■メカトロウィーゴ(Ver.零戦)

■メカトロウィーゴ(Ver.零戦)


■製作のいきさつ
昨年の秋の終わりぐらいに始めた2個目のウィーゴ。途中、他の事がいろいろありまして放置状態でしたがようやく完成です。事の初めは千値錬製の「いえさぶ」を見てからです。なんで?イエサブなのにゼロ戦カラー?黄色ではないのか?は謎ですが、それに影響されたのは間違いありません。ただし、同じカラーリングではなんなので独自に...。ウィーゴって2個入りなので緑と灰の二色としゃれこもうとしましたが、リベットが大変なので御勘弁。(藁)あと、カラー工程まとめようとしてたらデジカメの内部に入ってた画像をうっかりけしてしまいました。ごめんなさい。で、いきなりですけど完成画像です。
mw1160212.jpgmw2160212.jpgmw3160212.jpgmw4160212.jpg
■工作
工作は基本的にノーマルです。前回、スクラップ風に凸凹付けましたが、今回はジェラルミン&リベットって事でより凸凹をつけ、さらにフチを薄くしてみました。あと、ウインカーは削りとしてランプは赤緑としてます。あとは問題のリベットです。クレオスのポンチは優れものでよいのですが、数が!(藁)ありそうな所にラインを引き、大体の間隔で彫刻していきます。ハッチの部分はカッターナイフでマイナスネジとしています。
mw5160212.jpgmw6160212.jpgmw7160212.jpgmw8160212.jpg
■塗装
残念ながら、デジカメ内部に保存してあった工程写真を誤って削除!前回の制作記のシルバーで終了してしまいましたが、まぁ、いつもどおりです。ざっくりいくと、サフ→アルミ→シリコンバリア→緑、灰→ハガシ→ドッティング→ストリークといった具合です。
配色ですが、カラーテストやりゃーいいもののぶっつけ本番。元は脇っちょのダクトは灰、前面のカバーは全部灰でした。それをダクトは緑、黄色の変更。カバーはブラシで緑をいれました。また、肩と足の日の丸も緑だったんですが、前からみて河童なんだかカエルなんだかわからないので日の丸入れました。デカールは前面の報国はタミヤのものです。背面の日の丸は小さ目の1/72F86Dの物です。デカールを貼るとなんかよくなります。
緑:クレオス124
灰:クレオス128
黄:」クレオス329
■汚し
全体をクレオスのマルチブラック。ホルべイン油彩、アイボリー、ウルトラマリンブルー、シナバーグリーン等でドッティング。煤だか雨だれみたいのはホルべインのローアンバー+セピア。今回は錆は無しですが目の所は排気管に見立ててバントシェンナで錆色を少々。
■ベース
今回はゼロ戦って事で空母の甲板にしてみました。モデルは赤城なんですが、デカールから言うと南洋の方ですから、どっかの空母です。「ニイタカヤマノボレ」なんて広告みたいな遊び画像をツイッターに打ってしまいましたが、その辺はご愛嬌でお願いします。知識不足ですがいろいろ吸収中です。(藁)
もどってベースの話です。黒系でシャドー吹き→ラッカーのタン、そして油彩のローアンバー+せビアです。ざっと塗ってから綿棒やティッシュでぬぐうとあんな感じになると思います。そしてマスキングしてタミヤアクリルのフラットホワイトで白いラインをエアブラシ。それも油彩で汚してやります。節も描きこんでやります。
■詳細画像
mw13160212.jpgmw22160212.jpgmw23160212.jpg
mw38160212.jpgmw39160212.jpg

■ワンフェスとコンテストの事
ワンフェスに前回の赤い方を送って展示して頂きました。ありがとうございます。初めは2個までって事でコレも含めて2個だそうかという考えでした。しかし、展示スペースやより多くの人の為に1個という事になりました。やさしい粋な計らいですね。間に合わそうと思えば間に合ったとは思いますが、無理せず前回のものを....。いや、けしてズルではありません。
あと、ハセガワさんの方でコンテストありますねレースのやつ。基本的に禁!コンテストなんですが心揺らぎます。出せたらだそうかなと思います、これも無理せず。前回のウィーゴは1週間ほどで出来たのでやれそうな気もします。それに、会った事もないけどアオノさんが好きなんですよねぇ。

「メカトロウィーゴGP 2016」作品募集!3/31まで!
スポンサーサイト

■メカトロウィーゴ(Ver.零戦)製作記3

こんばんは。数週間ぶりに部屋に掃除機かけたチアキでございます。最近作業場所をPC前に変えたのでレイアウトも少し変えました。それでもなかなか納得いかず。専用の部屋って欲しいものですね。

さて、ウィーゴですがダンボーと並行して塗っておりました。+飛行機の製作です。

wego2160209.jpg

下地にクレオスのメタリック、アルミ吹いてみました。いつもガイアのスターブライトジェラルミンを使用してるんですが、抑えたつもりのアルミでもけっこうギラギラして塗装前の新品みたいでかっこよくみえたりします。

wego7160209.jpg
凹り加工や、薄々加工もあいまって、薄い金属っぽくはなったかなぁと思います。一応、このウィーゴは今後の飛行機製作練習台にもなっております。

■本日の別腹


1/12千値錬製ウィーゴは予約開始されました。大きさ、細部、可動、発光とこれだけやって定価15000円(税抜)は安いです。よろしいですか!?15000円ですよ!15000円!
人気の出そうな商品を予約の段階で2万越えってのは欲しくもないのに大量に予約して利ざやで儲けようとしている悪質なところです。うんこです。アマゾンにどうにかならないのか?と聞いたところ、規制をかける事ができないらしいです。皆様、こういう場合は正規の値段で買いましょう。

あと、ワンヘスでハセガワウィーゴも1/20が発売決定!アタシの願いは1/12でしたがそれでも満足です。1/12も欲しいですが、それはハセガワのアオノさんに言ってピーピー頑張ってもらいましょう。
aono1160209.jpg


■メカトロウィーゴ(Ver.零戦)製作記3

皆様、こんばんは。永遠の28歳の乙女、チアキ・バチスタ!!でございます。先日、一週間程、模型やりたくない病にかかってしまいました。その後スグに復帰し、いろいろと食いっちらかしております。

さて、今回は台座です。このウィーゴのシリーズ、ヴィネット風にやって行こうと思ってます。今回は赤城の甲板をモチーフにしようかなと。先日、TV録画のBRディスクを整理しておりました。「永遠の0」「山本五十六」「トラ・トラ・トラ!」を一枚に収録。名付けて「真珠湾三部作」です。このディスクを資料に赤城甲板を物色。比較するとけっこう表現がそれぞれ違うもので、永遠の0のセットが一番よいかなという印象でした。しかし、今一つわかりませんでした。結局はネットで検索。大体はわかりましたが、大きさが今一つでした。ふと、思い出したのが、永遠の0に出演したコチラの俳優の方のブログです。写真の足から推測するとこんなものかなーと。
wego3160201.jpg
あとは、ネット検索で出てきた永遠の0のセットから割出。板一枚が一間×4寸という事にして、÷35で一枚52㍉×3.5㍉。貼り型は両隣を互い違いに3尺ずらし。貼りシロは7分くらいで0.5㍉とします。フック金具は一列に6尺ピッチに板の貼り目の真ん中に。みたいな感じで。
材質なんだけど、檜とか出てきましたが檜なんて使うかなぁ。米松なんてのも出てきました。詳細は不明です。永遠の0セットを凝視すると板目でフシがみられます。
wego4160201.jpg
作業的には大体検討つくと思いますが、台座材木の大きさ50×50㍉の0.5㍉プラ板に同じく0.5㍉プラ板を短冊状に切って0.5㍉プラ板をガイドにあてがりながら0.5㍉の目スカシをしながら順に貼って行きます。
wego5160201.jpg
そのあと継ぎ目をスジ彫り。板目、フシをカッターでピーピーと引きます。フックはコトブキヤの丸ノズルとプラ板です。
wego2160201.jpg

塗装前です。

あ、そうそう、先日ダイエット法を質問してくださった方、順調にいっているようでおめでとうございます!
そう、ようするに基本的には粗食です。

masu2160123.jpg




■メカトロウィーゴ(Ver.零戦)製作記2

アタシはスピードオーバーという罪の犯罪者でありましたから、講習は他のゴールデンボンバーの方々より講習が30分多いという。だから、めんどくさいと思ってましたが、インターポールが重い腰を上げて大宮警察署まで行ってきました。しかしですね、先生のお話が面白いので全然苦にならず、あと1時間とか聞いていてもよいとか思ってしまいました。暴走していた訳でもなくたまたま捕まってしまいましてね。普段は超!安全運転しています。青信号無視してたらクラクション鳴らしてください。

さて!製作記2!とか言って前回とあまり変わらずの画像ですみませんがー。

今回はフチを飛行機らしく薄く削り込んでいます。薄くって言ったって断面でいえばクサビ状です。
wego2160131.jpg
ボディ、背部カバー、腕、脚などなどです。また、リベットの消えてしまった所やあまりに曲がってたところの打ち直し。ハッチとか開きそうなところはカッターでマイナスネジみたいにしています。
wego4160131.jpg
お口とかお腹とかは薄くしちゃうと穴が巨大になってしまうかと思ってたらそうでもありませんでした。
wego3160131.jpg
脇部分をみると薄くなっているのがよく解ると思います。

あとですね。免許の写真とるからって髪切ったらマッサンみたいなってます。

もしくはこっち。

■メカトロウィーゴ(Ver.零戦)製作記1

ちょっと、ハリアーが行き詰ってるといいますか、おなじとこを何度もやり直してまして、正直飽きちゃってます。また、パテがけやサフ乾燥待ちで間が開いちゃう事があります。他の部分に手をつければよいのですが、あまり彼方此方弄るとなんだかわからなくなってしまいます。こんな時は新しくキットを気分転換に......、それこそ放置プレイキットが増加してしまいます。何を言っている!年末にそれこそ放置中のメカトロウィーゴの二個目がございました。これを交互にやって行こうと思います。

wego1160123.jpg

前回のウィーゴの画像をツイッターにアップしたら、表面の凸凹どうやってやったんですか?って質問がありました。やり方は単純に

デザインナイフでキットを削り→粗いペーパーがけ→ポリパテ→ペーパー→溶きパテ→ペーパー(の繰り返し)

あれはポンコツスクラップ自動車がモチーフですが今回はゼロ戦です。鋲打ちによって押され引っ張られでよりいっそう凸凹しております。さらに問題だったのが鋲です。シャーペンでラインを引き、クレオスのポンチで付けております。これが簡単なようで大変でして、2個入りキットのウィーゴを緑と灰の2色やろうとしたんですけど、やなこったいです。
wego2160123.jpg
話が逆になってしまいますけど、工程的にはライン引きが先で凹り加工が後で鋲の内側が凹むようにやっています。あと、飛行機なんでウィンカーは削り取ってしまいました。ランプは赤と青にしようかなと思ってます。

wego3160123.jpg
この後は各所薄くしてみようかなと思っています。色は緑か灰かどっちにするか、まだ迷っています。

そうそう、ウィーゴと言えば、コヤツで
mw7150902.jpg

みんなのメカトロウィーゴ4にエントリーしまして、このゼロ戦か?前のヤツか?とか考えてたんですが、年末、首が痛いわ、年明け歯は痛いわで模型作業がろくに進みませんでした。どのみち完成品的には前のヤツの方が出来がよいと思いますので結果は同じだと思いますので早々に送ってしまいました。

WF2016winter、千値錬さんのブースに並ぶと思いますので、是非ご覧ください。でっかく見えるよう作りましたので実物はよりちっちゃく見えるのではないかな~と思います。ちなみに本人は行きません。またもや作品だけイベント会場入りという。(藁)皆様、イベントを楽しんできてくださいね。

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する