■最新記事

■恒例の1年の総まとめです。

皆様、こんばんは。今年も残すところ、あと1日を切りました。今宵はちょっと模型の手を休めて一年のまとめなどを書こうと思います。

■1/35メカトロウィーゴ(ver.零戦)
mw1160210.jpg
昨年の秋ごろから手をつけて、リベットが思った以上に大変で今年に食い込んだのを覚えております。

■ダンボーミニ 横山ver.
danbo1160213.jpg
発売したその月に、また、完成品少ないので手軽に筆塗りを.....、って上手くいかずエアブラシ塗装したのを覚えております。ちなみに筆塗りは二度とやらない。鬼門(藁)
■1/35メカトロウィーゴGP
mw50160411.jpg
ハセガワ主催のメカトロウィーゴGPコンペ出品作。アラーキー氏のダイレクトカット法に基づくサフカット法を試したやつです。いろいろ冒険しました。そして........、
■三輪作業車
mw50160520.jpg
そのウィーゴが乗るヤツです。先日知ったんですが、ウィーゴって2010年製なんだそうな....。アタシ的には1970年ぐらいのものと勝手な設定で遊んでおります。(今後も)まぁ、いいか世の中いろんなウィーゴで溢れてますから。結果、ベストテクニック賞受賞。

■ダンボーミニ インビジブル
danbo1160401.jpg
昨年のトリックアートに続くエイプリルネタです。来年の構想はない。

■1/48 零戦三二型
a6m347170802.jpg
私用でいろいろございまして、って言っても模型も私用なんですど、遅れに遅れてやっと完成。ノッカリ技法とか微細なリベットとかいろいろ勉強してきた事をぶつけた作品であり、実機の初の作品でした。

■1/20メカトロウィーゴGP20
mw70160919.jpg
八月大戦向けに製作。画像的に1/35と全く同じで面白くないですが。(藁)何故にコレを選んだかと言いますと展示するものとして見栄えがいいんじゃないかなと。結果、キャラクター部門金賞。(2年連続)そういえば、コレってコレで終わりでなく続きやりますってやってませんでした。2月にみんなのメカトロウィーゴに出すのでそのあとになってしまいます。でも、アタシなりのレトロをやりたいと思ってます。1/20ウィーゴはデカくていいし、作りやすいです。

■BB-8
bb82160930.jpg
これも、数稼ぎ的に簡単にと手を出したやつです。ところがどっこいしょ。スジ彫り甘かったり太かったり、パーツの段差があったり大変でした。買って組んで卓上にってのなら凄くいいキットです。お試しあれ。


コンテスト的な事を言えば、メカトロウィーゴGPが入賞、メカトロウィーゴGP20が金賞と入賞律100%でした。って言いたいところですが、SAコンは土壇場で製作始めましたが辞退しちゃいました。まぁ、零戦のあたりから参加は見合わせようと思ってましたけど。

k2so16161216.jpg
そして、現在フィルタリングの真っ最中のK-2SOの方はほぼ出来上がってます。こちらは明日終わると思いますが撮影のカラミもありますので新年に入ってからになると思います。
スポンサーサイト

■トムキャットをやっています。

こんばんは。チアキでございますー。雨ばかりでなんかめっきり涼しくなってしまって、ツクツクホウシはひとり寂しく鳴いていたりして夏が終わってしまい、なんか寂しい気分です。しかし、昨日今日、ムシっと暑くなりましたが、あち~というより懐かしい気分です。

さて、本題です。




■トムキャットをやっております

先日の零戦の三二型がツイッターでお気に入りが100まで行かなかったらやめておこうと思ったSAコンのトムキャット。あの程度の評価ならば結果的には目に見えているであろう、ならば他の物などで技術向上に時間を費やした方がよいであろうという思い。

しかし、先日気が変わり、とりあえず自分なりに作ってはみようという事にしました。SAコンに関係なく作ってみて出来ちゃったら、締切に間に合っちゃったら提出という軽い意気込みです。

でもですねぇ。どうもアタシったら締切ってものが絡むと何かが起こる!起こってしまって既に2~3日トムキャット弄っておりません。(苦藁)そのヘンは↓の別腹を参照。

■タミヤの新作

ちょっと前から話題のトムキャットです。コクピットとかキレッキレの出来上がりで期待度満載のキットです。あまりによさそうなので、しかも1/48というサイズ(48ってでかいですよ(藁)なので、コレって1万円越えのキットかと思っておりました。
そしたら、定価で8000円台という!割引価格では6千円台。駿河屋では5000円台でした。
アタシ的には、ちょっと事件が起きまして~.....、諦める事になりそうです。(苦藁)

そして、ちょっと思ったのですが日進月歩している模型メーカーの技術。驚くほどのクオリティに仕上がったりしておりますね。このタミヤ最新のトムキャットもしかりです。
飛行機模型って古いやつとかですと、コクピットが床に座面が一体化しちゃってそれに背もたれつけたりとか、’なんだかな~’ってプラ板とかでやり直したり、また、レジンキットやエッチングを使用しようと思っても高額だったり、どこも品切れ中だったりします。
そこで思ったのが、そんなに凄い技術があるのならば古いキットに対応したコクピットとか車輪収納部とかアップデートキットみたいなのメーカーで追加販売してくれないでしょうか?(藁)キットはキットで従来通り販売し、そのまま作ってもOK。ランナー1枚で別にハイディティールなパーツが売っている。(~~用)です。みたいな。まぁ、バンダイのいろんなパーツの袋売りみたいなものです。ここ数か月、そんな事を考えて飛行機作っておりました。ブツブツと。


■本日の別腹 「ブルーレイデッキがイカれましたでゲソ」

ブルーレイデッキの中身、つまり録った番組なんですが、アニメや映画、などなどいつもいっぱいでした。やっと、減ってきたなと思ったら、アニメ新番組がずらりと。それでも、最近はホントに続きが見たいものぐらいしか見ておりませんが、それもで溜まる訳です。
続きを読む >>

■続・コンテストというものを考える

皆様、おはようございます。チアキでございます。毎日暑いですねぇ。
ぴらぴらのグレーの短パンの裾を内側に織り込んでパンツのゴムに挟んで
ちょうちんブルマーにしてかわいい格好をして模型に励んでおります。

さて、本題です。




えっと、地元の行きつけのイエローサブマリン本店の八月大戦に向けて、メカトロウィーゴ20とHGのギャン、できれば戦車をと3つ出そうと思っておりましたの6月下旬でした。今はもう8月の21日です。締切10日前となっております。
ウィーゴなんて7月頭に完成しちゃって、早々に展示しちゃおうか?なんて考えてましたけど、どこをどう間違ったのか、全て完成しておりません。戦車なんてとんでもなかったです。

ウィーゴは現在制作記真っ最中なんですが、実際塗装前まで進んでおります。そして、今、HGギャンの本体制作中です。これ、ジオラマなんですけど、ジオラマは先日載せた木もですが、ほとんどカタチにはなっております。
で、何を血迷ったのか、最近はやりのハイディティールまではいきませんがスジ彫りの方を少々少々少ーっとやってしまいまして、予定より大幅にずれ込んでしまいまして、今、こんな感じです。
gyan49160610.jpg

ザックリと計算しまして、あと2日は余裕でかかるんじゃーないかーと思いまして、その塗装が3日、プラスジオラマ塗装云々が4日。さらにプラスしてウィーゴの塗装が4日で合計、11日です。
今、21日ですから足すと31日でどんぴしゃじゃないかーと拍手したいところですが、とても怪しいのでギャンはやめとく事にしました。ここは、おとなしくウィーゴ一本に。あわよくば、オマケでなにかお遊びでという感じに。

また、SAコンなんですけど、これも参加にはまだ早いかなーっという事にしておきます。先日製作した零戦、初めて作った実機なんですけど、ツイッターに上げてお気に入りが100近くまで行かなかったらやめておこうと思いました。そのぐらいの成績では、出してもムダだと思いました。
a6m35170802.jpg

ムダって言うのは、出した所で入賞するのは上級者や経験者、どうせ落ちてしまう.....、という気持ちも確かにあるかもしれません。
しかし、そうではなく、ロクに経験ないのに問題にぶち当たりながら締切に向かって徹夜やらなんやらヒーコラ。締切迫って、あれはやめよう、これはやめようと’オザナリ’な作品に!!......、っていうのが目に見えてます。
でしたら、1か月、2か月を大事にして経験を積む方に時間を使い、そして、すんなりと完成出来るようになったら次回、またはその次に挑戦をっとした方が賢いかなと思います。
お題はトムキャットとの事ですが、参加は意識せずにですが、やってみようと思っております。完成してしまった場合、モノによっては出してしまう事もあるかもしれませんけどね。(藁)

コンテストって一度出すとクセになります。また、それなりの物でないと入賞は不可だと思います。かと言って、入賞に拘るあまり、理想に技術が追い付かずに締切締切で、その繰り返し。長年やっていても結局、技術が身に付かない。それが今のアタシです。もうしばらく、意識せずにやっていこうと思っております。



■本日の別腹   「LOST前回までは......。」

え~、今からもう6~7年前になっちゃうんでしょうか?今ほど模型をやってない頃です。
前もちょっと書いたと思いますが、海外ドラマにハマっておりまして、そのなかの「LOST」というドラマがあります。



続きを読む >>

■作る!超リアルなジオラマ

こんにちは。チアキです。本格的な夏になりましたね。先日、室温36度を記録しました。今、思うんですが夏休みの宿題でわずわらしかった、毎日の天気と温度を記録するってのありませんでしたかね?最後は友達に聞きあって書いたりするやつ。あれの温度って29度、30度、高くてもせいぜい31度。32って数字を書いた覚えがないんですよねぇ.............。

さて、本題でーす。






情景師アラーキーさんの著書、「凄い!ジオラマ」に続く、第2弾!「作る!超リアルなジオラマ」が発売されました。一回り大きい本になっておりますね。前回の方はエッセイ的な変わった角度でのものでしたが、今回はHOW TO的な要素の強いものでした。

ネット画像、誌面、展示会でおなじみの作品群です。道具や材料、そして作り方など、ジオラマどころか模型すら未経験の方にもわかりやすい目線で書いてありますし、そうでない方も、アタシなんかも新に知る事が出来た!そういった内容になっておりました。

一番の魅力はなんと言ってもイラスト図解。もちろんご本人によるもの。絵も上手いし、字も読みやすいので解りやすく、すんなりと頭に入ってくるかのようでした。子供の頃、図鑑とか見てるかのようでした。そのくらい楽しいものですよ。中でもイラストによるジオラマの断面図はとても興味深いものでした。作品は実物も拝見しましたが、なぜなら’しくみ’までは考えておりませんでしたので。


に、してもここまでの内容でフルカラーで本体1800円って安すぎではありません?(苦藁)なんか、ご奉仕価格ですよ。



前に、小林さんのウィーゴのサイン会で、お会いしたとき、

チ「いるの解ってれば本持って来ればよかったですよ~。」(サインの為)

アラーキーさん「二冊っ!二冊っ!(笑)

と、笑い話になりましたが、金欠でしたのでさすがに買えず。今、思えば買ってサイン貰って、手持ちの方は知り合いの整体院に置いてもらってジオラマの世界を広めればよかったと少し後悔しております。




内容は見せられませんがちょっとだけ。
araki2170807.jpg

表紙帯に、こんなオマケがございました。アラーキーさんらしいと思いました。




■本日の別腹
そして、アタシの方ですが、前々からやってみたいと思ってたジオラマを今やってます。(多少はやってるんですけどね、まだまだほぼ経験皆無に等しいです)

ki12160718.jpg

乞うご期待。

■タミヤ1/24ミ二クーパー

こんばんは。チアキでございます。アタシはジンチョウゲのお花が好きです。進学進級と新な生活がスタートするという3月。あの香が漂うとあの頃のワクワク感、期待感が思い出されます。新しく配られた教科書の匂いも好きでした。以前はすぐ近くに植え込みがあって部屋まで香が漂っていたんですが無くなってしまって残念です。

さて、本題です。

■タミヤのミニクーパー生産終了か?
という話を風の噂を耳にしました。本当なんでしょうか?なんか今年の初めとかに出たお話らしいですが、タミヤのホームページで調べてもそれらしい事は書いてありませんでした。他を調べてみると、とあるお店ととあるお店の情報では版権切れで生産終了という事らしいです。
もともと、もう30年以上?も販売されているキットですから金型が限界にきてしまったのかと思ったら版権切れという理由。ですから、この1/24どころではなく、ラジコンなども生産終了という事になるらしいです。メーカーの諸事情には詳しくないですけど、そういうパターンもあるんですねぇ。確かにデザインしたのは車メーカーですし、アニメのロボットのプラモデルが製作会社などが権利もってるのと一緒という事なんですかね。

このキット、アタシが中学生だったか高校生だったかに作った思い出。なんか、製作が進むにつれプラモデルって大人な趣味だなぁと感じておりました。4台ぐらい作りましたね。有名な所では’鳥山明先生’がわずか3日とかで作ったブルーのミニがあります。Dr.スランプのイラストにあったオープンのミニも作った記憶があります。
mini1160214.jpgmini2160214.jpg
写真は先日撮影した最後(20数年前)に作ったミニです。
今、思い返しても、とても形がよく作りやすいキットであれから時を隔てた今、再チャレンジしたいと思っておりました。ベストセラーキットでありますから、同シリーズのフィアットやシトロエンなどの時々の再販と違って常にお店にあるという状態でした。いつか作ろう。それが、盲点でありました。話が本当ならば、まさかこんな事になろうとはと焦ってしまいました。他3種類程ありますが、お財布がキツイのでとりあえず、モーリスとオースチンだけでも注文してしまいました。
できればガセネタである事を祈るばかり。本当でしたら、なんとか復活していただきたいものです。



■本日の別腹
別腹もミニの話。若き頃、好き過ぎて本物を買ってしまった事があります。クーパーsです。1300ccです。しかし、よく見るとなんですなぁ、思っていたのと違うといいますか。プラモデルはマーク1なんです。この頃はローバー販売の新機種でしてマーク8でした。その後インジェクションになってマーク9と続く。マーク1と比較して外観でいうと、グリル、ウインカー、ドア窓ドアヒンジ、テールランプ、後ろの窓の大きさ、内装ではぼでぃ色むき出しの中にあるセンターメーターですね。他などなどいろいろ違います。この時点で何十年と経っている車なので変更改良があるのは当然なんですがノスタルジック感が薄かったです。
センターマフラーやら、なんやらいろいろキットが売っておりまして、マーク1みたいにする事は可能ですが、ヒンジは両面テープで’らしいもの’を張ったりテールランプ小型化に至っては板金必須という。(藁)非常にお金がかかります。しかしできたものはマーク1っぽいものです。アタシはマフラーとウインカー....、ぐらいだったでしょうか?
でですね。買ったディーラー(とっくに潰れた)とは言ってもおそらくフランチャイズみたいなところだと思うんですけど、売り込む時はいいことばかり言うんですよ。買い取りも高いとか。丈夫とか。買ってからはアンダーガード着けないないとエンジン縁石に引っ掛けて修理代50万かかったお客がいると脅し。(藁)オイル交換ウチでやらないと保障なし!その交換代1万ウン千円!(結局自分でやってた)ボルトオンで付くと言われて買ったパーツが付かない!工費が必要!結局1年で飽きて下取りに出そうと他を回ったのですがどこも激安評価でしたっ!なんとか個人売買でやっとこソコソコの値で売れました。この時、思い知らされました.....。





車買うなら国産が一番っ!!!
外車はさんざんっ!!!


プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する