FC2ブログ
■Bespin Chewbacca & C-3PO

■Bespin Chewbacca & C-3PO

bespin4190314.jpg
久しぶりの完成品の更新です。模型的にはかなり久しぶりとなっております。とはいってもメインは造形物となっちゃっておりますが。
バンダイホビーサイトのSWフォトコンテスト。前回は2作品もありがたく入賞できてトップ画像へというのは大変名誉な事であります。まさか、2回目があるとは思わなかったのですが、どうも作業部屋が作業できる環境じゃないので諦めようと思ってました。
が、しかし本場の米国のスタッフの方々に見て貰えるというのはめったにない事。むりやり、道具を引っ張り出しまして製作しました。

bespin5190314.jpg
2点ほど、前回に応募したないもの、ドロイドとスノースピーダーがありましたが、共に単品であり’フォト’コントスト的には今一つインパクトの無いもの。参加を決めてから、帝国の逆襲のガス惑星ベスピン、ラストの方のチューイと3POに決めました。他に何点か案はあったんですが、比較的時間がかからないというのがその中から選んだ理由。しかし、けっこうかかってしまいました。いや、実際はかかっていない、自分のミスによりかかってしまったと言うべきでしょうか?その理由は時間があったら追記で書こうと思います。

2点ほど、前回に応募したないもの、ドロイドとスノースピーダーがありましたが、共に単品であり’フォト’コントスト的には今一つインパクトの無いもの。参加を決めてから、帝国の逆襲のガス惑星ベスピン、ラストの方のチューイと3POに決めました。他に何点か案はあったんですが、比較的時間がかからないというのがその中から選んだ理由。しかし、けっこうかかってしまいました。いや、実際はかかっていない、自分のミスによりかかってしまったと言うべきでしょうか?その理由は時間があったら追記で書こうと思います。

bespin6190314.jpgbespin7190314.jpgbespin8190314.jpgbespin9190314.jpg

【製作】
甘えさせてもらい制作記は省いてるんですけど、おかげさまで順序を考えず、撮影無しでやってますので手は早いです。
チューバッカは先日、全国妖怪造形コンテストで副賞でいただいたパジコさんの石粉粘土。滑らかで作業が楽しいくらいです。ただし、顔面の元や、手足はマジックスカルプ。これを大体粘土で仕上げた体に接合、そして体毛で覆うという感じです。その体毛なんですけど、実際の繊維でやろうとしたんですけど、ちょっとこのサイズだとかなり嘘くさいというかおもちゃのぬいぐるみになりそうでしたので却下。なのでブラシにて毛を表現しています。ただし、腕は塗装的ない所が出来てくるので全身を塗り上げてから武器を持たせ、カタチを作ってからヒジ部をねんどで接合塗装という面倒くさい工程。これは仕方がないです。しかも、武装部分はあまり意味が無かったという始末。
タスキはナマリ板です。プラ板で作った数種類のアイテムをさらに細く切ったナマリ板で抑えるというカタチ。しかし、鉛板は瞬着では剥がれやすいのでプラ棒でピンを止めるように固定。バックはエポキシ製です。
塗装はタミヤアクリルのサンドイエローとかフラットブラックとかフラットホワイトこれらで筆塗りです。

続いて3POです。前回、のK2SOの入賞時、コメントを翻訳してみれば「目が光ってないので死んでる」とありました。(藁)たしかにそうなんですが、電飾やらないというか苦手なアタシには厳しいコメント。なので意地でも光らせてやるって事で.....。といってもミライトなんですけどね。ジョイントを破棄しその辺を加工すれば小さいものなら入ります。それだけでは光が弱すぎるので目の部分にファイバーを何本も突っ込んで両目が光るようにしてます。(単に透明ランナー棒でOKかも)しかし、遮光ってものがありました。点灯してみれば透けるは隙間から光というやたら神々しい3POです。アルミ箔で内部のパーツを覆ってこれをクリア。
キットの加工としては前回の3POではやりませんでしたが肩や手首などのフチを削って薄くしてあります。胴体や肩のクラッシュはプラ板にコードをくっつけてジャンクパーツを作りそれをボディに接着という感じです。体の部位はバラバラになっちゃうのでそれぞれプラ棒やワイヤーなどで固定してあります。あとは網です。ダイソーなど探し回りましたが、ないです。今時はプラ製のミカンの網みたいなものばかりです。なので編みました!これ長すぎたり、短すぎたりと3枚やりましたが3~4日分の作業量でした。
塗装は、初めメッキハガシを想定してました。が、しかし、バンダイのメッキは剥がれにくいのを知っております。時間があまりないのでメッキのままです。上からつや消しをまだらにエアブラシ。メッキ部分を残すといい感じになってくれます。継ぎ目やゲート(基本アンダーゲートなんですけど)その辺はクレオスのレッドゴールドを拭きます。これ同じ感じになじんでくれます。
その上にウエザリングマスターやらパステルやらで雰囲気を出しています。

台座は初めて大理石塗装ってやつをやってピカピカの床にしてみました。あまりアップで観られない劇中でしたが、多分こんな感じじゃないかと思います。

【詳細画像】
bespin14190314.jpgbespin15190314.jpgbespin17190314.jpg

bespin16190314.jpg

作り終えてですが。3POはどこにしまった?道具はどこだ?溶剤はどこだ?と梱包したダンボールを引っ掻き回し、狭い折りたたみ式のグラグラの机で塗装などなど、まぁ、この環境でよくやったなと自分で自分を褒めたい。

では、オマケの製作記を。↓
続きを読む >>
スポンサーサイト



プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する