■35メカトロウィーゴ(4個目)

■メカトロウィーゴ(Ver.FIAT)



■4体目?のウィーゴ
今後は在庫をメインに製作する。(マジです)って事で目に入った棚の35ウィーゴ。そして、最近発売されたファミコンカラーの20ウィーゴ。2体あるので赤白のファミコンとグレーのスーパーとそれぞれ肩の丸をボタンに....って考えでした。ちなみにその時のベースはマリオのレンガブロックですね。しかし、一個目の塗装段階で腕が折れるというミスを犯す.......。
とりあえず、もう片方のウィーゴでリベンジです。工作中、ずっと色パターンを考えてましたが、かつての1台めの’あかへる’とほぼ同じカラーリングになりそうなので却下。あいぼりーっていい色だ。フィアットみたいだ。そして、前からやってみたかった単色シンプルのウィーゴにしました。ベースもイタリア、ローマの石畳で。

mw1170121.jpgmw3170121.jpgmw2170121.jpgmw4170121.jpg

■工作
工作はいつもと同じです。ホントは奇麗系を目指そうとは思ったんですけど。サフハガシ、スジ彫りを細く。あとはネジを1/20の時と同じ個所、数に変更。膝裏も1/20キットと同じように変更。
あとですね、肩のカバー、ウォッシングの最中に割れました。先に言った肘折れで失敗したウィーゴもエナメルによる劣化なんですけど、肩カバーも結構肩パーツにピッタリでして、塗装入るとキツキツです。なので負荷がかかる模様。じつは初代の’あかへる’も同じ事をしてしまいました。今回は軽く補修して錆部分へとごまかし工作です。
mw5170121.jpgmw6170121.jpgmw7170121.jpgmw8170121.jpg
■塗装
塗装はウィーゴカラーのあいぼりーです。製作記画像ではやけに黄色く見えたりして不安でしたが本撮影ではフォトショップの補修もほぼいらなく実物に限りなく近い色がでました。今回はなるべく艶が残るよう努力してもみました。黒い部分はシャーシをイメージ。タミヤアクリルのFブラック+Fホワイト+Fブルーです。シルバーはクレオスのクロームシルバー、磨いて光らせるやつです。けっこう反射してくれましてカメラのオレンジが写ってたりします。ほんとの鏡面ではないですけど、このスケールでは逆にリアルかもしれません。あまり磨きすぎるとスグ剥げます。剥げたらリタッチして再作業します。
デカールは3点のみのシンプルなデザインにしました。
mw9170121.jpgmw10170121.jpgmw11170121.jpgmw12170121.jpg
■フィルタリング
まず、Mrウエザリングのマルチブラック+グラウンドブランでスミイレ。サフハガシによる傷にブラウン系を差し込み、AKの錆色でラストストリークを入れます。さらにホルべイン油彩のローアンバー+セピアでレインストリークを入れます。あとは染みっぽい水垢をMrウエザリングのマルチブラック+グラウンドブランで追加してます。今回は錆関係のピグメントは使いませんでした。

■詳細画像
mw29170121.jpgmw30170121.jpgmw31170121.jpg
mw32170121.jpg

■みんなのメカトロウィーゴ6
応募して通知を頂きました。ありがとうございます。申し込むときにタイトルを記入するんですけど、皆さんよく書きこめるなぁと。(藁)製作するものを決めて期日までに完成させ、送る........。これが、最近自信がありませんで、というより締切付き模型はやめましたので、アタシはズルくコレを送ろうと思っております。
mw56160919.jpg


そして、今回のが完成しましたので、たぶん7の方に今回のFIATで参加しようと思ってます。
スポンサーサイト

■35メカトロウィーゴ(4個目)制作記10

最後の制作記です。ベースの事です。別に作らなくてもいいんではないか?と思いますけど、過去に3つそれぞれ作ってしまってるので作らざるを得ないという感じです。
過去に遡っての話ですが、なぜにベースを作ったのか?と言いますと、あれは八月大戦に出品したものですが、35ウィーゴってちっこいです。ですから、展示中、他の作品に少しでも負けないように大きく見せる為です。さらにネームプレートをつけてやると高級感が増します。という作戦的な事。ちなみに20ウィーゴはデカいのでいらない。しいて言えば転倒防止の両面テープを足裏でベースに止める為です。数あるコンテスト対策の一つを挙げた事としますね。

さて、本題のベースの製作記です。今回はフィアットって事でローマの街の石畳とする事にしました。資料はグーグルアースのストリートビューです。ぐりん!と足元を見て手頃なものを探します。世の中便利になったものです。
mw2170114.jpg
ジオラマ経験も皆無に近いってくらいなんですが、石畳も初めてでございます。よく見るスチレンボードを使っての工作でした。アタシの場合は目はデザインナイフで入れてます。揃っているようで揃ってない感じにするとよいようです。それにタミヤパテを塗りたくってペーパー、傷入れ、パテ、ペーパーと気に入ったくらいまでやります。
枡はプラ板です。デザインに合わせるのにけっこう計算がメンドクサイですが、0.3㍉プラ板にピンバイスでの穴あけソレをナイフでつなげるように切って開口。けっこうゆるいけど許したまえ。プロッターという近代兵器が我が家にはありませんので。直に木ベースに貼り付ける訳ではなく0.5㍉プラを四方に貼って浮かしてます。
寸法は道歩く人の足から大体を推測しました。

塗装入ります。石畳はまず、瓶サフを筆塗りします。凹ってるけど踏まれて削られて丸みを帯びたような感じです。
base2170119.jpg
黒いサフを吹きました。1500ってヤツです。意味はないです。どうせ黒っぽく塗るのでグレー→アクリルブラックの工程が減るだろうと。その程度です。
base4170119.jpg
タミヤアクリルのFブラック+ジャーマングレー+Fブルー少々+Fホワイト少々をランダム吹き。溶剤はラッカーです。
base5170119.jpg
さらにFホワイトを足してランダム吹きです。艶がでちゃったのでつや消しを吹いています。
base6170119.jpg
ホルべイン油彩のアイボリー、セピア、チャコールグレイ、ウルトラマリンブルーにてドッティングを施した後です。だんだん石らしくなってきたと思います。
base7170119.jpg
Mr,ウエザリングのサンドのとホワイトで目地を中心にウォッシングしてやります。
base3170119.jpg
フタはクレオスのアイアンで塗って磨き。Mrウエザリングのマルチブラック+グランドブラウンでウォッシュ。さらにAKの錆色を筆ではじいたりしています。
base8170119.jpg
最後にマスの周辺を中心にAKのやつでコケ、フタの濡れをやってます。そして最後にAKの埃のピグメントで目地をさらに詰めさせて感じを出してます。
base9170119.jpg
作業台の色に合わせて肝心なジオラマ部分の色が飛んじゃってますが、(藁)全景です。台座はホムセンで買ったやつです。プレートはいつものゴールドのシールにロゴをプリントしたやつです。プリンター壊れちゃったのであと1枚しかないです。

以上、長い制作記にお付き合いいただきありがとうございました。
これまでのような編集を要する制作記をやめさせてもらい、製作時間に回せるので楽です。そのかわり、けっこう頻繁にアップできるようになりました。これからも宜しくお願いしまう。

■35メカトロウィーゴ(4個目)制作記9

あまり変わり映えしない画像ですが、本体はようやく終わりました。ちょっとサボりながらの製作だったので遅くなってしまいました。
この頃になってくるとだんだん飽きてきてしまいまして、次の事を考えながらの上の空の作業になってしまいがちです。

まず、ライトの部分は今回は、フィアットがモチーフって事でクロームシルバーにしました。クレオスの磨くやつです。綿棒でやるんですけど、磨きすぎると下地がでちゃいますね。その辺注意です。肩、腿、くるぶし、テールランプも同じです。
手とか脚とかの黒のメカ部は下地がシルバーなんですけど、デザインナイフの背でシリコンバリアレスで塗装した塗膜を剥がしてます。他の塗料と違ってシルバーはレスでもいけます。でも剥げるのは剥げます。その理由もありますけど、鉛筆でなぞって金属感を強調させてます。指先は今回もゴム設定なので経年変化したよ、腕部よりグレー系で塗っております。
mw2170119.jpg
テールランプは当たり前ですけどクリアレッドのエナメル。このキット、さすがにウインカーは透明パーツではないです。カーモデルでもそんな場合ありますけど、シルバーの上にオレンジがのったメタリックオレンジみたいな感じになる。アタシの場合はシルバー下地にクリアオレンジじゃなくて白を塗ってオレンジや茶系で影を描いて白でトップライト、その上にエナメルのクリアオレンジです。の方がいいと思うんですけどね。今回はあまり....、ですが過去にイタズラに作ったものが上手くいった経験ありです。

mw3170119.jpg
ウエザ的な事は錆の追加でMr,ウエザリングの錆色オレンジのヤツで錆部分をなぞってます。Mr,の方はAKやホルべイン油彩より伸びが無いんですけど、こういった感じのぼかし加減の使い勝手がとてもよいです。




次回は石畳のヴィネット部分です。その時ついでに本体もピグメントを少々。

■35メカトロウィーゴ(4個目)制作記8

一番初めに作った’あかへる’の35ウィーゴは八月大戦の本来の製作物が間に合わず一週間で作り上げたものです。今回のウィーゴフィルタリングなぞ、1~2日で終わらせるべきものである筈ですが、響け!牛歩ニアムで進めております。単なるサボってるだけ、っというか合間にいろいろあって進みません。


サフカットでめくり上げた塗装の剥がれ、スジ彫りなおしたハッチ、ネジなどなど幾度とエアブラシによる塗膜で埋まるというかダルくなります。それを手直ししてやります。ラッカー塗料のこの辺が実は嫌い。

mw1170114.jpg
此処からが楽しい模型作業。塗装の剥げた錆色部分を茶系で塗ります。ラッカーです。そして、AKの錆のやつでラストストリークを入れていきます。
wego1170115.jpg
そしてレインストリーク。これも初めAKのヤツで行きましたが、組んだ状態で作業してた為、触る所、触る所指紋が付いてしまったり垂れが消えてしまったり。めんどくさがらずにバラシて作業しましょう。ついでにホルべインのローアンバー+セピアに変えました。色的にはこちらの方が好みです。


mw1170116.jpgmw2170117.jpg
そして、現状です。あとはMrウエザリングで多少やって、細部を塗装して終わりだと思います。下に見えるベースは次回の次あたりの更新で。

■35メカトロウィーゴ(4個目)制作記7

mw5170110.jpg
基本的なエアブラシ塗装は終りました。色はですね、あいぼりーの単色にしてみました。良い色でございまして、フィアット500みたいなイメージです。ですから名前を「ふぃあっと」にしようかなと。コンテストとか人に見てもらうものとしては地味かもしれませんが、個人的に乗ってみたい好きな色。みたいなチョイスです。
全体的にあいぼりーで塗ってしまったんですが、変更した手足の部分。先日の通りリムーバーにより塗装を剥がし、再塗装。色はタミヤアクリルのフラットブラック+ブルー+ホワイトです。シャーシーみたいな感じで。下地にはシルバーを塗ってます。K-2と同じくシリコンバリアーレスでのハガシを予定です。
mw41170110.jpg
画像ではあまり解りませんが、あいぼりー塗装後、磨き上げ、さらにクリアーをブラシ。テカテカです。これもK-2と時みたいなこれまでとちょっと変わった塗装をやってみようと思っています。
mw3170110.jpg
デカールはもちろんハセガワから出てるGPのやつです。ワンポイント的に貼りました。凄く引き締まります。このロゴマークと日本語の注意書きのデカールセットが欲しい!ハガキサイズで1000円かなっ!あとは、すぽーつ、ぱわーはんど、1/12みたいなハンドなどなどの1/35、1/20用の詰め合わせセット!小林様、アオノ様、そしてえらい人、よろしくお願いします。

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する