■ストームトルーパー

■ストームトルーパーコマンダー


■スターウォーズシリーズへの期待
スターウォーズ(以下SW)のキャラフィギュアは前から欲しかった。中でもズバ抜けてクオリティの高いサイドショウ。お値段もそれなりにする訳でして手が届きませんでした。そして昨年、バンダイからSWシリーズ展開のアナウンス!そして発売。AT-STや、スピーダーバイクは30年近く待っておりました。(海外キットもあったけれども)中でもキャラ系のリリースも嬉しかった。今後もメカと同じくキャラもリリースして欲しい次第です。
ダースベイダーはスルーしてしまいましたが、まず一番初めにトルーパーを製作。塗装はコマンダーカラーにしてみました。
sc2150620.jpgsc3150620.jpgsc4150620.jpgsc6150620.jpg
sc7150620.jpgsc8150620.jpgsc9150620.jpg
■工作
ただ買って組み上げるだけで雰囲気抜群なので工作はあまりする必要もありません。しかもキットは艶のコーティングがされており劇中のピカピカなトルーパーが楽しめます。工作した部分は手首をパテにて親指の生え位置を変え、グローブのようにシワを加えました。ホルダーは模型っぽかったので鉛板で作り直し。そのくらいですが、塗装の為先ほど言ったボディの艶をペーパーで落としました。普段キットの全面ペーパーがけをやってないアタシにとっては一番ツライ作業でした。(藁)
あぁ、あとですね。これ見て俺もトルーパー作ろうっかな?と思った人にご注意。ヘルメットの両サイドの下部にポッチがありますがこれゲート後じゃなくてネジの極小ディティールですから。まちがって削り落とさないように!(藁)
sc10150620.jpgsc11150620.jpgsc12150620.jpg
■塗装
ベースグレーの上に蛍光のピンク、オレンジ、そしてシアンなどをまだらに吹き付けクレオスの316、EXのホワイトの混色を吹き付け。ペーパーかけて剥げた所は同じ作業で補修。そしてシリコンバリアーによりガイアのウルトラマリンブルーのハガシ。チッピングはタミヤエナメルのブラックとホワイトの混色で描き込み。汚しはクレオスのMr.ウエザリング各種でウォッシュしてます。SWのキャラはメカとまた違った塗装の面白さがあります。メカはまだやった事ないんですどね。

■詳細画像
sc30150620.jpgsc33150620.jpgsc34150620.jpg
sc35150620.jpg

■完成後の感想
サイドショウのものを比べてしまうと関節が丸見えなのはご愛嬌ってところでしょうか?その辺は割り切ってしまえばよいかなと思います。トルーパーはなんとかみられるけど、ダースベイダーの可動部はなんか納得いかず食指動かず。(黒いもの作って写真とっても何が写ってるか解らないと思う(藁)あと改造したけど手首はダメかな。ガンプラにも言えるけどバンダイのお約束というか金型で抜くからこのぐらいがいっぱいいっぱいなんでしょう。その他、スタイル、形状文句なしです。あと銃火器のディティールがとてもきれいです。だってこれ、駿河屋で1600円とかで買ったんですよ。安いっ!(藁)今後のサンドとかスカウトとか作るのが楽しみです。
とりあえず、次回はR2D2です。
スポンサーサイト

■ストームトルーパー制作記7

■武器の塗装

写真1)
数種類の武装がありますがここは一番長い奴で行こうと思います。
写真2)
全体をガイアのスターブライトジェラルミンで塗装します。
写真3)
グリップや銃尻は樹脂製であると想定してハガし塗装はしません。
写真4)
シリコンバリアーを筆にて金属部分のみ塗布。
写真5・6)
黒いものに黒の塗装はご法度的な事が模型で言われてます。黒そのもので塗装してしまうとスミみたいな仕上がりになるからです。なので黒を茶系にしたり、グレー系にしたり青系にしたりします。今回は青系にしようと思います。何故に青なのかと言いますとおそらく黒い表面に空が写りこんでいるからなんでしょう。カラーはタミヤアクリルのフラットブラック+フラットブルーをラッカーで溶いて使用します。

st15150327.jpg
写真1・2)
微妙に青が入ってるのが解るかと思います。
写真3)
シリコンバリアによるハガし作業をするんですが指でさすっただけでも剥がれます。よく見ると写真2)の段階で剥がれてるのが解ると思います。(藁)
写真4)
奥まったところは使い古しの固めの筆で剥がします。
写真5)
程よく剥がします。DVDなど劇中のものを参考にしたり、ホットトイズ、サイドショウなどの市販品を参考にするとよいと思います。
写真6)
フラットクリアーでコートします。これで剥がれにくくなります。
あとはボディと同じくクレオスのMrウエザリングでウォッシングです。
st16150327.jpg

st17150327.jpg

st22150327.jpg

ホルダーは銃器と同じ艶消しのブラックブルーで塗装してコンパウンドで軽く磨いてレザーっぽくしてあります。鉛板製なので動かすと多少励ますが、その時はリタッチで。他ブラスターは写真撮るの忘れましたので完成画像時にアップします。

製作記は以上です。

■ストームトルーパー制作記5

■シリコンバリアによるマスキング
st27150312.jpg
写真1)
前回の青の部分をクリアでとめます。理屈上ではこれでも剥がれるのですが、剥がれにくくなります。
写真2)
またもやシリコンバリアの登場です。今回はマスキングとして利用します。
写真3)
口の部分にグレーを塗ったりする訳ですがその付近に塗布します。グレーを塗る部分にはみ出ても構いません。
写真4)
面相にてグレーを塗ります。
写真5)
はみ出た部分を爪楊枝で剥がします。
写真4)
両サイドの水色のラインや他のグレーの部分も同じく。
■デカールを使う

写真1)
頭部メットのツバとかのリング状のパーツ。別となってるのが塗装的にうれしい。色はベースグレーのままです。
写真2)
このキットには水転写とシールの2種類が付いてるのもうれしい。ガンプラもこうだったらなぁと思います。だけど塗装でやるのでほぼ無用と思ってましたら.......。
写真3)
メットのリングの部分と頬の部分にスジが入ってる。実物を確認したら入ってる。トルーパーは好きだけど模型作る今の今まで気が付かなかったというより気になってませんでした。
写真4)
これを描く訳にはいかないので貼ってしまいます。(藁)下地のグレーも悪いデカールだとドットが目立つのですがこのデカールは奇麗なので使えます。頬の部分も一度グレーを塗りましたがデカールを貼ってます。耳の所は塗装です。
■チッピング
st16150313.jpg
スターウォーズキャラのチッピングは戦車やガンプラなどに施すチッピングと多少異なります。角が剥がれたというより子擦り傷みたいな。身近でいえばヘルメットの傷のような感じです。
写真1)
エナメルのフラットブラックとフラットホワイトでグレーを作ります。
写真2)
面相にて描き込んでいきます。シュッシュと極細、極小で擦れた感じで描き込みます。全体のバランスを見ながらの作業です。やり過ぎたらターペンタインで消します。その繰り返しです。
写真3)
その後、フラットクリアでコートします。

■チッピング終了
st21150313.jpg

st22150313.jpg

次回は内部とか手とかです。

■ストームトルーパー制作記4

■サイドショウばりの塗装をめざす
スターウォーズのフィギュアと言えばSIDESHOWです。他フィギュアも同じく、造形、塗装ともにハイクォリティです。Hot Toysブランドも同じくですが、高価なのでなかなか手が出ません。HPを眺めているばかりです。(藁)高過ぎって訳ではなくあのクオリティですから相当の値段でしょう。そして今、バンダイからプラモデルとして安価で手に入るという幸せな時代がやってまいりました。このバンダイのスターウォーズシリーズ、個人的にはメカよりキャラのラインナップが嬉しいのです。前者の商品が買えないのならば安価なバンダイで作っていきたいという思いです。布とかは無理ですけどサイドショウの塗装を目指すように頑張っていきたいと思います。
さて、今回ですがノーマルにホワイトもよいのですが、それはまた作るとして青白のコマンダーカラーにします。以前にガンダムAGEでやった塗装法です。経験済みなので楽です。
■前回の補足

写真1)
前回、水砥ぎによって剥げてしまった所を同じ工程でベースグレー、蛍光色、シアンなどでリカバリーします。
写真2)
そして、ホワイトを重ね塗りしクリアーを吹いてビカビカにします。

■マスキング
st10150312.jpg
写真1)
クリアを吹いてビカビカ、ツルツルになったヘルメットです。電球が写りこんでいます。これはマスキングくする為でもありますが他にも理由があります。それは後程。
写真2)
マスキングテープを細切りして曲面に沿って貼り込んでいきます。
写真3)
ヘッドのマスキング完了状態です。
写真4)
これは貼りづらいっ!っとネットで調べたコマンダーの柄を見た時点でやめようかと思いました。(藁)こういった場合は根気よく爪楊枝で抑えながら貼り込んでいきます。
写真5)脚は片足のみ柄が入っています。
写真6)けっこう大変で一日分の作業時間を費やしてしまいました。
■青のハガし塗装
st17150312.jpg
解りやすい肩アーマーのパーツでやっていこうと思います。
写真1)
シリコンバリアーを平筆にて塗り込んでいきます。
写真2)
青を吹いていきます。ガイアノーツのウルトラマリンブルーそのままを使用しています。
写真3)
発色のよいキレイな青です。
写真4)
ピンセットでひっかき傷を付けていきます。
写真5・6)
ネットで検索するとメーカーによる違いですが、傷がほとんどないぐらいの物と多い物とありました。ここはせっかくなので多い方をやってみる事にしました。

■マスキング部分の塗装
st23150312.jpg
y写真1)
同じくシリコンバリアーを塗布。
写真2)
剥がしました。漏れましたねぇ~。(藁)凹凸の激しいパーツですからマスキングは失敗しやすいです。しかし、想定内ですので。
写真3)
傷を付けます。
写真4)
はみ出た部分をコンパウンドで取り除きます。漏れた薄い粒子の塗装、下地がツルツル。なので簡単に取れます。これが表面をツルツルにしておいた理由のうちの一つでもあります。

■青の部分の塗装終了
st25150312.jpgst24150312.jpg
st31150312.jpg

次回はチッピングとかです。


■ストームトルーパー制作記3

■ベースグレーの塗装

まず下地にベースグレーを全体に吹きます。最近、サフはびっちりと吹いてません。ペーパーかけて下地のプラが見えててもそのまんま。だって下地が真っ黒なのですから意味がない事に気が付きました。
ちなみにアタシは持ち手というのが面倒でこういった場合は組んだまま塗装してしまいます。右足がサフなのはそこを持って塗ってるからです。そして、隠れてしまい吹けないところは外してクリップのみで挟んで塗ってます。

■蛍光色などの下地
ツイッターでMAX渡辺先生が下地にいろんな色を極彩色に塗ってますが「意味があるのか?」としばらく疑問に思ってました。完成写真みたら意味ありましたね。仕上がりになんとも言えない深みがでております。筆塗りではありませんがアタシもやってみる事にしました。
st81150306.jpg
写真1→2)
あまり取ったり付けたりすると関節がヘタるのでこのカタチでの画像で行きますね。ベースグレーの上に蛍光オレンジ、ピンク、色の素のシアンをランダムに吹きます。もちろんベースグレーがシャドーになるよう意識して吹いていきます。なんか蛍光っていうよりブラウンみたいな錆みたいに見えるのが不思議です。何かに使える発見かもしれません。
st91150306.jpg
写真1)
白をのせていきます。クレオスの316ホワイトとEXホワイトの混色です。EXは隠ぺい力が高いのですが316だけだとあまりにのりにくいので混ぜました。下地の効果で滲んでパープルになっているのが解ると思います。
写真2)
白塗装終了画像。写真的には解りにくいですが微妙に下地の滲んだグラデのかかったホワイトとなりました。
■ペーパーによる水砥ぎ
そして、アタシはあろうことかせっかくの完成したホワイトを水砥ぎしてしまいます。ラッカー塗装は気分的にか物理的には厚ぼったく感じますし、飛沫や粒子の粗さが気になるのです。なるべく均一になるよう800番と1000番で水砥ぎします。
st141150306.jpgst131150306.jpg
水砥ぎする事により全体の艶が消え、所々下地が露出しました。これもいい感じの剥げ具合ですねぇ。下地がオキサイドレッドっぽいし。この塗装方法も他で使えますね。しかし、下地のプラあ見えなければ!(藁)の話です。今回はそれが目的でなく塗膜を薄くしたいだけの話ですのでプラ下地の露出はリカバリーします。それはまた次回。
st151150306.jpgst161150306.jpg

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

チアキの別腹

リンク

このブログをリンクに追加する