■1/12K-2SO

■K-2SO



■ローグワン
未だ劇場に行ってないんですが、今年一発目の製作物のその劇中に搭乗するK-2SOです。というか、公開まもないのでネットで検索して資料画像がべらぼうに少ない.......。劇場で答え合わせって感じになると思います。

k2s06170104.jpgk2s07170104.jpgk2s08170104.jpgk2s09170104.jpg

k2s02170104.jpgk2s03170104.jpgk2s04170104.jpgk2s05170104.jpg

■製作&塗装
工作的な事はアンテナを真鍮線に置き換えたくらいでほぼ皆無です。肩や大腿部の付け根のシリンダーを作り直すとなると、絶対終わらなくなると思います。(藁)
塗装は発売前から目を着けずっと考えてました。黒いボディなんですけど、あの如何にも金属であるかのような質感はどうすればよいのか?という事です。その辺は制作記をご覧ください。
あとは、要所要所つや消し吹いて、いつものMrウエザリングを。マルチブラック+グランドブラウン。マルチホワイト+サンドです。
金属部分はクレオスの金属感のでるやつのクロームシルバーとアイアンです。これらって、あれですかね?エアブラシでは不向き?詰まってしまうので筆塗りで綿棒などで磨いてやります。肩の輪っかのアイアンの上にはエナメルのクリアーレッド+ブルーで焼けたって感じもないけどそんな事をやってます。

k2s049170104.jpgk2s050170104.jpgk2s017170104.jpgk2s016170104.jpg

■詳細画像
k2s039170104.jpgk2s040170104.jpgk2s042170104.jpg
k2s041170104.jpgk2s043170104.jpgk2s048170104.jpg

■スターウォーズのプラモデル
模型は新規に買わないって言ってましたけど、今回はさっそく買ってしまいました。でも買ったものはスグに手をつけ完成させ’積まない’というマイ公約に沿って、ゴールまでたどり着きました。
ガンプラっていうと魔改造しないでもスジ彫りとか何かしら手をいれなきゃならない感ってありますが、SWキットってそのまま作っても何ら問題なく製作が楽しめてよいです。
最近テレビでYOUTUBEをよく見てるんですが、模型関連の動画も観てます。その中でも海外モデラーの製作風景。英語とか達者じゃないんで、なんだかさっぱり解りませんが(藁)、彼らって改造とかディティールとかあまり拘らず、(継ぎ目がきれいになっていなかったり)塗装がメインって感じです。すごく楽しそうです。
実際、アタシもどうも最近は、改造とか工作とかって苦手というか面倒くさいといいますか、時間ばっかりかかって飽きてきて頓挫って事が多いです。ですから、今回みたいに工作無しの短時間、塗装を楽しむって感じでやっていきたいと思います。ストレスフリー!楽!手持ちのガンプラもそれで企んでいたりしております。


スポンサーサイト

■K-2SO制作記3



順調にすすんでいるK-2です。購入してから12日。製作開始から数日しか経っていない。無改造とはいえ、こんな珍しい事はないです。明日か明後日には完成してしまいそうです。

先日の表面をツルツルにしたボディにつや消しをエアブラシ。そして所々コンパウンドで磨いていき、ツルツル部分を露出させていきます。この後、ウエザリングを施す訳ですが、つや消し部分はその塗料がノリやすくなります。

ちなみに、つや消しにはコレを使っています。いろいろなメーカーありますがコレが一番消えてくれます。溶剤で希釈しなくてもOKなんですが、様子見て希釈したりはしています。


(追加画像)
k2so11161216.jpg
翌日、自然光での撮影です。

■K-2SO制作記2



え~、もう塗装入っちゃってます。気温が比較的高いのと風が弱いので足元にストーブ炊いてやっております。

気が付けば、コヤツ、作っても撮影に苦労する黒でした。一発目に発売されたダースベイダーとかそうなんですけど、だから手をだしませんでした。
説明書指定では黒+コバルトブルー+ホワイトみたいな感じで指定されております。コバルトブルー?青みががってるボディーの再現の為だと思うんですけど、これ、青空が黒いボディに反射して青く見えるんだと思います。ツイッター上で有難く頂いた展示会場のボディはそんなに青みががってません。黒に近いって感じです。

アタシ的にはまず、シルバーを拭いて、色の素のシアン、マゼンタを適当に吹いて、ガイアのニュートラルグレーVにまたもやシアンを入れてみました。下地の色の素が滲んでくれるかな?って思ったけどあまり意味が無かったようです。

で、数少ない資料やCM(まだ観に行って無い)からするK-2のボディは黒であって如何にも金属って感じです。
アタシだけかもしれませんが、ラッカーエアブラシするとプツプツと梨地チックになってしまいます。これをコンパウンドでツルツルに磨いてやっております。剥げたらピンポイントでエアブラシ→磨きと数回です。なので当然、お得意のシリコンバリアは使用してません。この人の事だからシリコンバリアでハガシでしょう?と思われたかもしれませんが。珍しい事やっております。

そして、ハガシなんですが、バリアなしの状態でチクチクとやってみたら、けっこうイケるものでして、上手い事剥がれてくれました。下地に吹いたシルバーなのか?サフなのか?わかりませんが、そう見えるので良しとしておきます。

(追加画像)
k2so9161216.jpg
試しに持ち出して日中自然光で撮影。ね。青空写りこんで真っ青でしょう。
黒い車のボディがピカピカだと鏡みたいに写りこむ。形どころか色まで反射してくれる。あれと同じです。

■K-2SO制作記1

模型キットはスグ作るもの以外は買わないというマイ公約。それに従って先日購入したK2SOを製作開始しました。
まだ、映画の方は観に行っておりませんでして、大晦日に行こうかなと思っております。
k2so5161216.jpg

PCにてテレビを観ながらのいつもの時間帯にゆるりと組み上げ。新ニッパーを使用という事もあり楽々の作業です。
このドロイド、まだネット上には詳しい資料、画像が出回っておりませんで、実物と比べようがないのですが、いい感じです。肩、股関節の付け根のシリンダーは致し方ないかな?一体かしております。あと、ヒザ・ヒジはクリアーパーツで思いっきりゲートが来てしまってますので、そこは透明キャノピーの継ぎ目を消す要領でペーパーを粗→細、コンパウンドで消し去ります。そして、そのヒザの透明軸がけっこう固いです。(ヒジはそうでもない)なので抜こうと思いましたけど破損の恐れがあるので、そのままマスキングで。(もう、お客様センターのお世話になりたくないです(藁)
k2so7161216.jpg
そして現在はサフまで大体終わっております。サフって言っても今回はホントに傷のチェックぐらいのものでして、合わせ目等をパテ埋めしながら数回繰り返してます。基本的にサフレスです。今回は。

さすがバンダイSWキット。ご親切にシルバー部分、ブラックに色分けしてあるのは合い変わらず凄いと思います。これを生かそうと後ハメ加工をしたくなってしまいますが、めんどうなので塗装時に色分け予定。しかも筆で行こうと思います。

例により寒い作業場ですので、一応、塗装前までという事になってますが、気温の様子により今年いっぱいまで完成するかどうか?ってとこです。




プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する