■今月観た映画

■10月に見た映画

今月は新作アニメの選別、あとは海外ドラマを少ないです。あと、SWの模型をわんさか作ってますし。

■マスク

手持ちDVDです。模型のお供です。こちらも何度観た事やら。もう何年前?だって劇場の紹介は日テレのスーパージョッキーで観たと思います。水野晴男のやつです。何度観ても爽快です。悪役何だか正義なんだかわからない。悪役も警察もツイ乗せられてしまう。CGアニメのそれらしい動きとか表現も素晴らしいですし、ジム・キャリーの豊かな表情が素晴らしいですね。劇中の音楽もスキ。前にレンタルしてきて録音してよく聞いてました。が、MDですので機械もディスクもどっかにいっちゃいました。レンタルも置いてない。中古CD買うしかないですね。キューバン・ビートなんて最高です。90年代の大ヒット作の一つだと思います。ほんと90年代の映画って元気があったなと思います。で!これだけの作品ですから’マスク2’は大大大の大期待でした!が!「これは無いものとしよう.......。」実際、その年のラジー賞に選ばれたそうです。前作がよかっただけにそのギャップは物凄かったんじゃないでしょうか?(苦藁)
★★★★★

■怪盗グルーの月泥棒

BRレンタルして、デッキにかけるとほぼ必ずでてくる黄色いヤツ。気になっておりました。TVで放送を録画視聴。なるほど、これか。この手の作品は例によってピクサー以外はあんまり....なんですが、けっこう最後まで集中して観られました。大人と子供が一緒になって観られる作品ですね。初め悪い人がいい人になるって、とてもよく感じまして、スゲーいい人に思えますが、はじめ、凄くまじめとか人柄がいい人がなんかやらかしちゃうと、スゲー悪人になったような気がしません?同等の悪い事したとしても。(藁)他、作品もあと二つ録画してあるんですが、あとでまた観ようと思います。よほど人気があって随分作られてるんですね。にしても、なんで関西弁なん?鶴瓶さんがとてもよかったですけど。(藁)
★★★★☆

■猿の惑星:新世紀

今、劇場で3作目がやってますね。1作目の「創世記」がとても面白かったんですが、2作目を観るの忘れてました。やはりとてもよかったです。これ、猿なんですが、単にCGアニメじゃなくて役者がモーションキャプチャーで演じておりますので、動きや表情に迫力っていうかコミュニケーションをちゃんととってる感じが受け取れまして、凄く感情移入できるんですね。役者も顔が隠れちゃうんでやる意味あるのか?って思われちゃいそうですけど、やる意味全然!ありますね。こういったCG技術の進化って凄いです。猿にしか見えないんだもの。プラス迫力。ストーリーなんですけど、前作とひっくるめての事ですが、以前やったリメイク版、続きそうで続かなかったやつ。これもよかったんですが、今回、「惑星」と名前がついておっても、宇宙とかそういうの無視でしてサンフランシスコのみって随分と思いきった変更で、これがまたいい感じだと思います。リメイクはこれで2回目ですけど、同じことをなんどもなぞってもあまり意味なさそうですし。あと、人間ってネズミ→猿→って進化して、その枝分かれでほど近いチンパンジーとかいらっしゃいますが、これから先途方もない時間を経たら人間みたいに進化すると思いきや、ならないそうです。興味があるのは、ネアンデルタールだのアウストラピテクスだのって頃、様々な人間っていたって事ですかね。話脱線しました。今劇場でやってるのはBRレンタルで観ようと思います。あとアメリカの大統領、シーザーに変えた方がいいかなと。
★★★★★

■劇場版ガールズ&パンツァー

手持ちBR、けっこう久しぶりに視聴。音声特典でヘッドフォンサラウンドっていうのがありまして、それを初めて使いました。迫力はありますけどね。さすがにウーハーってものがないと低音は腹に響きません。間もなくの最終章が気になる所ですが、1話何分なんだろう?まさか30分じゃないでしょうね。30分で1300円とか?その辺がホントに気になる所です。全話劇場で一通りみて6000円とか?リピーターが多いから味をしめたとか?場合によっては劇場にはいかずにBRにつぎ込もうかと思います。
えっと、感想ですけど、前と同じ。現段階ではローズヒップとミッコ推しです。ごめんあっさっせ。
★★★★★

■機動戦士ガンダム THE ORIGIN I  青い瞳のキャスバル

映画ではないんですけど、劇場でも公開してるのでよしとします。次回作、発売も間もないですので、そろそろおさらいを始めようかと思いまして。やっぱり、あれですね。初めアニメ化は反対でしたけど、最高でございます。リデザインされたMS,プラモデルもかっこいいし、今後のリリースが楽しみですね。タンク以外は全然買ってないんですがザクが欲しいです。友人も気が付きましたが、ラルってこの時代の装甲車から青がパーソナルカラーだったんですねぇ。あとローゼルシアのおつきのばーさんが、キャスバルとアルテイシアをガンタンクにかっさらわれて、事態にビビっておしっこ漏らしてたのは今回気が付きました。
★★★★★


■ウォーキングデッド

ちょっと映画じゃないんですけど海外ドラマのウォーキングデッドの事を少々。シーズン7の前半まで視聴しました。最近、日テレでhulu誘導放送でにシーズン1をやっておりまして、それも視聴。こんだけ長期に渡る作品ですからシーズン1を観返すと役者が若い!グレンなんて少年じゃないか。しかもピザの宅配やってた。(藁)
そんなシーズン1ですが、話数が少ないんですね。これ、つまりお試し製作でして、実際このラストで全員爆死して終わりって設定があったらしく、人気が出てきたら続編を!で、現在に至る。ですから、今後のシーズン2~8に比べてVFXシーンが少なかったり迫力不足な感じも受け取れます。ですから、1を観て「なんだ、そうでもないじゃないか」と観るのをやめてしまう人も多くはないけど少なくもないかもしれません。ウォーカー(ゾンビ)を刺したり、ぶった切ったりして血しぶき飛んでるシーンとか「一体、どうやって撮影しているのだろう?と思ってたら、CGなんですよ。こういった細かな部分を手間をかけて作ると全体に迫力がでますし、見応えがアップするんですねぇ。
ゾンビというとアメリカが生んだ、これまでの「ドラキュラ、フランケン、狼男などなど」に並ぶモンスターです。死んだ人がよみがえるうという。このドラマではそういった作品とか概念が無い世界です。そこからのスタートです。なので「ゾンビ」という単語がでてきません。本編の主体ではウォーカーがいるんですけど、単なるゾンビ作品じゃないんですね。人間ドラマとして仕上がっておりましてゾンビは素材でしかないです。これ、思ったんですが、人間社会の崩壊がテーマであり、そこを描きたいんじゃないでしょうか?例えば、今、ミサイルが核がと騒がれてますが、三次大戦(なかなかありえそうもないですが)が起こったら、マジで抑止で話が通っている核ミサイルを各国打ちまくってら、もはや、政府や軍なぞ指揮系統が崩壊し、国が国として成り立たず、法も経済も教育もなにも関係なくなってしまうんじゃないでしょうか?無秩序な世界です。ホーキンス博士曰く4次大戦の武器は石オノとかこんぼう.....、これあってるような気がします。

■フィアー・ザ・ウォーキング・デッド

スピンオフ作品です。これの2の前半を借りまして、ですから先日の映画はお猿さんレンタル枚数1枚でしたのです。人気作品でありありますからこのようなスピンオフまで製作されちゃう訳です。個人的には凄く楽しみにしてた割りには本作のようなのめり込み度数は低いです。やっぱり予算も差があるでしょうし、迫力もなければ、人物と人物の会話部分が多く、そればかりのような気がしないでもなくもない。展開もスローモー。とは、いえコレ、本編には描かれなかったウォーカーの発祥部分が描かれていて、ファンには必見な作品だと思います。しかも、噂によるとついには本編と交差するお話が出てくるそうですよ。後半は安くなったらゆっくりとレンタルしてみようかなと思います。


また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

スポンサーサイト

■9月に観た映画

■サマーウォーズ

金ロ録画分。とりあえず神木龍之介の「よろしくお願いしまーす!」のエンターキープレゼントってのはウケました。サマーウォーズの冒頭のOZの世界観の解説やキングカズマの戦いっぷりとか、夏希たちのやり取りとか観客の掴み方ってのは何度観てもすごいと思いました。襟首掴んでグイっと引き寄せるようなね。あと、どこかで書いたと思いますけど、細田監督って集団の描き方がすごく良いです。ラストの方はじわっときますね、何度観ても。そんな素晴らしいサマーウォーズなんですが、金ロはいつもカット放送ですねぇ。検事が誤認逮捕される訳ですが、その時「みんなとご飯食べたり、花札やったり」って花札やってないし。ホントは放送知っていてもBRレンタルして観ようかなぁって思ってたんですけど。細田作品は全部BR欲しいです。

★★★★★

■心の旅

サタシネ枠で視聴。主演ハリソン・フォード。彼の主演映画は名前が変わっても全てハリソン・フォード。とくに文句はありませんけど。でも、これはハリソン・フォードじゃなく見えてしまう。その為か、声優もいつもと違っていた。記憶を無くしてしまうと人間、素に戻ってしまうのではないか?生まれてからの人生の環境によって性格ってあとからついてくるものなのではないでしょうか?って考えてしまった。四半世紀ぶり観たと思う。当時はすごく感動した記憶。今回もとてもよかったです。
★★★★★

■王立宇宙軍 オネアミスの翼

今、第三スチラドゥに手をつけてるので参考にとレンタル。そう!BRを買うか買わないか?考えていたんですけど、ツタヤにはDVDとともにございませんでしたが、ゲオにはなんと!BRレンタルまでございました。前に観たのって何年前だろう?DVDで観たのだから2000年前後でしょうか?何度観ても、凄いと思う。カットの一つ一つが作品であり、手抜きが一切ない感じ。リアルを求めるなら実写の方が手っ取り早いんですけど、「描くから人は観てくれる」それがアニメーションである。あぁ、あと最近気が付いたっていうか知ったというか、音楽、坂本龍一ですけど、本人の映画音楽を集めたCDには「国防総省」しか入ってなくて、サントラはあれですかね。OPのチャチャンーチャンチャーチャチャンー♪だけ提供して他の作曲家が肉付けしたものなんですかね?詳しくはわかりませんが。そのOPとEDの大西さんのイラストは好きでした。ぴあの挿絵の頃からファンなんですよ。
BR化についてなんですが、音を新たになおしたようですけど、確かにいいとは思いますけど、単にモノが床に落ちるだけなのにハデな音がするってのはいかがなもんでしょう?(藁)
さんざん、褒めた所で締めですが、BR買わずにレンタル100円ですんでよかったと思います。また観る時はレンタルで。
★★★★★

■ピクセル

日テレ金ロ録画。1970年中盤から町に出始めたアーケードゲーム。いわゆるゲーセン。当時はゲーセンとは言わないし、ゲームセンターとまでわざわざ言わなかった記憶です。駄菓子屋からスーパーの前など至るところにありました。アタシ的には「嫌な物が流行り始めた」と思ってました。なんでってヘタですから。ドンキーコングとクレイジークライマーはテッペンまで行った事ありませんし、パックマンは2面の初めで食われて終わりです。友達連中が夢中になり始め、そこから離脱して他の友達と缶ケリやってた方がずっと楽しかったです。あと、あれすね。カツアゲ(死後)なんでまた、中学生が小学生からお金を巻き上げるんでしょう?被害にあった事はありませんが、不良のたまり場でした。今、考えるとツッパッて(これも死語)ゲームで遊ぶ♪ってなんなのか?(藁)
あぁ、映画の話でしたね。A級なのか?B級なのか?大人向けなのか?子供向けなのか?よく解らない作品でした。これ、あれですね。映画館での3D向けの作品ですね。ですからテレビだと内容がのめり込むようなものでないですから、なんとなくの視聴でした。かといい、1000円以上支払って映像だけを楽しむってのもなんだか。もう二度と観る事は無いと思います。
★☆☆☆☆

■僕だけがいない街

フジ放送分録画視聴。アニメを実写化したというパターン。その場合、ほとんど期待してないのですが、アニメの方は1話ぐらいしか観てないんですな。あまりにアニメ放送が多くてイヤになっちゃってる感がございまして、そんな気分で観てるもんですから頭に今一つ入らず削除しちゃったというケースです。映画の方ですけど、まぁ、アニメに沿って演じてるなという雰囲気漂ってましたが、見入っておりました。最悪だったのがアニメ放送時、たまたまチャンネル回したら、誰が犯人なのか?っていう重大なシーンでして、自らネタバレスポットにダイブしてしまいました。なので、犯人しってでの視聴。漫画のセリフは心に残るものがありました。ラストは藤原竜也の名演技ですね。先日、コンテスト3つも落ちた時、お店でやればよかったです。

★★★★★


■逃亡者

手持ちDVD視聴。模型作業のお供に視聴です。作業中PC画面に資料を広げて置くもので電源入れっぱなしってのは何なので普段はTVでニュースとか録画とか観ております。何も見る物無くなったので垂れ流し。とは言っても、この映画、大好きでして。キンブルとジェラードの追いつ追われつの緊迫感、BGMとか凄く良いです。もう4半世紀前の映画ですが、10回は軽く観てるんじゃないでしょうか?
★★★★★


■追跡者

続いてこちらも視聴。ジェラード警部スピンオフ作品です。前作の逃亡者でトミー・リー・ジョーンズという名前は超有名になりました。その後、MIBシリーズ、そして、今では日本で缶コーヒーの宇宙人として定着しております。この90年代の「実は仲間だと思っていたヤツが犯人シリーズ」は最高ですね。ラストはパトカーのサイレンで締めくくるという。
★★★★★

■エアフォース・ワン

模型のお供はまだ続きます。こちらも、大好きな作品です。ハリソン・フォードが大統領です。テロ役のジェットを操縦してる人はピーター・パーカーのアパートの大家です。アメリカにとっても超理想の大統領像じゃないでしょうか?国家機密であるエア・フォースワンは内部撮影は不可で、飛行機の内装は取材したお話から想像したものらしいです。プラモデルも出てるので作ってみたいですねぇ。ジオラマとか。
★★★★★

■交渉人

模型のお供。手持ちDVDです。これも、「味方が敵だったパターン」ですね。ネゴシエーター・交渉人というお仕事を世の中に広めた作品でした。サミュエル・L・ジャクソンはぜんぜん年をとらない説みたいのが流れてたりしますが、久々にみたら若いと感じました。なんかウィル・スミスを見てるようでしたよ。この頃って、SF、VFXモノはけっこう下火で警察ものが人気でしたねぇ。スピードとか。
★★★★★

■天空の城ラピュタ

地デジ地上波を録画したのがBRデスクにも入ってるし、PCもの入ってるし、DVDも持ってるし。今回、金ロを珍しくリアルタイムで視聴。冒頭と途中、家族に侵入されたので観てない部分がありますけど。宮崎駿作品で手に汗握るという作品はコレっきりじゃないでしょうか?途中切れ目なく最後までぶっとおしで、瞬きせずにってのは言い過ぎですが。初めて観たのは公開直後レンタルVHSで観ましたが、ほんと最初から最後まで夢中で観た映画でした。やはり、シータが思い出し、つぶやいた呪文により復活したロボット兵。王女を必死で守ろうとするシーン。ちょっと戻って呪文の意味の「我を助けよ」を思い返すとロボットの取った行動は愛おしく、とてもせつないです。
★★★★★

■E.T.

手持ちDVD,模型のお供です。これ、まったくテレビでやらないですね。放映権高いんでしょうか?もう忘れ去られてるんですようか?公開時は今では考えられない程、映画館は大盛況、社会現象まで発展しました。立ち見でばっこんばっこん後ろの入り口が上映中に開いたり、通路に新聞紙引かれて座れと言われ、子連れのお母さん「なんでお金払って床で観なきゃならないよ!」って怒ってました。ちなみにアタシは2回観に行きました。「宇宙人いるか?」の話は置いておきまして、憧れたのは当時のアメリカの話です。宅配ピザはコレで初めて知りまして、宅配以前にピザって甘いものかと思ってましたっ!(藁)
あと、舞台である新興住宅地です。なだらかな傾斜地にお庭は広く、平べったい広い家。ちょっと、街を外れればE.T.のいた高い針葉樹の森が広がっているとう。うちの近所jじゃ狭いし、森って言ったって雑木林ぐらいですから。ほんと憧れの街でした。
調べて観たら、コレ、ロスの北側の方でして、冒頭E.T.が眺める夜景はロスの街を北側からなんですね。そして、住宅地が気になってグーグルアースで調べてみましたら、やはりございまして、更地の多かった街は家が沢山、立ち並び、木々も高く成長しておりました。さすがに、35年くらい経つとそうなるわな。

また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

■8月に観た映画

■アベンジャーズ

やっと観ましたよ。迫力ありそうなんでレンタルBRにしょうと思ったけど節約で金ロ録画分。大人気マーベル大集合ムービーです。日本で言うとウルトラ兄弟大集合っていうか、東映まんがまつりを思い出してしまうんですが。カッコいいはカッコいいんですがあまりのめり込めるほどの物ではないかなと。マイティー・ソーをようやく観たのでやっと観られた訳なんですが、アイアンマンとかキャプテンアメリカは現実に近いような内容に対して、マイティ・ソーはどっちかって言うと非現実的な内容なんで一緒にするのはどうかな?って感じがしました。そのマイティ・ソーの内容が主軸になっていたのでなお更でした。ちなみにアローズは日テレ海外ドラマで数話観ましたけどあまりなじめなかったので観ませんでした。
★★★☆☆

■キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

2ですね。これ、レンタルしたいと思ってたんですが、どうやら時間軸的に上のアベンジャーズの次らしくて棚に戻してました。しっかし、この系の映画ってのは劇場公開、レンタル解禁とリアルタイムで観ないとついていけないっていうか、どれがどれやら!?(苦藁)キャプテンアメリカは中で一番好きなキャラなんです。1の方は当然観たんですが、痩せた貧相な体から強靭な肉体へと、VFXが凄かったり、コスチュームが大戦時の素材に拘りつつカッコよかったり、アメコミのコスチュームとか洒落が効いてたりと...。思った以上、数倍の面白さでした。え?今回ですか?なんでもですがハリウッド映画は「’2’って言うのはつまらない」それが定説です。
★★★☆☆


■心が叫びたがっているんだ

こちらもようやく観ました。かなりの話題作でしたが、レンタルではBRは無いんだもの。DVD画質ではなくBRで観たいってのがあって躊躇したまま時が流れ、実写版公開に合わせてフジにて放送。これは嬉しかったです。どんな内容なのかと思ってましたが、けっこう見入る内容でした。深くは語らないですけど。劇中の歌がすごくよかったです~。あと、ご存じのとおり、あの花と同じく、埼玉の秩父が舞台なんですけど、聖地巡礼で再び行ってみたいです。ぜひ、お城を見つけたいですっ!
★★★★★

■君の名は。

こちらも!ようやく観ました!!(劇場行けよ!って話ですね)超ロングラン!テレビ、ネットではこの話題ばっかりでしたね。ローグワンをIMAXでみようとした予定日、その日に限って君の名はと特別に「入れ替わってる!?!?」でして、激怒したのを覚えてます。ちなみにローグワンは近所のTHXで。(藁)それほど、大騒ぎした作品であったなー!と思いました。初めはですね、ハイクオリティなSF学園ラブコメディなぐらいしか思ってなかったんです。やっぱり、映画は、このような「え.....?」って心を締め付けられるような展開が欲しいですね。良い作品っていうのは、どんな苦境が待っていようがその世界の人間になりたいって思います。連続でその日に2回観たってのはウン10年前、ロボコップを観て以来です。
★★★★★

■ジュラシックパーク

金ロ放送を飛び飛び、要所要所視聴程度です。DVD持ってますし、模型製作時PC小画面で何度も観てますので。いや、本編は最高に面白いですよ。でも、さすがに時代は時代でもう公開から、25年ぐらい前になっちゃうんでしょうか?だって観たのは今は無き大宮ハタプラザのケツが痛くなるあの椅子で観たんですから。あのブロントサウルスが立ち上がって木の葉をむしり取りむさぼるシーンは全世界の観客、映画関係者に衝撃を与えたでしょう。今となっては、恐竜のCG映像に夢中になってるおじさんにしか見えないっての言うツイートには笑えましたが、産業革命ぐらいの出来事だったんです。でもですね、実はCG部分は全体のほんの数割でアニマトロニクスが凄いんです。あとスピルバーグならではのハラハラな展開が素晴らしいですね。でも、ほんとあれから四半世紀、CG技術も上がってりゃーの、あの逃げ回ってた姉弟、もうゆうに30超えとるで。
★★★★★


■デイ・アフター・トゥモロー

公開時、「え?まだ観てないの?見た方がいい!」って言われた映画。えっと2回目ですね。超話題人気作だった映画も時は流れ午後のロードショー枠へ。(藁)異常気象、大規模な気候変動という内容ですね。昔はですね、米国って車の排気ガスとかでオゾン層がとか温暖化だとかって国民が都市伝説だと思ってた人が多かったそうです。って聞いてます。まぁ、今でも?温暖化なんて人間のせいでもなくて自然に、地球の周期的に起こっている現象っていう説もありますけど。米国はなんて言ったって自動車天国、油をわんさか燃やしてなんぼという社会です。アル・ゴアの映画が作られてあたりじゃないですかね。やっと騒ぎだしたのは、多分。あんな、突然バリン!っと凍っちゃうってのはSF的ですが、ロシアかどこかで凍ったマンモスが口に咀嚼した状態のエサが残ってたってのを聞くとあるのかなって思っちゃいます。え?映画ですか?ラストは結論もなくブツ!!と音を立てて終わります。
★☆☆☆☆

■ジョーズ4 復讐編

テレ東午後ロー。ついに観る時がきました。原題はジョーズリベンジなんだそうです。主役はロイ・シャイダーの奥さん。復讐ってサメが復讐するんだか人間が復讐するんだかと思ってたら人間側でした。息子が食われて母が復讐。旦那は?サメに喰われたんじゃなくてサメに息子が食われ、心臓発作で死亡というなんとも1とか2の素晴らしいデキをぶち壊すような死にっぷり。そんな旦那さんですが時たま写真や過去作映像がチープに食い込んできます。なんかアレっすね。ギャラの話が合わなかったような設定っすね。(藁)あと、サメなんですが、1なんてあの当時の技術で本物にしか見えないシーンとかあったりするんですが、発砲ウレタンの固まりの作りものを人間が押してる!?みたいな。(藁)そして、最後の見せ場のサメをぶっ殺すシーンですが、あれならアタシでもできそうな感じっすね。
★☆☆☆☆(笑い的に観るなら★5つです)

また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

■7月に観た映画

夕べ更新するの忘れてました。
今月も少ないです。映画に費やす時間を積みアニメなど録画したものの消化に充ててました。あとは模型やってましたね。

■キングコング

珍しく、新作を借りてきました。上映時けっこう話題になってましたね。そのとおりでけっこう迫力満載で面白かったです。キングコングってけっこう最近、リメイクされましたよねぇ....。けっこう忘れられているような気がする。それは日テレの深夜にやってましたね。こちらも録画してますが、長くて2週に分割されてます。なのにまたリメイク.....。って思いながらも観ておりまして次回製作を匂わせるようなエンディング、そしてエンドロール。やれ観終わったと思ったら、これはそっちの方の繋がるんですか!!期待だし、本編が余計面白くなってしまいました。
★★★★★

■スターウォーズエピソード4~6

観たっていようよりAウイングとかスノースピーダーを製作するにあたっての資料的に。とびっとびです。(藁)でも1部分とかラストとかけっこう見入ってしまいました。テレビ放送分を録画したものですが、4~6エピソードまるまる1枚のディスクに入ってしまうっていうのはなんか便利すね。でも、さいきんYOUTUBEばっかり見てるんですが、SW旧作のHD映像。古いは古いんですけど凄く奇麗ですね。どっちでもいいと思ってたんですがBR欲しくなってしまいました。3枚セットでこの値段は安い。
あと、SWって劇場公開からVHS、DVD、BRと何度も販売されてますけど、それに伴いCG、VFX技術の進歩ととも加筆修正されてるんですね。大まかな所はもちろん知ってましたが、こんなとこもってのもあって面白いです。その辺はYOUTUBEで探せば見られます。
★★★★★

■スターウォーズエピソード1~3

同上。
★★★★★


■劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

’ここさけ’実写映画記念的に深夜にTV版のダイジェスト版放送、そしてGYAOにて劇場版が配信されてました。TV版は5回ぐらい観てるんですが、劇場版は今頃になってみました。この手の人気アニメの劇場版の場合って人気にあやかって、もう一稼ぎ的なダイジェスト版放映ってありますよね。「誰々から見た何々」みたいな。(藁)ああいうの嫌いですし、レンタルはDVDしかないし、見た人に聞けばダイジェスト版みたいなものっていうじゃないですか?「じゃあ、いいか」と放置。
で、実際観てみたんですけど、幼少の’おさげめんま’から始まり、ちょっと成長しているじんたん、仲間たち。TV版のその後のお話です。かなり追加されてるじゃないですか!というより今回の映画内容の中で過去(TV放送分)を振り返ると言っても過言じゃないような。いいまとまり方をしてたと思います。これだったらBR買っちゃっていても損はなかったなと思います。
★★★★★

8月は先日やってた「ここ叫け」、「君の名は」ほか「サマーウォーズ」細田、全作品なんて観たいですね。

また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。


■6月に観た映画

今月はいろいろあったので少ないですねぇ。あと今月観ていて思った事です。

昔、近所にマイカルが出来て(現在はイオンシネマだけど)映画館というものに革命が起こりました。昔のベンチみたいな椅子じゃなくてソファーみたいな椅子。食べ物も飲み物も充実。なによりアメリカ文化がまた一つやってきた!って感覚でした。一時ハマってしまい毎月のように通ってました。しかし、今考えれば劇場で1000円以上も支払って観る価値じゃなかったものも観てたような。(苦藁)また、当時はDVDをレンタルじゃなくてお店でホイホイと買っておりました。

昨年からテレビ、BR、サラウンドのセットを購入し、ブログでこのコーナーを立ち上げて依頼、けっこうな数の作品を観ておりますがやはり映画って劇場に行かなくてレンタルで十分かなと。もちろん、劇場で観てよかったなと思うものもありますが、その逆に「行かなくてよかったっ!」ってのがけっこうありますね。

劇場に赴くっていくよさってのはありますが、一回で10回分ぐらいレンタルできるお金がかかる。アタシはもっぱら旧作100円レンタル、テレビ放送録画を楽しもうと思います。

■帰ってきたヒットラー

コメディ映画と思いきや、ドキュメントに近い作品でした。突如ヒトラーが現代に現れた。その彼を通して現ドイツの問題を、国民の声を!.....、といった内容。ドイツ映画でありドイツの国内の問題ですからあまり面白くないっていうか関係ないです。という印象。でも、ヒトラーってあの感じの人ならば、元はそんな悪い人じゃなかったんじゃないかと。ドイツを守りたいが一身に頑張って、頑張ってあらぬ方向に行ってしまったような。そんな事を考えてました。あと、日本語の方が観やすいと思います。
★★☆☆☆


■インデペンスデイリサージェンス

前作から20年を経ての続編です。会社で干されてた時期がありまして、出社してもやる事がない。タイムカード押してなので大宮で映画三昧だった頃を思い仕出します。それが「インデペンスデイ」その続編です。あれから20年も経ったんだなぁとしみじみ。内容ですが、アマゾンではボロクソ書いてあります。前回のファンは多いですが、今回も似たような感じですかねぇ。個人的には宇宙人側の技術を取り組んだ武器、特に戦闘機がかっこよかったですね。ちなみにちょうど旧作をテレビ放送。連続して観てやろうと思ったけど時間がありませんでした。関係ないですけど、そのアタシを干した会社社長自宅にICBMを5~6発撃ちこんでやりたいなぁと思ってます。
★★☆☆☆

■マイノリティ・リポート

DVD持ってます。模型作業中に何度も観ましたね。10回ぐらい観てるんじゃないかと。フジでの放送分を録画して視聴。タイトルが出なかったような記憶。海外ドラマはあまりにつまらないので座礁。なのでお口直しに観たんですが、やはりいいですね。(飽きた感もあるけど)レクサスの赤いやつ、アオシマかフジミで作ってください。ぜひ。
★★★★★


■聲の形

めずらしく蔦屋でBRがレンタルしてました。本数少なくて待っているといつになるかわからないので、ちょっと高いけど安くない日にレンタル。イジメと聴覚障害を取り扱った作品です。これを観て、感動したとか可哀そうだとか思うんでしょう。こういった作品を見て泣く。または泣きたい為に観る。感動、感情移入して涙を流すのは気持ちがいいものです。しかし、イジメられたり、ましては障害のある人は人を感動させる為にそうしてるわけではないでしょう?結局、観終わって何かアクションを起こすわけでもない。感動したり涙するのは一時だけ。泣きたい、感動したい、あるいは観客にそうさせたいという考えは、例えば津波が来て溺れている人を安全な丘の上から眺めてる人のする事なんじゃないでしょうか?京アニ史上最悪最低の作品だと思いました。
☆☆☆☆☆


また次回にご期待ください。それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する