■1/35フンクワーゲン

■Sd.Kfz.223


■模型クラブの思い出
あれは小学3年生の時でした。模型クラブに所属。初めて模型に色を塗るという経験をしました。そして初めて模型専門店という所に行きました。難しそうのキットたち、レジ後ろにずらりと並んだタミヤエナメルの塗料。ショーケースに飾られたジオラマ。わくわくっていうより怖くなってやめよっかなって思った記憶は忘れらないです。その時手にしたのがこのタミヤのフンクワーゲンです。なんかカタチが面白いので選びました。クラブの時間、いばったイヤな上級生のいる中で製作。なんですかね。なんで子供って1歳2歳早く生まれたからって威張るんでしょうね。この頃から先輩後輩って自然発生的なシステムは嫌いなんです。
そして、組立。これも初めて使うタミヤの白瓶の接着で組み立て。窓は逆さに貼り付け剥がせない。タイヤはエナメルの艶ありのブラック筆塗り、はみだし。正直、その時間枠は面白いとは思いませんでした。むしろ苦痛。しかし、模型を作るということはとても楽しい。新しい世界だったという事は明確でした。
あれから、ウン十年。同じく模型専門店であるイエサブ本店て箱を手にしていました。リベンジです。

kfz2233170531.jpgkfz2232170531.jpg
kfz2234170531.jpgkfz2231170531.jpg
■製作
その頃からある訳ですから、当然古いキットです。しかし、ヘンな部分は特になし。リニューアルって事で付いてるエッチング製の網のハッチはよいです。さいきん、やっと気が付いたんですが、アタシって拘りすぎていたらしい。どうも実物の画像を見ちゃいと「ここがちがう、ここが甘い」とか。それって1/6スケールとかでやるような事で、そんな事やってるから終わらないんです。ですので、そこそこのディティールアップです。でも、この系のキットって薄い所は薄く、実物と正確にカタチをトレースしてなくてもそれらしいものを追加してやればそれなりに見えるんじゃないか?と思います。下廻りなんて見なければいい事ですし。ちなみに過去に友人の頼まれたくろがねがそうです。ほぼ大破。買い直す予定です。あぁ、細かい部分は制作記をごらんください。
kfz2235170531.jpgkfz2236170531.jpgkfz2237170531.jpg

kfz22310170531.jpgkfz2239170531.jpg
kfz2238170531.jpgkfz22311170531.jpg
■塗装
アーマーモデリングにてミゲル・ヒメネス氏に出会ってからスデに7年が経過しておりました。(そんなに経ったっけ?って感じ)MSやマシーネンで真似事はしてましたけど、戦車系やりたいやりたいと言いつつ時は流れました。カラーモジュレーションですが、ちょっとやりようがないのでそれらしき事はやってます。タミヤアクリルのダークイエローを基準にブラックやホワイトで明暗つけて段階的にグラデーションって感じです。

■詳細画像
kfz22342170531.jpgkfz22343170531.jpgkfz22344170531.jpg
kfz22345170531.jpgkfz22346170531.jpgkfz22347170531.jpg

■あとがき
フンクワーゲンってカタチ的ユーモラスでかわいい形です。それに模型的にも他戦車より小さい。でもレプリカとかの実車を見るとやっぱりデカいです。ズシリと重そうです。サイとかトリケラトプスみたいですね。作ってる途中でとても好きになってしまいました。
知ってる人は多いと思いますがタミヤでこれを含めて3兄弟がリリースされてるんですね。ちょっと前のアタシなら迷わず前部、買ってると思います。でもねぇ。ダメですね、そういう買い方は、グッとこらえて我慢です。ある程度、在庫が減ってから買って再び作りたいと思います。それまでお店に残ってますよーに。
スポンサーサイト

■1/35フンクワーゲン制作記19

今回で19回。そしてリーと同時進行でしたが2か月ぐらい経過してしまいました。最後の制作記です。

■フィルタリング
hw29170527.jpg
クレオスのMrウエザリングのマルチブラック+グランドブラウンでトーンを落とします。そして、ドッティングと行きたいところですが今後やめる事にしました。実物ではちゃんと見えるんですが手持ちのデジカメを通してみるとさんざんの絵ヅラになってしまうので。点々と置いた油彩を溶剤で引き伸ばす.....、撮影して見れば、なぜか点々。そんな状況。

hw30170527.jpghw31170527.jpg
チッピング。これまでシリコンバリアやら、サフカット法などをメインにしてたのでチッピングの描きこみは久しぶりです。タミヤアクリルのジャーマングレイ+フラットブラックをラッカーで溶いて面相筆にて描きこみます。実車で使用中段階でこんなに剥げるかなぁと疑問を持ちつつ、模型的に映えるのでやったほうがよかろうと。

hw32170527.jpghw33170527.jpg
ホルべイン油彩のセピアとローアンバーにてレインストリーク。って乾燥地方に雨は降るんでしょうか?雨だれが付くほど....。これもあった方が模型的にしっくりと落ち着くのでやることにします。

■細部パーツの取り付け、描きこみ等
hw36170527.jpghw37170527.jpghw38170527.jpg
hw39170527.jpghw40170527.jpghw41170527.jpg
このあたりになると筆の邪魔にならないのでスコップやマッドガード、アンテナ線などのパーツを取り付けて行きます。バックミラーはクレオスのメタルカラーのクロームシルバーの塗って磨いています。意外と鏡みたいになるので驚き。(藁)画像では映り込みは無いけど写ります。下地をつるっつるの黒とかしとけば尚のこと鏡のようになると思います。今後、このやり方に決まり。

hw34170527.jpghw35170527.jpg
マフラーをAKの錆のやつで塗ってやります。まぁ良い感じかなと。テールランプやコードなども塗り分けて行きます。あと、デカール工程は省略してしまいましたが、当然フィルタリング前ですね。数が少ないので楽です。瞬時に終わります。

■再びフィルタリング
hw42170527.jpghw43170527.jpg
AKのアフリカの砂埃で汚していきます。溶剤のMrウエザリング用の薄め液です。これ万能。余談ですけど、これまで使用してたターペンテインは大宮のハンズまで買いに行かなきゃなりませんが、イエサブとかタムタムで気軽に買えるようになった。使い勝手はほぼ同じ。匂いも弱いです。嫌いじゃないですけどね。ターペンタインの匂いは。タイヤなんですけど、砂ってサラサラしてる感じがしますが結構タイヤにくっつきます。溝に残るよう汚していきます。スペアはスぺアなんだから新品ですので、そのままって感じもなきにしもあらずですがほどほどに汚してあります。

hw44170527.jpghw45170527.jpg
マフラーはAKのピグメントを使って浮いた感じの錆にします。これも、実車、使用中の段階でここまで錆びるか疑問ですが、皆さんやってますのでやっておきました。この前の先ほどの段階でもいいかなって感じもしないでもないです。ピグメントをアクリル溶剤で溶いて筆で塗ります。

hw47170527.jpghw46170527.jpg
最後にAKのノースアフリカのピグメントを筆に取りこすり付けていきます。入りズミなど埃が溜まりやすい所を狙います。尚、溶剤で溶かずにそのままです。かつてはアクリル溶剤で溶いて塗って掃ったりしてたんですが、アクリル溶剤ってけっこう塗装面を犯します。やばかったです。(苦藁)


hw48170527.jpg
以上です。

■1/35フンクワーゲン制作記18

連続更新となります。細部の塗装です。


両サイドのハッチとボックスも本体と同じようダークイエローのグラデーション塗装をしておきます。取り付けたくなってしまいますが、ウエザリング時に筆が入らなくなってしまうので後になります。

hw24170527.jpg
タイヤはボディ下部と同じようフラットブラック+ホワイト+ブルーみたいな感じです。小学生の時、つやっつやのタミヤエナメルブラックで筆塗りした記憶が鮮明にあります。(藁)ホイールとの塗り分けはマスキングテープにて。サークルカッターなどは使わず爪楊枝などでテープを密着させてデザインナイフで切った方が簡単みたいです。
hw27170527.jpg
内部のこれは適当に。Mrウエザリングで汚してあります。ボディ内側は先塗りすべきでした。(苦藁)
hw25170527.jpg
ナンバープレート。前の制作記で付属のプレートを薄くして使用する筈でしたが一個紛失してしまいました。なので薄いプラ板にて製作。見えづらいですが、フチをスジぼってリベットを三カ所打ってあります。そしてデカール。黒いフチは下地の黒サフのままです。けっこう感じよくなります。
hw26170527.jpg
小物類です。正直めんどくさいと思ってましたが、塗り始めると面白いものです。これをやりたいために戦車系作ってるって言うようになるかも。リーのものと一緒にやってますので、それも混ざっています。

■1/35フンクワーゲン制作記18

2か月以上ぶりのフンクワーゲンの制作記です。塗装に入ります。

hw1170527.jpghw2170527.jpg
カラーモジューション塗装と行きたいところですが、こうもいろいろ貼り付けてしまってはマスキングも貼るも紙で養生するもできません。ですのでグラデーションですね。モジュレーションに近い感じの。それで行きます。

hw3170527.jpghw4170527.jpg
サフ1200番です。


hw5170527.jpghw6170527.jpg
タミヤアクリルのダークイエロー+フラットブラックで、下面を中心に影になりそうな部分を塗ります。色的にはほぼブラックに近いです。


hw7170527.jpghw8170527.jpg
ダークイエローの割合を増して少し明るくしていきます。


hw9170527.jpghw10170527.jpg
ダークイエロー単品です。ちょっと黄色すぎる印象が強いんですが、これはカメラの性能のせいです。鮮やかなものをより鮮やかにってぼやいてましたがこうゆう事です。はい。


hw11170527.jpghw16170527.jpg
ダークイエロー+ミディアムグレイで上面を中心に明るくしていきます。

hw17170527.jpghw18170527.jpg
ホワイトを入れてさらに明るくグラデをかけていきます。


hw19170527.jpghw20170527.jpg
さらにホワイトを足して明るさを強調させます。なんか、わざとらしいくらいのグラデでばらつきを感じてしまいますが、このくらい(もっとかも)やった方が後に見栄えがいいんじゃないかと思います。マスキングなどで養生して角々でグラデになってるともっといいです。
hw22170527.jpg
下面はフラットブラック+フラットホワイト+ブルーの筆塗りです。カーモデルなどでたいていこの部分はセミグロスブラックだけどそれは新品での話。経年変化で艶は取れ、青みががった濃いグレーみたいな感じ。ミディアムブルーでもいいんじゃないか?とさえ思います。

hw21170527.jpg
マフラーやアンテナを下塗りしました。ボディ上部分と下の方では色が全然ちがいますね。次回から汚していきます。


■1/35フンクワーゲン制作記17

■スコップの製作

前の載せモノのとこに載せ忘れてました。キットは取り付け金具は本体と一体化しております。それを削り取り、先端をシャープにして金具を真鍮板にてやり直ししております。
lpw137170204.jpg
ボディへの取り付け具合はこんな感じ。

■自重変形タイヤ
lpw128170204.jpg
タイヤはホイール、ナット、ブロックパターン、見事なディティールだと思います。開封後早々に接着整形しておりました。前後左右と内側が違います。誤りのないよう、ちゃんと刻印されています。
lpw129170204.jpg
これを、前後別になるようマスキングテープで組み合わせます。
lpw130170204.jpg
そして、ペーパーで削ってやります。前後組み合わせて削る理由はそれぞれ個別の高さ、また前後左右互い違いにしてしまってはギッタンバッコンしてしまうと思われるからです。終了後はF,Rと解りやすく印をつけておきます。
lpw131170204.jpg
こんな感じとなります。普通乗用車、アタシの軽ですら、地面との接地面は車体の自重で1割~2割潰れます。装甲車なのだからなおさらだと思います。見た目もすわりがよくなります。
また、展示の際、コロコロと転がらないようになるので一石二鳥です。それは、まぁ内側内部の回転機能を固定してしまえば済むことですが。
lpw132170204.jpg
面倒な場合、削ったのみでも見栄えよくなるんですが、潰れたふくらみをポリパテで再現しておきます。あまりやり過ぎるとパンクしたようになってしまうのでほどほどにです。
lpw133170204.jpg
ホイルカバーはキットではプラ厚があります。実際は薄い。こういうとこエッチングでパーツ化してるんですけど、薄く削るだけでかなりよくなります。
lpw134170204.jpg
省略しようかと思ったマッドガードはキットのものを寸法取りして0.16㍉のプラ板で製作してます。ラジペンでシワよせしてます。
lpw135170204.jpg
工作は以上です。仮にタイヤを片側のみハメてみました。車ってだけあってタイヤをハメると、より’らしく’なってくれます。2週間ぐらいで終わると思ったら1か月ぐらいかかってしまいました。古いキットなんですけど、まったく苦にならずと言う感じです。ディティールはさすがに省略されてる部分などありまして、やはりそこに時間を取られた気がします。

塗装は寒いので4月になったら再開しようと思います。その間、うさぎの続きに入ります。


プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する