃなく、うねりのある曲面にしてみました。

cz3090429.jpg

足裏ディティールはまだこの程度。
設定があるのかどうかわからないので
HGUCザクを手本に0.5㍉プラバンで貼り込み。
このあと丸穴とかスジボリとかもうちょっとやります。




■本日の別腹

さきほどまで部品探ししてました。
上の写真でみえる間接のムラサキのパーツ。
床を這いつくばり、ゴミ箱をあさり....、
いや、ゴミ置き場までよなよな出向き
出したゴミ袋をひろげあさってもなかった。
あきらめたころ、机ひろげたティッシュの裏にありました。
こんなことの為に役1時間、なんちゅ~無駄な時間だ。(^o^;)/


 
ブログランキング参加中です。押してくださいな。おねがいしまうー!(^o^)/




スポンサーサイト



■20000hit!ありがとう!




こんばんは!チアキです!(^o^)/
昨夜20000ヒット超えることができました!
これも皆様のおかげと思っており、
感謝の気持ちでいっぱいでごさいます。
萌えきらない絵ではございますがイラスト描きましたよ。
ペンタブレットがほしいっ!って気分です。はい。
2万で指2本ってことは3万で3本になるんでしょうか?
模型のほうは今年入ってそうそう、コンペは脱落、
完成品は簡単Fのセラヴィー&セラフィムのみ!
っというひっっじょーに情けない状況にあります。ね。
在庫はジャンジャンと増えてるとゆーのにです。
ライフワークのようになっちゃってる「複製の話」
コレ、本人わかりにくいなーとか思ってるんですけど、
けっこうアクセスあるみたいで
微妙にお役にたってるみたいですね。(汗)
そろそろ旧キット使っての新企画、
これも早くやりたくてウズウズしております。
メインで作っているザクとかズゴックとかもやりたーい。
などなどと思っております。

これからも魂平堂-konpeido-をよろしくお願いします。(^o^)/


■本日の別腹

魂平堂って検索してみたらお寺がいっぱいでてきました。(^o^)/ハハッ!


 
ブログランキング参加中です。押してくださいな。おねがいしまうー!(^o^)/











■センチネルザク製作記⑤

こんばんは。チアキです。(^o^)/
本日、関東はどしゃぶりでございました。
天候の急な変化もあって体調不良、頭痛。
ろくに作業もできず、ガンダムエースを読みながらゴロゴロと。
「機動戦士ガンダムUC」アニメ化だそうで、
小説苦手なチアキとしてはうれしゅうございます。

さて、本題でーす。

■脚部大型化



FZキットはバンダイのザクシリーズではめずらしいパーツ前後分割。
スネは中央、大腿部は内部ポリなどと干渉しない位置でノコ入れ。
大腿部→幅1㍉、上下4㍉
スネ→幅2㍉
プラバンで幅増し。

cz5090415.jpg

今回はこれだけ、ごめんなさい。(- -)
ジツは現在もっと進んでます。
写真を撮る段階まで進んでおらずココまで。
またなんか、トラのシッポを踏んづけちゃった....みたいな。(’’;)







 
ブログランキング参加中です。押してくださいな。おねがいしまうー!(^o^)/

■レジン複製の話⑤

こんばんは。チアキです。(^o^)/
「複製の話」も峠を越え、⑤になってしまいました。
もうちょっとでおわりますのでおつきあいを.....。

■シリコン流し込み(下準備)
いよいよ、シリコンを流し込むワケですが、その前にやることが多少あります。まずは後にシリコン同士合わさる際、ズレを防ぐために凹をつけます。パーツやレジンの通り道の間に凹をつけます。粘土にあまり深く穴あけちゃうと後にシリコンがもげる可能性がありますのでご注意を。ちなみにウチではカクハン某の後(直径7ミリほどで半円形)でやってます。
hukusei3090422.jpg

そのあと剥離剤を塗布しなければなりません。シリコンと粘土ですので、剥がれることは剥がれますが、剥がれ残った粘土カスを取り除くのは面倒。より剥がしやすくするワケです。
その剥離剤ですが、当の本人かなり迷いました。いろいろなサイトなどで調べたのですが、「床材ワックス」がありまして、これはNOでした。で結局チョイスしたのがコレ。
hukusei1090422.jpg

「グリススプレー」です。額のそんな高くないはず。モデグラの’けんたろうさん’はラジコンようのグリスを使ってました。それでもよいのですが、値段的にこちらのほうがお得かもしれません。
これを粘土に筆にて塗布します。その際の注意としては......、
1、なるべく薄く、筆ムラのなく
  理由)後にグリスの厚み分スキができてしまう。
2、パーツには塗らないようにする
  理由)シリコンを流し込んだ際、パーツとシリコンを密着させ、二回目のシリコン流し込むとき浮かないようにする。     
ぐらいでしょうか。

■シリコン流し込み(1回目)
準備もすみ、いよいよシリコンを流し込むのですが、まずはシリコンと硬化剤を混ぜます。その際、必ず「ハカリ」を用意。キッチン用のデジタルのモノが1000~2000円ほどとおすすめです。単位は硬化不要を回避するためにも目見当でやるのはやめましょう。
硬化剤は使い切ったのに主剤があまってしまった...。なんてことになる場合があります。これはハカリが安価なため1グラム単位で主剤と硬化剤の配合にバラツキがあるためです。硬化するのに比率はそれほどシビアでないのでちゃんと固まると思います。硬化剤はお店で単品注文すれば手に入れることができますのでご安心を.....。
hukusei2090422.jpg

まずはディティールの細かいパーツ(スジボリとか)など、シリコンがよく入り込むよう「筆」でパーツに塗ります。よく塗れたと確認できればシリコンを流し込みます。この辺は他サイトなどを参考にしてください。

■シリコン硬化、粘土はがし
メーカーによって硬化時間は異なると思いますが、硬化したかどうかはシリコンを混ぜたビーカーに張り付いたものをさわってみれば一番わかると思います。硬化が確認できたらブロックをバラし、粘土を剥がします。この際の注意はパーツがシリコンから剥がれないよう慎重に剥がすこと。もし、剥がれてしまったら元の位置に戻します。もし、浮いてしまいそうでしたら両面テープで固定.....。これ2回目のシリコンが廻り込みますが、あとでなんとかなります。と思う.....。本人はなった。(この辺は自己責任で)
その後、粘土カスが残っていたらツマヨウジなどでキレイに取り除きます。もし、パーツにカスが残っていたら、完成してできてきたパーツにもその粘土カスのカタチが....。そうならないよう取り除きましょう。

■シリコン流し込み(2回目)
今度は反対側のシリコンを流し込みます。再度ブロックで囲み、グリスを塗布します。この辺は1回目と同様です。

■シリコン硬化、シリコン剥がし
シリコンが硬化したらまずはブロックはバラシます。いよいよシリコン型が完成するワケですがシリコン同士を剥がす際には十分注意し、ゆっくりと剥がします。1回目と2回目の境界線がかなりわかりにくいです。四方指で探りながら見つけてください。見つけたらベロベロ~~ォ!!っと面白いように剥がれてくれます。尚、原型パーツはシリコン型劣化及び破損した場合など再度、型どりするときがあるので保存しておきましょう。


■石膏を流し込む?
話が前後しちゃいますが、シリコン流し込み後さらに石膏を流し込むって方法あるんです。これ要するにレジンを流し込む時に輪ゴムなどでクランプするんですがその際の’あて木’の役割ってことなんでしょうけど、要らないかな~。2度手間だし、材料かかるし、がさばるし。方法はいろいろありますが、ウチでは板でやりますので。

■失敗例
え~、ウチでは以前、剥離剤に床用ワックスを使いました。2回目のシリコンも硬化し、いざ剥がそうとしたら、全く!!剥がれませんでした。各パーツをほじくり返すことに......。(泣)お高いシリコンも1缶パーですわ。(泣泣泣泣泣)モノにもよるんでしょうけど、やっぱり剥離剤はグリスがベリーベストと思われ.........。これ読んで皆さんチアキのように大損をしないことを願っております。


今回もテキストだらけの堅い内容でした。すいません。
次回はいよいよ「レジンの流し込み」に入ります。(^o^)/


 
ブログランキング参加中です。押してくださいな。おねがいしまうー!(^o^)/

■安彦ガンダム

ホルモー!!チアキです。(^o^)/
みなさん、右に設置したゲームはもうやってみたでしょうか?
むずかしくて3回クリアが限界です。
下部から公式サイト「鴨川ホルモー」まで飛べますのでよろしく~。

本題でーす。
コンペは見事に脱落してしまったSDガンダム。
今日、センチのほうをアップしようと思いましたが、
工程的に写真のほうがまとまりません。
「う~ん、何のせようか?そうそう、コンペはとっくに脱落してしまったし、
隠すこともなかろう。」
と思い、SDガンダムを引っ張りだしてみた。



MG2.0発売。ザクと同じようテレビアニメ画稿を意識した先祖返りなデザイン。
みんな「安彦!安彦!」と言っておられますが、そうは思えなかった。
確かに、現実にある兵器のように進化したデザインの最近のガンダムに
比べれば、柔らかいアールなどノスタルジックともいえる趣。
安彦先生の描くガンダムは「ジ・オリジン」も含め、やっぱりソレとはチガウ。
ヒザのダクト部分の構成とか.....、特に顔。


sdg2090418.jpg


頭部は球体のようなヘルメット形状。
以前にも書いたけどヒサシは学生帽のツバのような。
よく模型製作で小型化される白い部分の面積は広く、
キャシャーンのように顔を覆っている感じ。
そして目。シャアのマスクと同じカタチ。
これまでに何回もキット化されてきたガンダムのプラモデルだけど、
このカタチには出会ったことは未だにない。


sdg3090418.jpg



安彦先生の描くガンダムって見る角度によって
「優しい顔」だったり「怖い顔」だったり
いろんな表情を見せてくれる。
これって「能面」と一緒で模型で表現するのは難しい。
もちろん今回、’完璧にできたー!’なんてとても言えませんが。
全体的のイメージとしては’メカ’ではなく’生き物’のような印象を受ける。
もっとも似てるイメージが「ゴーグ」ですかね。
いずれ腕をあげて1/100かなんかで集大成的にリベンジしてみたいですね。


■本日の別腹

去年、ガンダムエースで安彦先生の直筆イラストプレゼントの懸賞があった。
2枚、激励のハガキを送ったのに未だこない。
ということは当然はずれたのか。せっかく額にいれて家宝にしようと思ったのに。
ちなみに過去に、某コーヒー飲料CMでおなじみの女優の
直筆サイン入りポスターが当たったことがある。
当時は飛び上がる勢いのうれしさだったが、
その後、ぞうきんのように絞って捨ててしまった。(爆)

来月、ジ・オリジンの画集発売ですか、これは買おう。
住まいは同じ埼玉県とはなんかウレシイ。(^o^)/


 
ブログランキング参加中です。押してくださいな。おねがいしまうー!(^o^)/










■センチネルザク製作記④

こんばんは。チアキです。(^o^)/
今みたら前回のアップが3/21.....。
随分と間をあけてしまいました、センチネルザク製作記です。
この前、グーグルで資料を調べようと
「センチネルザク」と検索したら、なんと1ページ目にでてきた。
しかも3番目です。正直、驚きでした。
これは数多くの人にみられてるということでしょうか?
それとも、こんなメンドイことやる人は少ないということでしょうか?
2ページ目以降は存在しないと同じなんて聞いたことが
ありますので、コレは光栄であり、大変有り難いことです。
それに恥じないようがんばるとしますのでよろしくお願いしまーす。(^o^)/

本題まいります。



前回からの変更点は....。
胸部、両側を1.2㍉増し。フンドシを上に2㍉高。
エプロンはあまりの強度不足なのでプラバンとエバグリパイプでやり直し。
あぁ、あと胸部のT字部分、変わってますが、紛失したんです。
で、即興で今日作りましたのでお見苦しいですがお許しを。


cz2090415.jpg

今回のメインですが、両サイド及び後アーマー。
難しいかな~と思ってましたが、ズバリ苦労しました。
原型とどめてませんが、HGUCザクのモノを基にやってます。
胸部とスカートの取り合いのヒンジ、1/100のガレキ、
MGF2ザクなど、大半はオミットされますが。
コレもそれでいこうと思いましたがつけてみました。

cz3090415.jpg

エブリデイ長時間ではありませんがここだけで
一週間以上かかってしまいました。
イラストとの比較考証、工作。
やっては壊しの繰り返し。
これ、ひぃ~じょ~に難しいと判明しました。
綾瀬風香のパティシエじゃありませんが、
もう、センチなめんなって感じです。(- -)

次回は脚部ですかね。


himekuri1090415.jpg


■本日の別腹

よつばと!ひめくりカレンダー。
次のイラスト楽しみに毎日めくってます。
はじめ、もったいないので封を開けないようと思ったのですが、
カレンダーほど中古の価値がないものはないので。


 
ブログランキング参加中です。押してくださいな。おねがいしまうー!(^o^)/

■つんどくモデラーじゃダメなのか?

こんばんわ。チアキです。(^o^)/
え~、最近スランプでございます。
同じ箇所を行ったり来たりといじくって1週間以上!
イヤになります。さすがにっ!ため息ものです。はい。
でも、微妙~ながら進んでますので。

いろいろな模型ブログを拝見しておりますと、
「在庫」「積みプラ」「つんどくモデラー」などなど
過剰に買ってしまった!というよう状況を多々お見かけします。
書いてる本人の部屋の押入も在庫でギッチリでございます。(藁)
今、制作中のもを含めて手持ちを列挙してみますと....。

・制作中
HGセンチザク、1/100ギャロップ、SDガンダム(コレ重要)HGUCジム
・かじり虫状態
1/12ドゥカティ、MGボールKa、MGシャアザク2.0、MGアッガイ、1/100ガラパゴスタイプ、1/24フィアット、1/48サボイア前期型、1/72SV-51、1/72MIG
・在庫
1/144ザク(旧キット)×3、1/1200ムサイ、1/144コアブースター、ガンダムトレーラー、HGUCズゴック、MG百式、MGジオング、MGズゴック、MGゴッグ、SDザク、SDジ・オ、1/72VF-0A、VF-1シリーズ×3、MSV1/144 シリーズ(06R,、マインレイヤー、フリッパー、偵察型、デザート、ザクタンク、プロトタイプドム、トロピカルドム)

・その他、ジャンク状態、破棄仕様多々あり。

う~ん.....、書き漏れもかなりあるかもしれない。(’’;)
これでも売るなり、捨てるなりけっこう処分し、なるべく買わないようにしてるのですが、
再びこのザマでございます。
在庫ってあるとけっこうプレッシャーだったりするのですが、
発売されたり再販されたりすると、つい欲しくなりレジに並んでいたりする。
子供のころ、親に「作り終わったら買いなさい!」と言われたことないだろうか?
本人も、もちろん言われたことある。
しかし、買ったら絶対作らなければいけないのだろうか?
手をつけたら完成させなければならないのだろうか?

例えばガンプラ一個をペーパーがけから塗装まで
ミッチリやって完成させるのに1ヶ月ほどかけるとする。
そのとき、そのキット以外買ってはいけないと決める。
としたら、年間たった12個だけ。2ヶ月かかったら6個だけ。
全国のユーザーもそれだけとする。
たったそれだけの売り上げだったら業界ってやっていけないんじゃないだろうか?
つんどくモデラー、放置モデラーもかなり業界に貢献してると思う。

模型って欲しくて、やっと手に入れて箱を開けて
ランナーと説明書を眺める満足感。
作りはじめて、途中であきちゃうけど、それまでの充実感。
それらの行為も模型ってものを楽しむ方法の一部だと思う。

自分でお金だして買って楽しむのだし、
どんどん、「つんどく」「放置」しちゃっていいんじゃないかな。





■今日の別腹

さいきん、我が押入倉庫に愉快な仲間達が増えましたっ!(^o^;)/


zaiko1090411.jpg


MSV1/144FA&プロトタイプガンダム、1/72悪役1号(←念願の!)


今日のコラムは自分へのいいわけですよ。ええ。


 
ブログランキング参加中です。押してくださいな。おねがいしまうー!(^o^)/

■ドム論

こんばんは。チアキです。(^o^)/
ずいぶんとあたたたたくなりましたね。
これなら塗装もやりやすくなりました。
しかし、あいかわらずできるモノはなし。
う~ん、作る順序を変えるベキなのか.......。

今日はひさしぶりにMSについて語ってみようと思います。
議題は「ドム」です。

■これはリックドムなのか?


写真は旧キット1/144スケールのリックドム。(tee-iさんに写真お借りしました。ありがとー!)第一次ブームの続々と発売されるMS群。ドムは発売されず、なぜかリックドム。とはいってもモデグラにも書かれてましたが模型で宇宙と地上の表現が分かれたのは現在になってから。当時は作ってしまえばどっちでもよいワケですな。そもそも劇中ではリックドムとドムのデザインはまったく同じ。劇場版「めぐりあい宇宙」ではチラっとバーニア表現がサービスされてましたが。

しかし、このキットを手にした当時、自分は「これはリックドムではない!」と力説していた。先にも論じたようにアニメ上でのデザインは、ドム=リックドム。いや、そうではないのだ。かつてガンダム大事典というものを隈無く読んでいたのだが、その中の設定稿では違っていた。どう違っていたかというと、痩せていた!のだ。シルエットから言えば、ザク程度のボリューム。顔は面長。脚もほっそり。子供ながら「あぁ、宇宙で宙を舞うんだから軽いのか~。」などと思っていた。いま思えば、重力無いんだから重さ関係ないんだけども。(藁)

で、それはココ最近解ったのですがアタクシめチアキの勘違いでした。当時、その痩せてるドムは、リックではなく大河原さんの描いた普通のドムの初期稿であり。それみて安彦さんが「重モビルスーツなんだから、おっきくしようよ~。」って描き直したらしい。それが現在の至るのドム。ということは当然、アニメのデザイン上、リックドム=ドムってことになる。結局編集者の間違いをそのまま真に受けたというだけでした。やっと謎解けましたよ。30年近くたって。(苦藁)

ちなみに設定画のMS達。これらって安彦さんの描いたもの。これはちょっと前に理解しました。大河原さんのイラストとな~んかチガウな~とは思ってましたけど。クリーンナップってヤツですね。



09up080923.jpg

■数多くのドム

ドムって当時は当然、ドムとリックドムの2種類しかなかった。あれから30年.....。プロトタイプからはじまりドワッジ、トローペン、リックドムⅡ.......キャノンまで!いったい幾つなるのやら?しかもほとんどオフィシャルっていうのだから。この話ってドムにかぎらずMS全般に言えるんだろうけどもね。前にも言いましたケド、一年戦争って「一年しかないんですよ!」そんなに作れますかね?米軍のトムキャットだって延々使ってきてやっと退陣。話題のラプターだってかなり前から開発されていたみたい。それをたった一年でやってのけちゃうMS業界。う~ん、あっぱれじゃ!未来!で、なんでこんなに出てきちゃったか?というとガンダム人気が30年も続いて妄想に妄想が足され、ココまできちゃった!みんなで楽しんできたってワケですね。書いてる本人も好きなんですよ。ジツは!(藁)トローペンとかⅡとか設定的にはスキ。だけどキライ。この辺は気が向いたら作ってみたいとは思ってます。

09fo080923.jpg

■リックドムは何故つくられたか?

アニメ上では当然、セル画の使い回しをしたかった。人気があったからまた出した。またはデザイン上のネタ切れ。ぐらいなものなんでしょうけど、ガンダムの世界をリアルに考えると面白い。かつてモデグラに掲載されていた作例と記事。それはリックドムってガワはドムであって、(つまりフレーム、外装はドム)中身を宇宙用にしてしまったかなり強引な機体。だから性能のそれほどよくなくて弱かった。という話。これに惚れ込んでとりあえず内容パクって地上のほうだけ作っちゃった♪んです。デザインは微妙にパクってません。(宇宙のほうは微妙に未定)

その素敵な話に戻ります。(これからのお話はチアキの考察も入ってますのでオフィシャルとはずれてますのでよろしく~。)まずはヅダコンペでジオニック社に負けたツイマッド社。その後も不採用が続きドムの開発で日の目を見ることになる。特にホバー推進のノウハウなんかは一級品で飛行試験に失敗したグフをホバー推進に転換したかったジ社に供給したほど。しかし、オデッサ陥落後、敗色濃い軍にって地上モノは無用の産物。せっかくドム景気で業績のあがったツイマッド幹部にとってこれは深刻な問題。もう、あとはジャブローを攻め落とせば勝利と確信していた軍幹部にもオデッサ陥落はかなり重大な問題だったワケだ。資金ぶりも悪化、もう敵なしだった宇宙兵器開発はおろそか。そこで目をつけたのが大量に発注しちゃったドムである。今からドムの材料で宇宙用MSを作れ!これに「MS開発って簡単じゃないんだよな~。」苦悩するツ社幹部。しかしNOとは言えない。だから現行のドムにジ社から供給してもらったザクの推進エンジン取り付けたり、いらなくなったドムのロケットエンジンを取っ払ったスペースにムリヤリ推進剤タンクを押し込んだ、機能的にも見た目にもたいそう不格好なもの。これらのドム達は新規に生産されたモノもあるけど、地上の工場でラインに載ってたもの、実際に前線にいたのをバラしたもの。「これでジオンはあと十年戦える。」と負け惜しみを言ってはいたマ・クベのザンジバル級らにはこれらも積んでたんじゃないかな?

09r2080923.jpg

リックドム登場までスピンオフ的な存在のMS-06RD-4 ザクII高機動試験型も面白い。これは名前こそザクだけどザクじゃない。戦闘用でもくなリックドムのプロトでもない単なるリックドムの脚部エンジンのテストに製作されただけ。そもそも宇宙兵器部門はヅダでとっくに終わっており、廃棄。宇宙で使えるものが無かった。仕方ないから、ジ社からザクの胴体を供給してもらった。宇宙空間でパイロットが生存できるとりあえずのシステムが欲しかったワケだね。

そんな間に合わせの代物だから色々不具合多発でコンスコンの全滅もガンダムの性能の為だけじゃなかった。そんなMSに載せられちゃったものだから経験値の高いパイロットは続々いなくなり、せっかく性能のいいジ社製のゲルググも経験未熟なパイロット搭乗が多かった為、敗戦へ..。もし、ゲルググの方が先にロールアウト、採用していたらジオンは勝利、または戦争は長期化してかも。






 
ブログランキング参加中です。押してくださいな。おねがいしまうー!(^o^)/

■レジン複製の話④

こんばんは。チアキです。(^o^)/
今日は読むだけでゲンナリする例の複製の話です。(藁)
せめて図をパソコンで描けばよいのですが手書きですよ。
パソだと時間かかりますので、
見づらいですがちょっとガマンしてください。

え~っとドコまでいきましたっけ?(’’;)

■原型パーツの配置

○配置の種類
hukusei6090404.jpg
まずは配置の種類ですが大きく分けて2種類ですか。
①プラ棒などで道をつくってあげるパターン
②パーツそのままのパターン
細かい複数の部品がある場合は①、大きいモノは②という感じです。写真左はザクの胸ハッチ、ランドセルバーニア基部、バズーカ部品。右はドム足裏。①のように道がある場合はその分の容積があるため、シリコン、レジンも多くかかります。ですから必要のない大きいものは②のようにするということですね。

○パーツは斜めに配置する。

こんなものを複製はしませんが、四角、消しゴムのようなモノを複製するとします。その場合、型枠に対して大体45度の角度で配置します。右のように枠の沿ってそのまま置くのはNOです。なぜならばレジンの流し込みは何かの圧力ではなく自然の重力よって行うので空気をうまく逃がさなければならないからです。右図のように配置すれば空気は上手く逃げ口に向かってくれるワケです。右の配置ですと角に空気だまりができやすいのです。モノによっては配置が難しいものもありますが、なるべく斜めに配置します。

○クリアランスを十分とる
型枠からパーツを十分とるようにします。できれば10㍉程度。本人は5㍉強ぐらいなものもありますがね。特に下面にあたる部分は十分とってほしい。クリアを多くとるってことは必然的にシリコンを多く使ってしまうことになる。であるからシリコンの金額が上がってしまいますが、コレをやらないとレジン流し込み最中にドーー!っと流れでてしまうことがあります。(経験済みなんです。苦笑)真ん中の図のようにヨコ断面、えとアテ板あたる面ですね。ここは5㍉ぐらいでもOKですかね。でも理想はもうちょっと、パーツがこんな四角じゃなくてパーツの一部分がちょっとならイケると思います。アッガイの頭部パーツは頂点がギリでした。


■パーティングラインの決定

hukusei2090404.jpg
例えば「碁石」のカタチを複製するとします。図の左上は「碁石」です。UFOでも肉まんでもありませんよ、ええ。まずはこれを図のようにブロック枠に敷いた油土に押しつけるのですが.....。


hukusei5090404.jpg


上の図のようではシリコン硬化後、原型をはずせません。中の図は一段階目のシリコンははずれますが、2回目シリコン硬化後がはずせません。油土が一番下の図のようにならなければなりません。ようするに......。
パーツを輪切りにした状態で最大の面積になる部分をパーティングラインに設定するってことですね。もし上の図でやってしまった場合、シリコン硬化後、シリコンをカッターで削るっていう手もありますが、極力下図のようになるよう作業するように心がけたいですね。

すみませんねぇ~。図がヘタで!(藁)これでも元図面描きですよ。

■パーティングラインの発生を避けたい

hukusei3090812.jpg
上の写真は前回のせたガンダムのランドセルです。ごらんのようパーティングラインがひどい。四角いものだから油土の上にただ置けばいいんじゃない?と思われそうですが、そうもいかない。

hukusei3090404.jpg
図のように油土の上にただおいただけだとシリコン流し込み後、プカリと浮いてしまう恐れがあるのです。そうなるとシリコン硬化後内部に原型パーツが取り残されることになる。若干パーツの下にシリコンがまわりこんでしまった!って場合は先ほどようにカッターで切ればよいのですが、それ以上の場合は泣きです。ですからパーツも半分を粘土に埋め込み押さえるわけです。で、どうしてもラインがパーツの側面にでてしまう.....。そこで,,,,,、


hukusei4090404.jpg
これ、思いついたのですがこのようなパーツの場合ヘソを作っておきます。凸、凹、どちらでもかまわないと思います。一度やってみたのは凸ですが。この凸部分のみを油土に埋め込みます。これで油土に押さえられ、浮くことはないです。そうすれば側面にはラインは現れないハズ。このパーツを使う際、このヘソを切るなり埋めるなりすればよいのですから....。


■あ、そうそう
hukusei7090404.jpg
パーティングラインの設定はチョコエッグとか市販の量産品とかみると勉強になると思います。分割も上手いし、ラインそのままで塗装してあるのでわかりやすいです。にゃお~ん。(^o^)/


 
ブログランキング参加中です。押してくださいな。おねがいしまうー!(^o^)/






■ギャロップタイプ製作記⑤

こんばんは!チアキです!(^o^)/
さぁー!4月です!でも関東は大雨....。
お花見シーズンですが、桜の花はどうでしょうか?
そうそう、今日はエイプリルフール。
でも今日、書くことはホントのことですので、ウソではありません。
エイプリルに「ウソじゃない」というとそれは「ウソ」でジツは「ウソ」。
でも、その「ウソ」は「ホント」かもしれません。
まるでメビウスの輪をたどってるようでワケわからん。
ま、フツーに「ホント」ですのでよろしく~。

本題でありんす。

■腕



前腕部で5㍉×2、二の腕で5㍉、全部で15㍉延長。
先端部は市販ノズルの組み合わせ。
これでもか!ってほど伸びまくってます。
ちなみにまだ本体と接着はせず、のっけてあるだけ。
あと例のジャバラで接合します。

gal2080401.jpg

ノーマルと比べればどれほど長いかわかると思います。
’ギャロップ’を知らない人がみれば4本脚にみえるかも。
手首は左のノーマルの手のカタチがビタ!っと広がります。
案1)もうちょっと前傾姿勢にするか、写真のように
案2)「運転席、荷台を地面レベルと平行にするか悩みどころ。
1のほうは力強く見えるし、2のほうは機能的にリアル。



gal3080401.jpg

遅れまして手首の詳細。
1.2㍉プラバンを基本とした組み合わせ。
手のひら部分にはエバグリで滑り止め加工を。
手首の接合部はジャバラのため不要になる肩のパーツを持ってきました。
ああ、ちなみにどれだけ長くなるか説明したかったため、
上の方の写真はそのままですが、
この写真の左のように腕はポリパテで一巻き太くなります。






■本日の別腹
(あ!観てないひとはネタバレですのでっ!)

機動戦士ガンダム00がセカンドシーズン終了。
平成ガンダムなんか....というアタクシめにも大変、楽しめました。
セラフィム巨大化のチアキ予想は大外れ。(藁)
来年映画化だそうですが、「その後」でしょうか?
まさか「ツギハギ」じゃないですよね?
最後の敵メカ、張り子のトラですねー。あっという間。
RXー78に意識的に酷似しているオーガンダムは個人的にスキなんですが、
最後のシーンは「昭和の時代は終わりだよっ!」
といメッセージと受け止めてしまいました。(悲)

もっと悲しいのがCMのガンプラ研究所のネコに会えないこと。(ToT)





プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する