■ニンテンドーファミリーコンピュータークラッシック

こんばんは。チアキでございます。さきほどBB-8をアップ。そしてツイッターにアップ。しょっぱなから連続リツイートと好発進!っと思ったらすぐさまストップ。いつぞやから不人気になってしまったアタシの作品にアップアップしております。(苦藁)
もう、模型はやめて昔はやっていたゲームの世界も戻っちゃおうかななんてゲームの話題を連続更新です!(藁)

さて、本題。






本日、予約開始で話題もちきりのファミリーコンピュータークラッシック。ゲームはやめてしまい何年経つことでしょう。日進月歩でゲームも進化してますが。ここでこういうゲーム機が登場するとは思いませんでした。これって、ゲームマニア向けというよりターゲット的にはアラフォー、アラフィフですよねぇ。懐かしく、新しい。胸がときめいてしまいました。

デザインは昔のまま。しかし、手のひらサイズという小型化がなされ、今時のHDMIケーブル、USBケーブルでテレビと接続。コンセントは無しでUSBから電源供給となんか今時!当時の初期型はたしか「UHFのアンテナに接続する!」という方法でして、「そんなもん繋いだらテレビが壊れる!!」と親の都合で買ってもらえなかった人たちっておられるんでないでしょか?(藁)

そして、内容。いろいろとありますがアタシ的に気になるものを少々。

当然のことながらスーパーマリオはラインナップ。しかし、3はあるのにディスクシステムで発売された2は何故ないのだ?やたらと長いステージに感動した当時のものとしては残念。
ディスクシステムの第一弾ソフトのゼルダの伝説はうれしい。謎を解きクリアしてくあの快感をまだ覚えています。リンクの冒険も当然やりました。ゼルダ雰囲気は若干薄れましたが面白かったです。
メトロイド、これもディスクなんですけど、どこに行っても行き止まり。もうヘンなゲームつかまされて失敗したと思った矢先、「こんなところから先に進めた!」とコツを覚えてからが半端なく面白かったです。
魔界村はなんか動きが悪くて難しかったのを覚えてます。借りてやってたけど諦めて返しちゃいました。(藁)

などなど30種類もの懐かしのゲームが1台に入ってるという不思議な感覚!

厳選したラインナップらしいですが、さすがにドラクエⅠ~Ⅲは無理だったのでしょうか?(苦藁)あとは個人的にポートピア殺人事件、オホーツクに消ゆあたりも欲しかったです。






結構、予約したという声もあるようですけど、空気感としてはバカ売れの予感。っとなると、売上の状態によればスーパーファミコン版もでそうですねぇ。その時はシムシティあたりを入れて頂きたいと思います。


■別腹の別腹  「恐るべきゲーマー」

ファミコンソフトで脅威の売り上げと言えば、「ドラゴンクエスト」です。そして、「勉強しなくなる!」と言った理由でゲーム機すら買ってもらえなかった人っていると思います。



続きを読む >>
スポンサーサイト

■BB-8



■バトルドロイドの代行
先日失敗してしまったバトルドロイド。毎月毎月あまりに完成品が少ないので簡易的にでも製作しようと思いまして、組んで棚にあったBB-8を製作する事にしました。そして完成。なるべくモノホンに見せたいっていうのがアタシの製作の目標でありポリシーなのでありまして、その大きく見せるってのはけっこう自信があるんですが、コイツぁ味方じゃなかったですねぇ。その辺は制作記で。あぁ、制作記は簡易的な製作ですので、その辺も今回簡単に行こうと思います。下の方につづっております。

bb84160930.jpgbb85160930.jpgbb86160930.jpgbb87160930.jpg

bb88160930.jpg

■BB-8の事
映画公開から早1年になるんですねぇ。昨年の今頃は宣伝合戦でSWの話題で持ちきりでした。その中でもこのBB-8は目玉商品でありまして、てっきりCG映像であのような動きをしてるのかと思いきや、実際に動くという。これには衝撃でした。
しかし、素早く回転して走っている姿は単純に胴体ボールに軸を刺して後ろから全身タイツの人が走って押しているというアナログなもの。これには笑ってしまいました。
そういえば、スマホで動くヤツも話題になりましたが、今ではぜんぜん話を聞きませんねぇ。皆さん飽きちゃったのでしょうか?またタイトーからもリモコンで動くヤツ発売されましたね。これ、上映時間までの暇つぶしで立ち寄った菖蒲モラージュ、トイザらスで一個見かけたんですが、「まあいいや」って事にして、翌日の元旦欲しくなってしまって、わざわざ同じお店に行ったら無い!桶川店に行っても無い!ネットのトイザらスでも無い!「そういえばあそこにもトイザらスあったな」って車走らせた久喜店なんて店ごと無かったと言うさんざんなお正月のエピソードがあります。(藁)アマゾンなんてみるみる値上がりしちゃって手に入らなくなってしまいまして、今では音彫り冷めたと思いますが、本人も冷めてしまって結局買ってません。

■詳細画像
bb824160930.jpgbb825160930.jpgbb826160930.jpg
bb827160930.jpg
はっきりいって、今回どアップの詳細はキツイです。いっぱいいっぱいです。(苦藁)

bb83160930.jpg

教訓、スジ彫りの多いものはリアルに見えづらいです。基本的にキットの物はモノホンに対して同スケールに充てるとスジ彫りが太いです。それをやり直す訳ですが、ガタつく場合がある。それが多いとさらに見苦しくなりリアルに見えづらい........ってのが今回わかりました。

今回は短期簡単製作でしたが、BB-8また、やってみようと思います!!って言いたいですが2度とやらない。(藁)はっきりいって大変。でもまあ、リアルを求めるのは難しいですが、普通に組んでおいとくにはとてもいいキットだと思います。

これで、在庫の箱が一つ減ったー!!と思ったらR2D2がまるまる一つ残ってるという素晴らしいオチ付き。

青空撮影しようとしたんですけど、連日の雨!雨!雨!しかも、ウチの回りって家か木か電線かってくらい障害物がありジャグーのような風景とれません。後日、間を見つけてちょっと離れた所で撮影したいと思ってます。その場合、ここの追記とかで貼ろうと思いますのでよろしくお願いします。

製作記は追記にあります。↓


続きを読む >>

■トムキャットをやっています。

こんばんは。チアキでございますー。雨ばかりでなんかめっきり涼しくなってしまって、ツクツクホウシはひとり寂しく鳴いていたりして夏が終わってしまい、なんか寂しい気分です。しかし、昨日今日、ムシっと暑くなりましたが、あち~というより懐かしい気分です。

さて、本題です。




■トムキャットをやっております

先日の零戦の三二型がツイッターでお気に入りが100まで行かなかったらやめておこうと思ったSAコンのトムキャット。あの程度の評価ならば結果的には目に見えているであろう、ならば他の物などで技術向上に時間を費やした方がよいであろうという思い。

しかし、先日気が変わり、とりあえず自分なりに作ってはみようという事にしました。SAコンに関係なく作ってみて出来ちゃったら、締切に間に合っちゃったら提出という軽い意気込みです。

でもですねぇ。どうもアタシったら締切ってものが絡むと何かが起こる!起こってしまって既に2~3日トムキャット弄っておりません。(苦藁)そのヘンは↓の別腹を参照。

■タミヤの新作

ちょっと前から話題のトムキャットです。コクピットとかキレッキレの出来上がりで期待度満載のキットです。あまりによさそうなので、しかも1/48というサイズ(48ってでかいですよ(藁)なので、コレって1万円越えのキットかと思っておりました。
そしたら、定価で8000円台という!割引価格では6千円台。駿河屋では5000円台でした。
アタシ的には、ちょっと事件が起きまして~.....、諦める事になりそうです。(苦藁)

そして、ちょっと思ったのですが日進月歩している模型メーカーの技術。驚くほどのクオリティに仕上がったりしておりますね。このタミヤ最新のトムキャットもしかりです。
飛行機模型って古いやつとかですと、コクピットが床に座面が一体化しちゃってそれに背もたれつけたりとか、’なんだかな~’ってプラ板とかでやり直したり、また、レジンキットやエッチングを使用しようと思っても高額だったり、どこも品切れ中だったりします。
そこで思ったのが、そんなに凄い技術があるのならば古いキットに対応したコクピットとか車輪収納部とかアップデートキットみたいなのメーカーで追加販売してくれないでしょうか?(藁)キットはキットで従来通り販売し、そのまま作ってもOK。ランナー1枚で別にハイディティールなパーツが売っている。(~~用)です。みたいな。まぁ、バンダイのいろんなパーツの袋売りみたいなものです。ここ数か月、そんな事を考えて飛行機作っておりました。ブツブツと。


■本日の別腹 「ブルーレイデッキがイカれましたでゲソ」

ブルーレイデッキの中身、つまり録った番組なんですが、アニメや映画、などなどいつもいっぱいでした。やっと、減ってきたなと思ったら、アニメ新番組がずらりと。それでも、最近はホントに続きが見たいものぐらいしか見ておりませんが、それもで溜まる訳です。
続きを読む >>

■メカトロウィーゴGP20



■1/20ウィーゴ
千値錬から金属製のウィーゴが発売され人気となり、続けてハセガワから1/35サイズで2個入りというプラモデルで発売されました。そしてまた千値錬製の1/12という巨大なモデルが発売されました。サイン会にて小林さんの作られた1/12を見た時、「大きいウィーゴっていいなぁ」「プラモデルでもでないかなぁ」と思ってました。ツイッターにてアオノさんにその要望をお伝えしたところ「頑張ります!」との返答でしたが、1/12までとはいかず1/20サイズでリリース!願いが微妙に叶いました。そして、店頭にて組んだものを初めてみましたがデカいです。もう、十分満足ってぐらいでした。

mw56160919.jpgmw57160919.jpgmw58160919.jpgmw59160919.jpg

■キット的な事
1/20へとサイズアップされ、パーツが肩、脚カバーの貼り合わせなどと増えたのですが、そんなに目が回る程増えた訳でもないです。逆に1/35では脚内部部分の貼り合わせによる凹凸のパーティングライン処理が無くなりむしろ楽と言えます。膝裏のパーツが折れに対して可動するのはかっこいい。
内部のH型のフレームが1/35ではキャシャで手足をBジョイントから外す時、「フレームが割れそう」「Bジョイントが折れそう」の不安が全くないです。まぁ、本来はヘタるのでBジョイントはあまり外さない方がよいんですけどね。
今回やむなく剥がして塗装したメッキパーツですけど、今度作るときはメッキを生かしたいと思います。なんでも、小林さんいわく、つや消しスプレーすると艶のない奇麗なシルバーパーツになるみたいですよ。それもいいですね。
あと、内部!新デザインの操作レバーモニターやら、小川さん造形のフィギュア。内部フレーム構造がこーだったらいい、あーだったらいいとか言ってたのに、まったくやりませんでした。締切が怖かったので楽な方向を選んじゃいました。実はこれは予定していた事でして、このへんの事は次回に繋がります。

mw61160919.jpgmw62160919.jpgmw63160919.jpgmw60160919.jpg
■工作
同じものを製作という事ですので、手持ちの35をお手本に作業。ネジを多少増やしております。また、おなじみの凸凹加工、サフカット法により塗装の剥がれを。背部の穴あけ。前回は少ししかやりませんでしたが、浮き錆を増やしました。これは瓶サフを筆にて載せるように各所塗っていきます。他は各所溶接跡、三輪作業車に接続パーツ追加。胸部コネクター部のキャップ追加。この辺は制作記の方をご覧ください。

mw66160919.jpgmw67160919.jpgmw64160919.jpgmw65160919.jpg

■塗装&フィルタリング
基本的にウィーゴカラーのうすみどり、おれんじ、あいぼりーを使用しています。まず下地にクレオスのクールホワイトを吹いてその上に基本色を。そして水砥ぎして退色表現をやっています。左腕の青はガイアのビリジアングリーン+コバルトブルーを下地ホワイトのシリコンバリア剥がし。右腕の未塗装錆止めは同じくガイアの西武レッド+クレオスのRLMレッド。脚部は青い方はガイアのミディアムブルー+ホワイト、左の内部はクレオスのRLM04イエローです。ライトの部分はガチャ目、左はオレンジ(偏光のラインも入れてます)右はノズル+クリアレンズ、マワリのフレームはグレーにし、黒い樹脂製が劣化して白くなったような感じに。
サフカットした錆部分はまず、タミヤアクリルのフラットブラウンとかブラックを筆塗り。そしてAKの錆色を。さらにアクリルで溶いたAKのピグメントを筆にて。錆ダレ等はいつものAKの塗料です。

■詳細画像
mw3160919.jpgmw4160919.jpgmw1160919.jpgmw2160919.jpgmw68160919.jpg

mw47160919.jpgmw48160919.jpgmw49160919.jpg
mw50160919.jpgmw51160919.jpgmw52160919.jpg
mw53160919.jpgmw54160919.jpgmw55160919.jpg

■オマケ画像
この1/20ウィーゴ、毎年恒例のイエローサブマリン本店のコンテスト、八月大戦に向けての製作でした。さて、カラーリングはどうしようか?と考えたんですけど、これまで3つ製作したものの中で気に入ってましたし、ハセガワコンペで入賞した35を提出する訳にもいきませんので改めて1/20でやろうという事にしました。いえ、決して考える手間を省いた訳ではありませんよ。(藁)
そして、まぁ無事に完成しました。ちょっと余裕あちゃったんで撮影もしちゃいましょー♪といつものように背景セットして撮影し、ためしにPC画面に映してみたら、なんと!まったく同じ!!(藁)ネット上では製作した意味がまるでないと言う!残念な結果!(藁)
こやつ、「1/20を作ってる、作ってるって実は作ってねーんじゃねーかー?」っと思われそうなんで証拠写真を。フォトショップ合成ではありませんので。
mw71160919.jpgmw72160919.jpg
mw73160919.jpg

■今後の事
ちゅーこって、このウィーゴはイエローサブマリン本店の1階に現在展示中です。投票は終わってしまいましたが10月過ぎまで展示されてます。一番上の段でちょっとみづらいと思いますが、お店にお寄りの際は是非ごらんになってください。
また、このウィーゴはこれで完成という訳でもありません。返却後、手が空いたらいろいろと........。

mw69160919.jpg
さらにオマケで縦タイトルも作りました。

■メカトロウィーゴGP20制作記5

こんにちは。チアキでございます。昨日、はじめて模型の展示会というものに行ってまいりました。「古河模型作品展」です。行きなれた土地のちょい先、気軽な場所なので行ってみようと思いましてね。模型作品は写真もよいけれど実物を肉眼でみるといろいろ解ってよいものです。しかし、老眼なので、極小な部分は見られず。辛いです。(藁)

さて、本題です。




■サフカット法&浮き錆
mw125160702.jpgmw126160702.jpg

塗装前の画像です。サフを厚めに吹いて彫刻刀やデザインナイフによる塗装の剥がれを再現するサフカット法です。剥がれた部分には溶きパテによりテクスチャーを与えます。さらに、前回の35でやった浮き錆を20である事もありまして、多めにやっています。これは、瓶サフを筆により、ちょんちょんと盛り上げるように塗るというより置いていく感じで表現しています。


塗装工程ですが、前回の35とほぼ....、というよりまるで同じなので省略いたします。

■ゴムの劣化表現
オマケというより、今回、けっこうこだわった部分です。それはゴムの質感。ハンドの先の部分は滑り止めの為、ゴムで出来ているという設定にとしております。右は新品でつや消しのブラックでコンパウンドで少し磨いてやれば、ほんのり艶がでてゴムの雰囲気はでます。問題は左の劣化したゴムです。35でやろうとしましたが、時間もないですし、やめておきましたが今回はやってみました。いろいろとトライです。
昔、大昔です。艶々のボディに筆塗りしたものが気に入らなくてサフを吹いてやり直そうとしたらひび割れてしまいました。その失敗の割れをゴム劣化の割れに生かそうと同じように爪先パーツにクリアを吹き磨いて艶々にしてサフっても、こんな時に限って割れません。(藁)
つやの上にタバコライオンをたらふく混ぜたアクリルつや消し黒を筆塗り。それでも割れません。ダイソーでポスターカラーみたいな絵具を.....、割れません。
さすがに時間が無くなってきましたので、やもなく、劣化した色合いのタミヤアクリル艶消しブラック・ホワイト+ジャーマングレーをエアブラシ。デザインナイフでひび割れを刻みました。
mw127160702.jpg
まあ、いい感じです。
ひび割れ模様はあとは練習回数によりもっといい感じになるであろうと思います。また、クラック塗装用のそういう塗料もあるらしいですが、それよりはこちらほうがゴムのひび割れにちかいかなと思います。
足裏底もパターンのある2枚のパーツ部分は滑り止めの為、ゴムであろうという事で同じ加工をやっております。

以上で制作記は終わりとなります。




■本日の別腹  「カバティーナ」

先日、永六輔さんが、この世から旅立つ事となりました。

それをきっかけに、ふと、ゆうゆうワイドの事を調べてみますと、なんと、今年の春4月に番組は土曜、一日のみの番組に移動。事実上終了しておりました。

1986年4月7日から2016年4月8日までという30年間続いた長寿番組がついに終了となったのです。


続きを読む >>

プロフィール

チアキ・バチスタ!!

Author:チアキ・バチスタ!!
イラッシャッセー。

ツイッター

フリーエリア

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ] プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QRコード

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

チアキの別腹

リンク

このブログをリンクに追加する