■今月観た映画

■6月に観た映画

まもなくSWのスピンオフ、「ハン・ソロ」が公開。ビジュアル的にかっこいいし、「ローグ・ワン」がよかったので期待感満載なんですが、はやくもいい噂を聞かない状態。こりゃ、余裕でレンタルですかね。なんか、最近の映画に対する批評って厳しいものがあると思われ。と、いいつつ毒舌に近い、毎月恒例のコーナーまいります。

■ツイスター

模型のお供です。手持ちDVDです。竜巻映画です。確か公開時の頃ってCG使い始めの頃だったと思います。タンクローリーが落っこちてきたりとか凄い迫力だった。今は、もう慣れちゃってああいう衝撃って二度と味わえないのかなぁと思ったり。
竜巻っていうのは大好きなんですね。トルネードチェイサー、ストームチェイサーって職業が憧れでした。自然の驚異です。昔、アフリカで観た事あるんですが、しかも2~3本も。しかしあれはつむじ風の大きいので出来方がまったく違う別物なのです。
しかしですね、なぜか最近、米国ほどの規模じゃないですけど、日本でも発生し被害が出ています。つい昨日も滋賀の方で。こうなってしまうと、やはり他人事だったなぁと思ってしまいます。
あと、オクラホマミキサーってダンスあるじゃないですか、あれって竜巻の事なんですかね?
★★★★★

■逃亡者

模型のお供の定番です。何度目か?感想書くまでもありません。あまり、関係ないけど、公開時にパクリというか便乗と言う感じで田原俊彦主演で同タイトルのドラマやってました。これが、けっこう毎週楽しみでしたわ。今、思い出した。

★★★★★

■犬神家の一族2006

久しぶりに観ました。金田一シリーズで一番有名なのではないでしょうか。突然のリメイクの発表だった。しかも主演は石坂浩二という。なんか、今風になってしまい、テレビのスペシャルドラマみたいになってしまうんじゃないか?と全く期待してませんでした。さらに監督は市川昆という.....。このぐらいの方になってしまうと「同じ物をなんで二回作らなければならないのだ!」とか言いそうなもんですが、メガホンをとったというのが不思議。実際観てみれば、元作と全く変わらない雰囲気。石坂金田一も違和感なし。キャストも当時のままの方もおられるも、まったくガラリと変わっているのに違和感ないし、台詞回しも当時のまま。はじめて見た一作目のあの時代にタイムスリップしたようでした。

★★★★★

■ヴァン・ヘルシング

ヒュー様主演。夜中の日テレの映画天国録画分。モノクロ映像から始まり、狼男、ジキルとハイド、フランケン、モンスターデザインとか変貌するシーンとか優れた作品だと思います。しかし、なんのこっちゃよくわからんかったで。まぁ、この手の映画はどれも同じような印象だわ。
あと、映画天国って金ロの元のテーマ音楽にいつの間にか変わっていた。カントくん終了~♪

★★★☆☆


また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

スポンサーサイト

■5月に観た映画

■スターウォーズ フォースの覚醒

まぁ、次を観るための予習です。金ロ放送録画分。トータルで4回目ぐらいでしょうか?感想は以前と同様面白いです。
しかしですよ。CMカットの編集時にチャプター生成がオカシイ事になっておりまして、あの、感動の一場面、ハンソロの登場シーンが欠落しておりました。日テレ様、再度放送よろしくお願いします。

★★★★★

■スターウォーズ 最後のジェダイ

劇場にはいかず、家にてレンタル。それも遅れてやっと観ました。ちょっとツイッターTL上ではあまりよろしい事が書いてなかったので期待感がだんだん薄くなってきてしまったのも行かなかった理由の一つなんですけど。
絵的なものやメカ、キャラなどは文句なしです。しかし、なんでしょう?SWらしいポンポンと進んでいく見やすさを感じられなかったです。プラス、長い!(藁)2時間半ぐらいありましたかね。正直いいますと、途中ウトウトしてしまいました。やはり、キャリー・フィッシャーがお亡くなりなり脚本を入れ替えたりその辺が影響しているんでしょうか?でも、面白いは面白かったです。準新作になったらもう1度観ます。
一番の感想を言いますと、BB8のデカいやつを作ってみたくなりました。

★★★★★←若干星が削れます。

■ナイトミュージアム

フジテレビの昼間に3がやっておりまして録画保存。1と2は観たし、内容も基本的には覚えております。レンタルしようと思ったんですけど、お金払うまでもと思っていたらテレ東で放送。ありがたい。そこそこ面白かったです。
★★★☆☆

■ナイトミュージアム2

フジテレビの昼間に3がやっておりまして録画保存。1と2は観たし、内容も基本的には覚えております。レンタルしようと思ったんですけど、お金払うまでもと思っていたらテレ東で放送。ありがたい。そこそこ面白かったです。
★★☆☆☆

■ナイトミュージアム3

テレ東にて1・2を観られてやっと観られました。
ん~~~~~~~、なんすかね。子門真人の歌みたいに博物館の恐竜が動きだすというのは楽しいんですけどね。1はインパクトあった記憶があります。だけんども、全部おんなじような内容だったような気がする。3って話題になったんですかね。それすら記憶にないです。うつらうつらと観ておりました。
★☆☆☆☆

■猿の惑星  聖戦記

今月はレンタルでまともに観たのはこちらの二つだけ。いそがしく長い5月でした。さて、本編ですが3部作最終章。全てにおいて言える事がCG技術の凄さです。そして、姿はまったく変われど、各猿の俳優陣の演技の意味があるという事。CGのみで済ませてないといところが素晴らしく思いました。そして、3部作通してですけど、旧作をオマージュしつつも全く別の話というのがよかったと思います。一番、見入ったのはやはり1ですかね。

★★★★★

■ロストワールド

金ロ放送を途中から途中まで観て、夜中に模型作業のお供に。何回観た事でしょう。ちょっと調べたんですけど、サラ役のジュリアン・ムーアが57歳になっておりました。彼女は逃亡者で病院の医師役、チョイ役で出ております。忍びこんだキンブルを見破った医師です。このシーンがとても印象に残っております。
CG恐竜なんですけど、さすがにCGだなと。(藁)正直たまにやる近年のNHKスペシャルとか地球ドラマチックのCGの方が上です。あれからもう20年とか経っちゃってるわけで仕方ないんですけど。でも、迫力感とか十分ありますし、この時代のドキドキ、ハラハラ感とか、予期せぬ展開の面白さは今の映画には無いように思えてしかたありません。だから、何度も観たくなりますし、観てしまう訳なのだなと。

★★★★★

■ジュラシックパーク3


模型のお供です。今度金ロでやりますよ。ジュラシックワールドも。これ、シネコンが世に出てきて入り浸ってた時に観たんですね。思い返すと懐かしい。ナチョスとか買って、夜に一人で通っておりました。
CG技術も作品と共にパワーアップしまして翼竜がポイントですかね。前回のラストでちょっとはでましたけど、多分難しかったんじゃないですかね。数年前では。やはり、この3作、内容、テンポ、展開と活動写真としてとても楽しめる出来だなと思います。だから何度も観てしまう。この恐竜映画は5作6作とロッキーみたいに続いていきそうな予感ですけど、その楽しさを忘れずに製作していってほしいです。あと、アマンダっていう奥さん、顔、スタイル、髪型すべて気に入っております。調べたらこの映画の他はあんまり、活躍してないみたいですけど。

★★★★★

また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

■4月に観た映画

4月は何もレンタルせず、観たと言えどもPC内の録画分を模型作業をしながらのチラ見程度でした。友人に借りた、「心が叫びたがってるんだ」のBRも借りっぱなしででは悪いのでそのまま返却。SW新作もまだ観ておりません。

■おもひでぽろぽろ

先日お亡くなりになった高畑監督。TVで火垂るの墓をやってましてが、そちらではなく、こちら。前の感想と同じく、ジブリで一番好きな作品です。技術的にはアテレコもそうですけど、過去、小学生時代になるとふんわりとした背景、色彩になるのが素敵。田舎の風景もキレイです。終盤、おばあさんがタエコを嫁に....というシーンはいつも見入ってしまいます。
★★★★★

■平成狸合戦ぽんぽこ

ご存じ、昭和高度経済成長期、環境破壊をタヌキを使ってのお話。妖怪話とか絡めて楽しくも考えさせてくれる作品です。途中、タヌキがリアルの姿になったりしますが、これがある為、より、深く考えたくなるんじゃないでしょうかね。
★★★★★


■天空の城ラピュタ

ドーラ一家に就職したい。
★★★★★


■ガールズ&パンツァー最終章


友人と共に観賞。感想は同じ。プラッツのガルパン使用でないけど、影響されて菱形とルノーFTを買ってしまいました。次回を待つ。
★★★★★

5月に入りましたが、SWは録画分の前回のを観てからレンタルしましょうかね。

また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

■3月に観た映画

■ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編

映画ではないですけど、まずはコレ。ガルパンは録画してディスクに落としているけれど、TV版すべてが欲しい。他アニメ作品と同様、BR&DVD化する際、手直しが行われているんだ。しかし、金銭的にはつらいものがある。そんな思いの矢先にコレが発売予告だった。しかも安いから助かるね。とどのつまりダイジェスト版だ。本編では描かれなかず後にソフト化されたアンツィオ戦を同時間軸に組み込まれ、大洗の全試合部分を凝縮した2時間となっている。TV版はステレオだけど、5.1ch音声になっており迫力もあったよ。単純にダイジェスト版と言えども、製作作業は切ってつなげての簡単な物ではないらしい。新劇場版も届くのが楽しみである。
★★★★★

■ルパン三世 カリオストロの城

初期の放送(当時は水曜ロードショー)ではカットが多かった。ルパンと次元のヘンなプロレス技のあたりとか、大司教の元へヤギを抱いて変装した次元が近寄る所など。今では不動の人気の為かいつもノーカット放送。VHSで初めて観たとき今ではDVDも持ってるし、過去金ロ放送分も録画してディスクに入れてあるんだ。宮崎駿監督の携わる作品はパンダコパンダを始め、旧ルパン、ハイジ、マルコなど観てきたけれど、その素晴らしさを意識したのはこの作品だった。そして、ナウシカを劇場まで観に行く事になりいろいろ経て、今につながる。
カリオストロは、もちろん過去に何度も観ているよ。ここのところはしばらく観ていなくて、たまたま友人が来て、ツイッター上で話題になった冒頭の「フィアット後部座席の五右衛門」を確認したそのまま最後までの視聴だった。40年近くほとんどの人が気が付かない事だったけど、これは監督の’五右衛門は寡黙な人物’という演出の1部分であったのだろう。2期のTV版でも宮崎監督の可関わる話は口数が少ない。カリオストロも10個台詞があったかどうか?いつも思ってしまうけど井上さんのギャラはどんな額だったのだろう?
★★★★★

■スパイダーマン ホームカミング

正直、あまり期待せずの視聴だった。なぜなら「アメイジング~」が二つともよくなかったから。ハッキリ言って内容を覚えてないし、よっぽどでないと観ないと思う。実際、成績もまるでよくなかったらしい。最高だった初期の3部作完結からもう2回目のリブートである。これだけのドル箱スターを埋もれさせれる訳にはいかないのであろう。今回からアベンチャーズと絡ませてある。スデにアベンチャーズ上で登場してしまっているからか、「なぜ?スパイダーマン」になったのか?の部分がない。つまらなかったわけではない。展開もアクションもまぁまぁな具合。自作コスチュームデザインも面白いし映像もいい。いたずらっぽい性格のスパイダーマンらしさはいい。しかし、初期のクモらしい動かし方、爽快さはない。見習ってほしい。あと、メイおばさんがやたら若い。ベンおじさんは不在だけど彼の存在はデカいと確信した。続編は単独でいくのか?アベンジャーズシーリーズで脇役として活躍するかは今回の作品で決まるのであろう。

★★★★☆

■ダンケルク

大雑把に内容を説明すれば、撤退映画。二次大戦のダンケルク大撤退が描かれている。脱出、救出の繰り返しであった。戦争映画のドンパチを期待すると期待外れ感かもしれぬ。どちらかというと静かな感じのドキュメント的な雰囲気であった。スピットファイアを観たいと言う人にはお勧めかなと思う。全然つまらなくはないです。集中して観られた。
★★★★☆

■64-ロクヨン-

全然関係ないけどニンテンドー64ってのを思い出してしまった。地上波初にして深夜に放送、しかも2夜連続。視聴率獲れない自信があったのでしょう。豪華ゲストがずらりとこう....。犯人を追いつめていくような緊迫感があると思いきや、内輪もめの事ばかりだった。はっきりって面白く無かったです。でも、これもなぜか集中しては観られた。昭和64年........、、まぼろしの年だった。テレビは全部、朝から晩までDVDコレクションか、これと思っちゃうくらいの昭和の事ばかりだった。お陰でレンタルビデオは大盛況でした。
★★☆☆☆

■LIFE

先月のつまらなかった’ばかうけの映画’の冒頭部分が入ってたやつ。クソつまらないだろうと思って借りてきたんですど、すごく面白かった。ステーションの内外のディティールが最高です。敵が’いかにも’みたいなヤツじゃなくてちっこいのもリアリティがあってよかったです。最後のどんでん返しはよかった。こういう観客を惑わすような作品が引き込まれますね。
★★★★★

■ガールズ&パンツァー最終章

廃校(TV)、廃校(劇場版)、廃校ときたらアングリときてしまうところだったけど、そういう理由であったか。冒頭の掴みの部分は超、かっこいい。内容は正直、つまらなかったというのは言い過ぎですけど、アクションシーンは少ない印象。しかし、まだ1/6なので、まだとっかかり部分。逆を言えばこれからがすごい期待感満載。サメとの合流部分は重要。新メカもいい、模型が欲しくなる。我慢してたけどあおられちゃう感じです。一番印象に残ってしまったのが知波単の福田の髪型でした。(藁)次回が楽しみでしかたないんですけど、コレ年に2回ペースなんでしょうか?ちょっとつらいですけど、じっくりいいものを作ってもらいたいです。
あと、特装版なんですけど、コレもよかった。秋山殿の戦車講座は魅入ってしまった。プロデューサー直々のボービントン戦車博物館の訪問は見ごたえありました。戦車ずらずらで超、行きたいですけどすっごい遠いです。(藁)あと、例のかっこいいダンスも収録されております。ちょっと、残念だったのが特装版のわりにはハードカバーなし。(藁)
全6話なんだけど、各話は1時間足らず。劇場版っていうよりOVAを劇場で放映といったほうが正しいのかもしれないという印象だな。今、冷静に考えれば。しかし、音響がいいので劇場で観る価値は十分あると思います。ウチはサラウンド完備なので節約で全てBRの方に回すつもりですけど。あと5話.....。6千円ちょっと×5.......。おう!どんとこい!ジ・オリジンも次回で終わりっていうしな。
★★★★★



また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

■2月に観た映画

■ハクソー・リッジ

YouTUbeにて映像を観てとても気になっていた映画、レンタルも準新作に格下げされレンタルです。期待していたとおりとてもよかったです。二次大戦の沖縄戦が舞台の戦争映画ですが、前半は主人公が戦争に参加するまでの話。描写はとてもひどくて。これ多分テレビ放送はしないんじゃないかなと思います。別にそこだけが面白いというのではくて、戦争映画、ドラマは感動だけじゃなくて目をそむけたくなるような物をやったほうが「戦争はよくない」と考えるようになるんじゃないでしょうか?この上に実際には腐ったような匂いが強烈に放たれてるんでしょう。双方の国が薪をくべるよう兵を投入。火は高々と燃え上がり命が絶たれていく。
これは事実であり、ラストのご本人たちのお話も大事に聞いて欲しいです。
★★★★★

■ザ・マミー

読んでごとくお母さんでもなく、飲み物でなく、ミイラのお話です。えっと、確かインディ・ジョーンズのパクリロゴのハムナプトラってのが邦題であれは原題が同じマミーだったと思います。ザが付いてたか忘れましたが。冒頭や途中は面白いしビジュアルもよかったですけど、終わってみればちょっと平坦だったような気がしなくもない。ハッキリ言って古い作品であれどもミイラを扱った作品としてハムナプトラの方が全てを置いて上かなと。トム・クルーズが主演なんですね。トム・クルーズだから観てもらえるって感じもしなくもなかった。しかし、彼はもう50をとっくに過ぎてますが、全力で走ったりアクションとか現役ですね。もはや、もう大金稼いじゃって、ゆっくりと豪遊、ブクブクと肥満に.....じゃなくて、鍛えまくってるんですかねぇ。なんか、もうお金の為に俳優やってるんじゃないですね。凄いと思って観ておりました。今度、ミッション・イン・ポッシブルも観ようかなと思います。
★★★★☆

■シンデレラ

日テレ放送録画分を視聴。放送されたの一昨年です。録ってみたものの、誰でも知ってる絵本話ですし、やっとこでPC作業をしながらのかけ流し視聴でした。ところがどっこい飛雄馬は生きていた。体に染みついたお話、展開は予想も何もかもわかっている筈ですが、面白かったです。かぼちゃの馬車のデザインがよかったしその辺のVFXもよかったと思います。あと、はじめの方のお父さんが死んじゃって.....という所は絵本にありましたっけ?そしてひどい仕打ちを受けるんですけどママ母、姉妹の悪っぷりもなんか滑稽でよいです。←ドレスがダセー。(藁)シンデレラのドレスはとても奇麗でした。あと王子のスーパーもっこりも必見です!
★★★★★

■メッセージ

公開時、けっこう話題になってましたが、見事に裏切られる。クソつまらなかったです。起承転結の起と結しかない。あれは結だったのでしょうか。その結の所で爆睡。でも、あれでドンパチ始まったらいつものパターンの映画になってしまいますからコレでいいんじゃないかなとも思えたり。終始、ぶぉーんと鳴り響く音はサラウンドシステムのウーハーで襖や戸が揺れっぱなしでした。その辺の迫力はありです。数機地球に飛来した謎の物体ですけど、我がに日本の北海道でした。これ、昔だったら各国の首都だったり、有名観光地だったりするんでしょうねぇ。巻末にライフの冒頭10分が入ってましたけど、こちらがけっこう期待。でもまた裏切られそうな予感。
★☆☆☆☆

■あしたのジョー2

凄く好きなあしたのジョー、しかも2は格別です。それの劇場版。観たのは2回目です。TVKで放送やってました。ずっと昔に1ッ回きり見たんですが、ダイジェスト版ですな。なんか新作カットもあるとう話なんですけどわかりません。OPもTV版の後半のヤツという優れものです。試合はホセ戦がまるまるでカーロス戦がたぶん多少カット、地獄のような減量と朝鮮戦争の怖いくらい悲惨な描写の金龍ヒ(←漢字忘れた)はチョムチョムだけ。何故?戦う必要があったのかのハリマオ戦はクルクル回るだけ。タイガー尾崎はちょろっと。ゴロマキ権藤なんて、誰だ?コヤツはみたいな。以上、本編見て無ければわからないですね。見てるから観られるようなものです。まぁ、あれだけの内容を2時間の枠に押しこめるのは無理がありますけど。テレ玉でTV本編の放送を期待しております。
★★★☆☆

■ガールズ&パンツァー劇場版

PC内TV放送分。模型のお供で視聴。何度観た事か。ついにはチラ見で肝心なところは目視。ほぼラジオ状態です。(藁)でですね。PCで視聴の割には音声がとてもよかったです。PCと全然関係ない所から音が聴こえたりするのですよ。BRを2本も予約してあるので発売が楽しみです。
★★★★☆

■シン・ゴジラ

同じく、模型のお供でPC内録画分です。それと総理を演じた大杉 漣さんの追悼も兼ねてです。この方、全然売れなくて、「もう、田舎に帰って他の事しようかなぁ」ってところで北野作品のオーディションに合格したらしいです。しかも、失礼しますとドアを開けてスグ「もう、帰っていいよ」で、合格。そんな話をしてた矢先でした。個人的には草彅 剛主演のドラマ「銭の戦争」「嘘の戦争」の時の役がとても好きでした。先日放送のぐるナイは放送9日前の収録だったそうです。これから先、いろんな映画、ドラマ、バラエティとまだまだ活躍していくべき人だったのでとても残念です。あまり信じたくないのですが、お悔やみを申し上げます。

★★★★★

■美女と野獣

最近の実写版の方です。アニメの方を観たのはもう何年前でしょう?上映してレンタルが出てスグに借りた記憶ですから、はるか昔です。以来、観た事はありませんでした。とてもよかった記憶です。大体のストーリーは把握しておりました。先日のシンデレラもよかったですが、こちらのVFXはほとんどですから断然上という事になります。さらに、各キャラクターが姿を変えられる前とトレースしてあって凄くよかったです。これはEDの所でよく確認できます。ビーストも近年ならでは仕上がり。吠える様子や優しい表情も素敵です。
いつもの毒舌を申し増せば、ネタバレも何もハッピーエンドなのでございますが、この映画「人は姿カタチじゃなく、中身である」みたいなところがございますが、最後、呪いが解けてイケメン王子に戻ったエマ・ワトソンの表情の嬉しそうな事よ。結局、そっちもかよ!みたいな。光に包まれてグルグル回って呪いの解けた姿が猫ひろしみたいのだったらどうなんでしょうねぇ。ニャー。(藁)

★★★★★

また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する