■ダンボーミニ カーボン

■#004ダンボーミニ  CARBON


ダンボーカラーリング第4弾!カーボンです!カラーリングじゃなくてデカールですけど。塗装より簡単、スグに終わると思ったら一番大変だったかもしれません。(藁)これまでの作品とちがって現代的なスタイリッシュなイメージで製作。数年前、お店でカーモデルに使うカーボンデカールを見て作りたいと思ってたものです。

danbo1141129.jpgdanbo2141129.jpg

danbo13141129.jpg

danbo14141129.jpg

これまでの#001~004はコンテストに出品したものです。店長賞と頂きましたありがとうございます。
今後もまだまだ続きます。

スポンサーサイト

■ダンボーミニ カーボン製作記 3

■クリアー吹き
さて、無事に貼り込んだのでクリアを吹きます。

写真1)
縁が剥がれそうで不安。とりあえず抑えるのが先なのでエアブラシにてクリア吹き。
写真2)
吹いてる画像ありませんが、まどろっこしいので缶スプレーのクリアで厚く吹いてしまいます。こういった場合ウレタンがよさげですが高いので一生使う事ないでしょう。(藁)
写真3→5)
水砥ぎ、1000~2500まで順に。画像的に変わりはないですがよく見ると台になってるキャップの映り込みが変わっていると思います。
写真6)
コンパウンドで磨きます。

Mr.コンパウンド 粗目Mr.コンパウンド 粗目
()
GSIクレオス

商品詳細を見る

このクレオスの細めと極細を最近買って使用しています。粗めはもってません。(藁)

danbo48141126.jpg
指の肌の色まで写りこみますね。こうなるとカーモデルでも作ってみたくなります。

■他の部分
danbo58141126.jpg
目の部分ですけど、雰囲気的にフューチャーな感じにしたいと思いました。前々からケータイのフィルム、あの虹色っぽいやつを貼ろうと思ってたんですがダイソー行ったら無かった。スマホ時代ですからね。アタシはケータイをもう8年も変えてませんが。(藁)
写真1)
で、家に会ったラピーテープ。金銀赤青ってあってその中の青みたらけっこういい色なんでこれを使う事に。
写真2)
これをプラ板に貼ってあとは他と同様内部から両面テープで貼りつけたってだけです。
写真3)
これは、思いつきで製作したトグルスイッチ。もちろん元のスイッチのとこに接着します。色とかはのちの完成画像で。

■完成
danbo56141126.jpg
ちゃんとデカールが貼れるのか危惧されましたが、やってみればできるもんで、なんとか貼れました。


■ダンボーミニ カーボン製作記 2

■カーボンデカールの貼り込み
いよいよカーボンデカールを貼ります。デカールってそれ自体の糊で接着面に貼られ、その上にクリアをコートして縁の浮きを抑えられます。要するにデカールとその周りの面をクリアで覆うようにして抑える。しかし、今回問題なのが全部デカール!だいじょぶかい?これ。(藁)

写真1)
初め、グッスマのデカールをお店で買ったんですけど、よく見たら一枚のうち半分半分で目の大きさが違ってました。それでは足りないので'エッフェアルテフィーチェ'のものを慌てて注文。
写真2・3)
貼りたい大きさにカットしますし、いつものよう水につけて貼り込みます。こんな大きいデカールを貼るのは初めてかもしれません。
写真4・5)
ティッシュや綿棒で中心から外側に空気を抜いていきます。まるでクロス張りみたいな。(藁)
写真6)
キレイに貼れました。
danbo51141126.jpg
写真1)
これから他の面を貼っていく訳ですが、カーボンの模様を合わせて貼ります。同じ物なのでピタリと合います。
写真2)
前面の顔の部分。太鼓状に貼っておいてからカッターで穴を開けます。
写真3)
これだけ広いと気泡はどうしても出てしまいます。
写真4)
気泡部分をカッターで穴を開けます。
写真5)
マークソフターで浸します。
写真6)
そして綿棒で空気を抜きます。バスや電車のラッピングもこんな感じでやってるようです。
danbo52141126.jpg
写真1)
下面は短冊状に切って貼った方がデカールを使う面積が少なく済みますが、一枚一気に貼った方がキレイにできそうなのでこのように太鼓に貼ります。
写真2)
カッターで大まかに穴を開けます。
写真3)
スミに切れ目を入れて折り込みます。そして空気抜き。
写真4)
場所が場所なので、やはりズレやすく糊があまり効かなくなりました。木工用ボンドで水溶液を作り密着させます。
写真5)
なんとか無事貼り込み終了。
danbo39141126.jpg

■カーボンデカール
カーボンデカールは初めて使いました。写真などでどアップで見るとカーボンっていうよりは模様が印刷されてるって印象。それはしょうがないカーボンではない訳ですから。だけど貼ったものをパッとみる限りでは感じはかなりいいです。いろんなメーカーから色合い、目のサイズ、大きさ、枚数、値段。などなど各種でております。用途に合わせて選ぶといいでしょう。

【F'artefice/エッフェアルテフィーチェ】 カーボンデカール綾織り S【F'artefice/エッフェアルテフィーチェ】 カーボンデカール綾織り S
()
エッフェアルテフィーチェ

商品詳細を見る


GSRモデラーズサポートシリーズ MSS-05 GSRカーボンデカール B (ブラック)GSRモデラーズサポートシリーズ MSS-05 GSRカーボンデカール B (ブラック)
(2010/02/23)
グッドスマイルレーシング

商品詳細を見る


■ダンボーミニ カーボン製作記1

■カーボンボー

ダンボーミニ4個目です。今回はカーボンです。いつだか友人と模型店にてカーボンデカールを見て「カーボンのダンボーあったらかっこいいね」と言ったのが始まり。今やっと製作する事になりました。本体製作は前とほぼ同じなので省略します。しいて言えば全面デカールの為、平になるよう下地は丁寧にやってあります。

■下地塗装
全面デカールなのでそのまま貼ってもいいのかもしれませんが一応下地塗装しておきます。
danbo20141126.jpg
写真1)
キンキンに仕上げたサフ下地です。
写真2→4)
ガイアのニュートラルグレーを吹いていきます。
写真5・6)
ザラついた塗装面を水砥ぎ。800~1500番までだっと思います。思いっきり剥げました。プラ下地まで見えちゃってるところもあります。しかし、黒い部分の塗装面はキメ細やか!本来ならばこれが理想の塗装面です。ガンプラなどでもここまでやればキレイなものが出来そうなんだけど、単純な形のダンボーですから。

danbo21141126.jpg
写真1)
さらにグレーを吹いて同じことを繰り返してこのぐらいまでもって行きます。
写真2)
ラッカークリアーを厚めに吹きます。ちなみに一気に吹ける缶スプレーです。
写真3)
塗装の時と同じよう水砥ぎします。2500番までやったと思います。
写真4)
そしてコンパウンドをかけます。

danbo19141126.jpg
新聞の文字が写りこむ程、鏡面に仕上がりました。下地が多少粗くてもコーションデカールなど一部ならばマークソフターなどでシルバリングなど防ぐ事ができますが、なんせ全面ですから。カーモデルなど広い面のデカールを貼る際はこのくらいやって置いたほうがいいもかもしれません。


プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する