FC2ブログ
■1/72Xウイング

■Jakku / X-WING



■Xウイング
前にAの方を製作した際、「Xウイングも作ってほしいです!」ってツイッターで言われましたので.....ってよその人のRTへのリプライでございますが...............................。まぁ、いいですよ。気持ちは届きましたので。中古で激安で買ったXウイング。せっかく安く買えたのでちょっと気軽に遊んでみようと。フォースの覚醒での名カットで巨大なスターデストロイヤーが墜落してるカット。これ、よくみると左下のXウイングも墜落しております。ぼんやりとしか見えないんですが、この古い方のXであろうと。まぁ、違っていてもそれをモチーフみなたいな感じで

x10171122.jpgx11171122.jpgx9171122.jpg

■製作&塗装
仮組して「Xの部分はこんな構造になっているのか」などと納得し、小さいR2らに驚愕しながらの作業。なんか勿体ないので墜落じゃなくふつうに作りたくなってしまいましたが、気が付けばノーズを切断。なんかXっぽくなくなってしまいました。しかも推測誤り羽を短く切り過ぎ、また足すと言った慌て者的作業。設定には無いけどいろいろジャンク屋が持ち去っているだろうと若干のハッチ開口と内部工作。至って簡単にやっております。
塗装とか汚しは切って面積小さくなったのでエライ早く終わりました。最後に来て汚しは全部やり直しという最悪の事態に陥りましたけど、なんとか時間にはセーフでした。やっぱりウェザ後は艶消しクリアでとめた方がいいのかなと。でもやり過ぎると割れるんですよね。塗膜が。

■撮影とかベースの事
マイブームの屋外撮影。今回はそれのみです。室内でも撮りたいとは思ったんですけど、ベースのネームプレートが無いので締まりがない。プリンター壊れて破棄したんですよ。以来買っておりません。どうするか検討中ではあります。なので、どうにかしたら、気が向いたら追記ででも。
で、屋外撮影なんですが、初回は悪天候。っとは行っても秋晴れの良い天気でした。実はこれがダメでしてすごくプラモデルっぽく写るんですね。ストンと影が落ちていいって言えばいいんですけども。個人的にはこの光の塩梅が一番好きなのです。

x5171122.jpgx4171122.jpgx6171122.jpg
x3171122.jpgx2171122.jpgx1171122.jpg

草なんですけど、前回のザクヘッドに使ったのは藁っぽいんですが、今回のミニネーチャーはいい感じに出来たと思います。前回のはミニネイチャーではなく他のメーカー。土はジオラマ経験薄いアタシがカンでやったわりには、いい感じの色になったかなと思います。いろいろと作ってみたいです。


x12171122.jpg
こちらはトップ画像の横バージョンです。この横系はベースとか支えてる手が映ってるので地面部分ギリギリでカットしてます。上もそれに合わせた感じでカットしています。バンダイホビーサイト投稿分はこの手の横系。サムネイル的に小さいんだよね。縦のヤツにしとかばよかったです。フォトコンテストなのでジオラマを一つと思って一押しだったんですが、一番目立たない画像となってしまいました。盲点。

Xwung6171120.jpgXwung1171120.jpgXwung7171119.jpg

こちらは初回に撮った3枚です。十数枚とったんですがこれら以外壊滅。一緒に撮ったデストロイヤーも全滅。前回も載せました。どちらかというとコチラの光塩梅の方が好みです。

■あとがき
みたいな事を書きますと。これってどのくらいの時間で出来たのでしょう?たくさん並行してやってたので解らないです。ひょっとしたら賞味2週間弱でしょうか?ジオラマは面白いです。これからも、いろいろ作って手馴れた人になりたいです。でも、がさばってしょうがないですね。困る。
スポンサーサイト

■Xウイング制作記3

結構長い事書いていたと思っていたら、まだ3回目のXウイング制作記でございます。しかも、今回が最後という.......。たくさんいろいろやってたもので時間だけ過ぎたって事ですね。そもそも、お手軽ジオラマって感じで作り始めたのでご了承くださいまし。

で、今回はそのベース部分です。

アガチス材でベース枠を作りました。持ち運び、郵送など関係ないので今回も下部のでっぱりは無しです。角なんですが、この辺に拘りがありまして、木口、つまり木材の断面が見えるとかっこ悪いので斜めにカットします。45°にカットするのが理想ですが、人の手でやるのでそうもいかず。ここは44°以下、40°ぐらいにカッターやヤスリでカットします。カンナがあれば便利かなと思います。上からみると隙が出来るんですが、ねんどがかぶるので問題はないのです。ベース木枠作りは細かく、他で書きたいと思っております。

x3171123.jpg
Xウイングを固定します。粘土はダイソーの石粉ねんどです。手持ちの粘土が切れかかり、乾燥し気味だったので買ってきたのですが、その手持ちより全然伸びがよく、手にまとわりつかずで作業しやすい。これは素晴らしい材料です。ミラコンより手軽にと粘土にしたんですが、お手軽工作にはもってこいかも!っていうよりミラコンを超えてるような気がします。5個もストックしてしまいました。

x4171123.jpg
Xウイング回りが終わったら回り全体をやっていきます。厚盛りするとヒビが入りやすく乾燥も遅くなるようです。起伏のあるジオラマの場合はスタイロを予め造形しておいて、それを薄く覆うように延ばしていったほうがよいと思います。スタイロにも食いつきがよいですし、はじめに盛ったねんどにもなじみます。水を付けるとなおよいです。

x5171123.jpg
全体盛りつけ終了。上から見ると木枠の断面が見えない、風景を切り取ったというのがアタシのジオラマの理想です。ねんどが白のが乾いてる部分です。

x7171123.jpgx6171123.jpg
表面にテクスチャーを与えます。道具は歯ブラシや刷毛など。届かないところはニードルを使いました。厳密には小石のような出っ張りでなく小さい穴の凹みって事になってしまいますが、この後の塗料の食いつきもよくなりますし、凸凹には余裕で見えます。

x8171123.jpgx9171123.jpg

こんな感じとなります。地面を凹ましたい場合は丸いペンやドライバーの尻などを使えばよいでしょう。

x11171123.jpgx10171123.jpg
塗装はウエザリングペーストを基本に使います。何色が出ておりますが、単色で塗らず、混ぜたりグラデーションをかけてた方がよりリアルになります。ウエザリングマスターも数種使っております。ほかにはピグメント。ほんとはこの辺詳しく工程入れたかったんですけど時間がありませんでした。後日、また何かで書こうかなと思います。

x13171123.jpgx12171123.jpg
さばくちほーなのですが、まっさらな砂地ではなくてゴツゴツとカサカサとした荒地です。参考画像をみると植物も多少あります。なのでミニネーチャーを植えていきます。接着剤はマットメディウムです。植えただけでは、というか貼ってるんですが(藁)それだけでは何なのでウエザリングマスターのグランドブラウンをけっこう溶剤で薄めて根本に垂らすとけっこう馴染んでくれます。

x14171123.jpg
無事、作業終了しました。


って言いたいところですが、大事件が発生しました。長い期間放置されたXウイング。カサカサな感じにしようとピグメントを使用する訳ですが。アマモのミゲル・ヒメネス師匠の記事に「ピグメントを使うときは恐れてはいけないんだ」みたいな事が書いてあり、実際、アタシも使うときホコリまみれになるのもなんだかと躊躇しながらの使用でしたが、師匠のお言葉に従い、おもっきり使ってみました。溶剤にピグメントを浸し塗りつける。そして払うっていう。これ、はじめはいい感じなんですが、時間が経過すると、ピグメントが浮き出る浮き出る........。さすがにやり過ぎと思ったのが寝ようと思った朝方、締切日ですわ。慌てて溶剤で落としていたら.........、

雨だれ、錆だれが全部消えるという!!

本来ならば、これらエナメル系の汚しは直後は溶剤で流れるのは当たり前ですが、1日2日後には溶剤に流れる事はないハズ。筆で馴染ませ忘れた塗料を後日溶剤で延ばそうとしても伸びない、落ちないのしっかり定着ってのが不通です。なのに全部ながれたという。
致し方ないので、初めより適当でございますが全てやり直しております。半分寝ている状態での作業でした。

まぁ、なんともかっこうの悪い締めで、Xウイングの制作記を終わるとします。










■Xウイング制作記2

■グラデーション塗装及び色分け

いつものようにグラデーション塗装しております。使用塗料はタミヤアクリルのライトグレーです。それをフラットのホワイト&ブラックにて7段階ぐらいやってると思います。色的にはATATと同じですが、ホワイトが強くなるよう色調しています。塗装面積はご覧のよう少ないのっで瞬時に終わります。コクピットはガラスを曇らせ、ピグメントでホコリをやるので省略です。

x13171005.jpgx14171005.jpg
適当に数か所色分けしています。赤い部分は退色を狙ってオレンジ下地にしましたけど、明るすぎてヘンですね。悪くもないけど修正します。元々はデカールでやってしまう予定でした。しかし、表面に出っ張りとかあってやりづらかったので却下です。ちなみに羽の帯には階級によってL字のラインの下に帯が付きます。偉くなると増えるようです。今回は無しのペーペーパイロットですね。若干手抜きのように思われてしまいそうですがズバリ手抜きです。

■ウエザリングマスターによるスミイレ
x15171005.jpgx17171005.jpg
ウエザリングマスターのマルチブラック&グランドブラウンにてスミイレ及びトーン落としです。認識帯は油彩でなんとかごかまそうとしまたが、ヘンな厚みが出てしまいこれも却下です。
x16171005.jpg
結局はマスキングやり直して認識帯を塗り直しました。明るめの赤を下地にしてペーパーでこすってその下地を出します。かつての20ウィーゴのやり方ですね。アクリルだと塗膜が薄くてダメかと思いましたが出来ました。

x22171005.jpgx24171005.jpgx21171005.jpg
x23171005.jpgx26171005.jpgx25171005.jpg

ベースに設置させてのウエザリング作業です。ザクヘッドの時に言いましたが、’垂れ’の方向がありますのでちゃんと設置させてから行わないとダメです。ウエザリングマスターのサンドをまぶして、AKの錆色や、ホルべインのセピア+ローアンバーで雨だれを入れます。さばくちほーですので、雨が降るのか?疑問符ですが、あったほうがらしいので入れてる事にしました。

そうそう、この時点で気が付いたのですが、後部ノズルがどう考えてももう1本必要だったので塗って足しております。テヘペロ。

x28171005.jpgx29171005.jpgx31171005.jpg
x30171005.jpgx32171005.jpg
ウインドウのマスキングも剥がしました。これにて、Xウイング本体は終了です。ベース製作後にピグメントでのウエザリングは入ると思います。

x34171005.jpg

で、この時点での先日の屋外テスト撮影画像になります。いい感じー♪

■Xウイング制作記1

■SWフォトコン
ただ今、開催中のバンダイのSWフォトコンテスト。9月の初日より投稿してるのですが、幸いにも今のところ、2作品、ピックアップの欄に乗せて頂いております。締切は今月の19日。賞狙いでやっきになっている訳ではありませんが、製作、増産する意欲というかきっかけというか。山のようなSW在庫を食い散らかしております。そんな感じで進めてますので締切はそれほど気にしておりませんが、それまでに何個作れるやら。

■キットのこと
X1171003.jpg
さて、Xウイングです。こちらは駿河屋での激安物件でした。たしか1400円だったかな。そのままAウイングみたいに作りたいって気持ちもありますが、激安物件ですので(中身は新品なので関係ないけど)クラッシュさせて気軽に遊んでみようかと思います。

x4171005.jpg
まずはキットですが、いいですね。申し分なし、昔HJ誌で四方の4本の部分を真鍮線やらピニオンギアやらを使ってのMPC社キット作例を思い出してしまいます。それが、こんな安価で手軽に買える時代になったとは。
x2171005.jpgx3171005.jpg
そして、驚きでしたのがこれ。何もここまで!(藁)初期の方での発売だったXでしたし、これ買ってもしまいっぱなしでよく見てなかったんですが、R2達まで入っている。てっきり頭部だけであろうと思ったこれです。今回は使いませんが、また遊べそうな予感。大事に保管しておきます。

■切り刻みとジオラマ仮設置
x6171005.jpgx5171005.jpg
どうでしょう?この思い切ったぶった切りよう。いくら安く手に入れたからって。(藁)まぁ、48も持ってるのでそちらはふつうにやろうと思います。墜落し、機種は地面にめり込んでいますのでその部分はカットですね。ほかお腹、左羽などもです。
x8171005.jpgx7171005.jpg
スタイロと切り込んで設置して具合をみております。大体決めたら紙粘土で仮に固定させます。

えっと、モチーフはあのバックにスターデストロイヤーがあるやつです。知ってる人は知ってると思うけど。その手前の道をレイが突っ走っておりますが、さらにその手前にXウイングが墜ちております。それです。

■クラッシュ工作
x36171005.jpgx37171005.jpgx38171005.jpg
x39171005.jpgx40171005.jpgx41171005.jpg

モチーフ参考画像はちっこくて詳細は解らないので空想を膨らませて適当に。各部、パネルが外されていたり、配線が切れていたり、ドロイドユニットが吹っ飛んでいたりとか、と多少弄っております。
え~、下の一番右は切り過ぎちゃったのでプラ板で足しております。テヘペロ。


プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する