■ZAKU HEAD



■ザクヘッド
バンダイのUCHG 1/35ザクヘッド。これいつかは作りたいと思ってましたが、ガチャの500円という安価なもので発売されました。さすがにその値段ですから、首部分とかないし、それなりではありますが、ディティールやデザインはピカ一です。製作記中にも書きましたが、どこに行っても打っておらずの人気ぶり。そして、締切5日で仕上げてみました。あとは、ジオラマ部分でマテリアルのテストも兼ねてです。さすがに手粗な部分もあり、返却後、手直しと思いましたが、次を作りたいので、まあ、いいでしょう。

zakuhead6171018.jpgzakuhead9171018.jpg
zakuhead7171018.jpgzakuhead8171018.jpg

■製作
簡単におさらいすると、まずは時間が無い事。レイアウトは首したやってられないのでそのままドンと。動力パイプは材質がなんですので穴を開けたりする暇もない。なので間間をエナメル線で巻いてスプリングを通したような感じに。作るの時間ないし手は痛いし面倒なので左側は無しに。基部はバルカンをコネクターに見立てています。モノアイはレール式にして、既存のカメラ部をデコレート。モノアイシールドは割りました。買って剥いて出たのはジョニーで角付き。量産型にしたいので基部の穴埋め。
ジオラマ部分は適当にジャンクを数点。地面はテストを兼ねて砂利入れてのウエザリングペースト。(ミラコンがよかった)そして草を植えてます。(アップでみると藁っていうか歯ブラシみたいな.....。まぁいいか)

zakuhead10171018.jpgzakuhead11171018.jpgzakuhead13171018.jpgzakuhead12171018.jpg
■塗装&ウエザリング
サフカットを施した本体にタミヤアクリル機体内部色をグラデーション。あとはウエザリングマスターとその他いろいろ。この辺はいつものことですが、制作記をご覧ください。別件ですが、タミヤからラッカーがリリースされるようで。どうも、ラッカーから離れていてラッカーを使うと頭が痛くなったりと。いままで慣れてちゃっていたんですね。危険です。ブースの無いアタシの作業場ではラッカー溶剤は使いますが基本アクリルに変更いたします。場合によってはラッカーは使いますけど。タミヤさん、アクリルも3ケタ行くぐらいもっとリリースしてください。お願いします。

zakuhead14171018.jpgzakuhead15171018.jpg
zakuhead17171018.jpgzakuhead16171018.jpg

■詳細画像
zakuhead31171018.jpgzakuhead32171018.jpgzakuhead33171018.jpg

■あとがきみたいな事
ギャンをオラザクにスライドしちゃったので、八大にこれを出したんですけど、う~ん、落ちましたね。がっくりとかショックはないんですけど。ガンプラ部門は難しいです。多人数なので数学的確率から言っても。まぁ、ザクヘッドってやってみたかったのでOKかなと。あとUCHG 1/35ザクヘッドを作りたいと長年思ってましたが、これで満足です。あれってカッコいいんだけどジオラマにするにあたって構図が浮かばないんだよね........。200円と格安で作れてラッキーだったと思います。










スポンサーサイト

■藤子・F・不二雄 てんとう虫コミックス

アタシが初めて買ってもらった漫画はドラえもんです。以来ずっと、藤本先生の大ファンでございます。我孫子先生は今なおお元気。藤本先生もまだお元気でしたら、あれから、どんだけいろんな作品を発表していたのだろうなと悔やみます。

ドラえもんをコロコロコミックにて新作とか大長編とか読んでた訳ですが、コミックスの広告か何かでエスパー魔美が載っておりました。

裸のね❤

これ、魔美は中学生なもんですから、小学生のしずちゃんのとは比じゃないくらいに大人びておりまして、「これって小学生が読んじゃいけないものじゃ...」とか思っておりました。

そもそも、エスパー魔美は主人公らと同じく中学生以上向きに描かれた作品らしい。ですからコロコロに連載はされておらんわけです。

なぞめいたまま、忘れ去れ時は過ぎ、高校生になった頃でしたかアニメ化されまして、観て面白いので書店に行ったらそれに合わせて単行本がアニメ絵柄の表紙で発刊されておりまして、1巻だけ買って読んじゃって2巻3巻、どさっと残り全部と読みふけってました。アニメももちろん全部観ました。

ふと、思った。記憶がまったくないんだけど中学生で若干お胸がふっくらした魔美のヌードってアニメではどんなんだったろう?
(ググる.......。)
でてきた。びびびびびびびみょうっすね。再放送は。今のご時世。

裸って言ったって画家である父のモデルをやってるってだけですが、(まぁ、バンバンでてきますけど)そこはともかく、内容がとても面白い。宇宙やタイムトラベルなどのSFが得意な藤本先生ですが、今回は超能力でありまして、回を増すごとにどんどん開花していきます。歴史や社会的な事を始めいろんなとても興味深いストーリーがあります。時たま考えさせられるコマや、名言がありまして、そういのはよくツイッターで流れてきますね。(藁)そして、よくもまぁ、上手く超能力と絡めるものだなぁと思います。人と人の結びつきとか。あと、高畑さんのキレッキレの頭脳には憧れたものです。最終回って凄く奇麗に、そして感動的にまとめたなぁと思います。初めて読み終えた時は清々しい気分だったのを思い出しました。

そんなエスパー魔美ですが、気が付けば、てんとう虫コミックスで発売されてるじゃないですか!しかも、こんなにかわいくオシャレに♪






アタシは所有しているのは、アニメ表紙のはまっこと残念ながら売っぱらっておりまして、今現在は文庫本を全6巻。これをなんども繰り返し読んでおります。確か未収録作品ってのはないらしいし。なので、表紙につられて買うのはさすがに無駄かなとは思いますけど、心揺らいでおります。

そして、キテレツ大百科。これ知ったのは、ほら、コミックスの表紙の縁の折れ部分、作者の挨拶じゃない後の方。ずらっと、オバケのQ太郎が1~3巻とか名探偵カゲマン1~5巻とかあったじゃないですか。その中にキテレツ大百科がございました。’大百科’ですから、何かの図鑑みたいな本かと思ったんですね。

もうアニメの方で超有名なので今更、解説も無いんですが、1話からぶっとんでまして、白紙であるボロボロの帳面と思いきや付属のメガネでみて見ると、いろんなモノの製造法が記載されている。全て、先祖であるキテレツ斉の発明。いろんな道具が出てきますが、ドラえもんとは真逆。昔の道具であり、のび太のポジションであるキテレツが製作。コロ助は助っ人と言えるほどの立場でもないし。この発想がまた驚きでした。そういえば、キテレツにも憧れましてコロ助を製作しようと試みましたが板切れをクギで打つという発送の図面で頓挫したの思い出しました。また、途中で出会うあの人とのエピソードは感動的であり、これも衝撃的。そしてアニメでは長々と知らねー話やっておりましたが(ちっと見てないイメージ違う。他局で1~2話ぐらい作られた?のは観た記憶←不確か)たったの3巻で終了。これ、人気が無くて打ち切りって訳ではなかろう。多分、異常なくらい連載を抱えてたのでそれを減らしたというか、このくらいの話数での契約だったとかそんな感じだったのではないでしょうか?その最終回なんですが、これも、また最終回らしい、残念な寂しさもありながらとても前向きな.......。

こちらも、ふたたびてんとう虫コミックス化。表紙は初期の単行本とまったく同じでありますが、いかにも内容にあった江戸っぽいデザインにリニューアルされております。



キテレツの方は文庫本は持っておらず、是非読んでみたいと思います。おそらく、初期の単行本を手にして以来じゃないでしょうか?


以後の予定ですが、魔美に次ぐ好きな女子キャラであるエリ様のチンプイはどんな表紙になるか楽しみでございます。あとはTPぼんは文庫本やコンビニ本に載る事は無かった2話分ははたして載るのでしょうか?

■Sphero スター・ウォーズドロイド各種



う~む............................。欲しい。

しかし、アタシはスマホってものをもっていない。

■ねんどろいど

■ねんどろいど
グッスマのねんどろいどって、ディフォルメの割にはキャラの再現度が高いそんなところが好きです。新パッケージにもなれたこの頃でありますが、ちょ~っと買いすぎ感もございまして、だいぶ控えておるんですが。このところね。
魅力あるものが、連続リリースされておりますけど、よっぽど、入れ込んだアニメ作品の場合に限り、手をだしてもいいかなぐらいにしておるわけです。はい。


リトルウィッチアカデミアからのアッコに続く第二弾。スーシィ。これは確定。初めはこの子がお気に入りでした。三弾となる、ロッテ・ヤンソンも確定かなと。アッコはやはり少し値が吊りあがっておりますね。


ガルパンからは西住ちゃんの制服。ガルパン系はぷちも含め、ぜ~んぶ持ってちゃったりするんですが。まぁ、戦車は買ってはおりません。不思議な事に人気炸裂のガルパンなのに、艦コレみたいにぞろぞろとキャラがリリースされてないだよね。ぷちでは出てるんですけど。まぁ、逆に金銭的に助かってはおるんですけどね。で、この制服バージョンってのは、ひょっとして5人揃うんですかね。嬉しい反面、おそろしい事です。


NEW GAME!!からは涼風青葉の再販と滝本ひふみが新規リリース。「今日も1日がんばるぞい!」に魅かれて欲しかった青葉ですが、上記のような理由でスルー。しかし、やっぱり人気がありまして高額沸騰してしまいました。となると買い逃がした事を後悔。そして再販→注文に至る。で、二弾がでるなら’ねねっち’だと思ったんですが’ひふみ’でした。’ねねっち’だったら即だったんですが、それほど入れ込むキャラでもないような気がしてならぬ。やはり、揃えたいって気持ちが吹き上がっては来るんですけど。


10月からスタートした、うまるR。それに伴い、ねんどろも再販!これ、3回目ですかね。一番初めはやたら高騰してしまい、ちょっとした事件となってしまいました。ざんねんがら、即再販して、値崩れいたしましてその系の業者はまっこと残念でございましたが、アタシ的は助かりました。上のは前の物で値があがっておりまして、予約のものではありません。気になるのはその隣のフェイスパーツでございましてね。個人的には開封はせずに保管するだけで、開けて組んで楽しむって事はないので、まったくアタシ的に
は意味がないような気がしてならない。でも気になっております。


最後。けものフレンズ。ちょっと前、カドカワの株の下落までに発展してしまった、けもフレ騒動。どうやら沈下してご様子ではありますが。本放送を見逃してしまい、もだえ苦しみまして、さらに念願の再放送では最終回、北朝鮮のミサイルにやられてしまいました。で、内容ですけど、う~ん、世間様と同じように熱狂する程ではございませんでした。が、しかし、確かに雰囲気とキャラはいいし、最後までちゃんと観ましたし。ねんどろまで買うような感じもないかなとは思うんですが、かばんちゃんはいいです。何か読んでるところの画像とかとてもいいです。でも、買うとなるとサーバルも買わないとおかしな事になりそうな気配がしないでもない。悩みどころ。八大で運よく商品券いただけたらと目論んではいたんですけどあてが外れました。参加賞の10%割引券の効力を発揮させるか。

■DAICON FILM 帰ってきたウルトラマン


何度も観てますが、久々に観ました。コレを初めて観たのは15ぐらいの時です。円谷の特撮って凄いしウルトラマンとかってメッセージ性はありますけど、所詮お客は子供じゃないですか。ですからデザインとかも子供にウケるものとなってます。スターウォーズ観てこれまでのSFメカデザインを覆すものが出てきちゃいまして、「こんな感じでウルトラマンとかを撮ったらカッコいいだろうな」とガンプラブームぐらいに思ってました。
友人がどこから仕入れたのか解りませんが、このDAICOMのウルトラマンを観せられました。感動的であり、衝撃的であり、理想のウルトラマンでした。DAICOM FILMはご存じのようガイナックスの前身です。クオリティや技術は高いのですが当時の大学生の集まり、素人集団です。
ですから、低予算であったろし、当時はアナログの時代ですからフィルムすら無駄に出来ない。セットは紙なんだそうです。飛行機とかもどうやら紙製で(脚はプラモデルの流用っぽい)カクカクと四角いです。逆にそこがかっこよかったりします。またウルトラマン自体ですが、怪獣の方は’らしく’かっこよく作ってあるのに、ウルトラのカラーリングを施したウインドブレイカーを羽織ってジーンズをはいた若き庵野秀明そのまんまです。でも、「なんでここまでやっておいてコレ?!」とはぜんぜん思いませんでした。ウルトラマンの動きそのままを演じていたからです。かっこよかったです。っといいますか、子供の頃、当然ウルトラマンごっことかやる訳ですが、たいていのお子さんたちは腕をクロスして「シュワッチ!」ぐらいしかやらないでしょう?アタシ、凝っておりまして腰をかがめてファイティングポーズをとったり、首振ったりとウルトラマンの動きをトレースしておりました。なので、この庵野さんの動きには深く感銘を受けました。
作風なんですけど、ウルトラマンにリアリティを追加しつつも、円谷のよさっていうもの、かっこいいものは決して潰さず.......というところが素晴らしい。ところどころ、後のエヴァに繋がるような表現も多々ありです。昨年、ジン・ゴジラが超話題作となりまして、続編を希望する声もありますが、アタシ的にはこのウルトラマンをやってもらいたいと思います。



10代、こんな映画を作りたいと思い、有志が集まった事がありました。しかし、有志って言っても方向性があってるのがアタシとこのウルトラマンを見せてくれた方の二人だけ。あとは知識と理想ばっかり高い口だけの人、刑事ドラマにハマってる人、文句を言いたいだけで来てる人、みんなが集まってるから集まってる人......と言ったところでしょうか?撮影期間はたったの3日しかない、お金もなければ技術もない。2時間の大作を!なんて話がでましたが、「せいぜい5分であろう」と思った。まさにその通りで作品も、それまでの工程もよくわからない状況で喧嘩といいますか、ご破算といいますか。こんな経験からするとDAICON FILMの方々って凄いなぁといいますか、皆の行く先、ゴールまで一緒に走ってるといいますか、そんな印象を受けました。今思えば、ホントに好きな有志だけであれば、話も進むしたった5分であろうとも、面白いものが出来たのかもしれないなぁと思います。




プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する